ピクシブ百科事典

ガンダムマックスター

がんだむまっくすたー

ガンダムマックスターとは、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』登場の架空兵器。
目次[非表示]

機体スペック

分類:モビルファイター
形式番号:GF13-006NA
全高:16.3m
本体重量:7.3t
所属:ネオアメリカ
パイロット:チボデー・クロケット

概要

ネオアメリカが第13回ガンダムファイト向けに開発した機体。一つのモチーフに絞った感のある他国と比べると自国の様々な文化・要素を機体にふんだんに取り入れており(ボクサー、ガンマン、サーファー、アメフト)、モビルファイターとしては武装も多めの部類に入る。

ノーマルモードは肩幅が広く、重装甲・重武装を誇るデザイン。頭部にはフットボールのヘルメットのプロテクターを模したチンガードがついている。この時代に放送されたガンダムでは珍しくサイドアーマーが存在しない。

また、ファイターであるチボデーの得意なボクシングのスタイルを活かせるようボクサーモードへの変形機構を備え、防御力を犠牲にフットワークを向上させ戦闘力を上昇させることができる。
なお、この際、重量軽減のために、胸部装甲をパージし肩幅が狭まり、肩部装甲はボクサーのグローブさながらに両手に装備される。両手に装備された肩部装甲は、内蔵のブースターでパンチの威力を向上させる。

また、ほかのシャッフル同盟の機体同様チボデーの精神が明鏡止水の境地に達すると機体が金色に光り輝く。

武装

ギガンティック・マグナム×2
両腿にマウントされたビームピストル。モチーフはアメリカのガンマン
供給は機体のジェネレーターからではなくカートリッジ式。物語終盤のVSグランドガンダム戦で弾切れした際はガンダムローズのローゼズビットを弾丸代わりに発射した事も。

ファイティングナックル×2
両前腕に装備している青色のナックルガード。使用時はアームが展開しマニピュレーターを覆うように設置されそのまま殴る事が可能。これにより並の相手ならボクサーモードに移行しなくてもボクシングファイトを行えるが、劇中ではこれを使わずマニピュレーターのまま素手で殴る事の方が多かった。

グラブ(肩アーマー)
ボクサーモード限定の武装。肩部装甲の強度に加えて巨大バーニアの推力を加算することで相手に大きなダメージを与える。

シールド×1
サーフボードを模した形状の盾。劇中では専ら高速移動用に用いられ盾としてはろくに機能してない。

必殺技

サイクロンパンチ
ファイティングナックルでもグラブ装備でも使用可能。竜巻を起こすコークスクリューパンチ。

バーニングパンチ
ボクサーモードでのみ使える強力なパンチ。炎のようなものが出る演出があるが劇中ではあまり使っていない。SFC版のゲームではバーニングアッパーという技だった。後発のガンダムオールスター系のゲームで認知度が高まった技。

豪熱マシンガンパンチ
本編終盤でチボデーが明鏡止水と共に習得した必殺技。
一回でパンチ10発の分衝撃波を発生させる。この技使用時はボクサーモードである必要はなく、ノーマルモードでも普通に使っていた。
VSゴッドガンダム戦ではドモンの「お前が10発のパンチを出すなら、俺は10体のガンダムで受け止める!」という超理論でゴッドシャドーによる10体のゴッドガンダムに全発受け止められてしまった。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
シャッフル同盟
ガンダムマックスリボルバー ゴッドガンダム ドラゴンガンダム ガンダムローズ ボルトガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムマックスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48226

コメント