ピクシブ百科事典

ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク

ねりえるとぅおーでるしゅゔぁんく

「BLEACH」の登場人物であるネル・トゥの本当の姿。
目次[非表示]

投稿としてはネリエルの方が多い。

人物

ネル・トゥ本来の姿で、かつては、第3十刃(トレス・エスパーダ)ティア・ハリベルの前)の地位に付いていた。その実力は、当時第8十刃(オクターバ・エスパーダ)であったノイトラ・ジルガを歯牙にも掛けない程だった。
身長は176cm、体重は63kg。

数年前、ノイトラとザエルアポロの策略により背後から攻撃され重傷を負い、従属官と共に外に放り出された。その際、傷から霊圧が流れ出して子供の姿に退化し、同時に記憶喪失となる。
嘗ての彼女の従属官は、ドンドチャッカペッシェであり、事情は知っていたが戦いを好まない彼女を気遣って、過去の事は話しておらず、自身達をネルの兄だと偽っていた。
グリムジョーと死闘を繰り広げ、続け様にノイトラの強襲を仕掛けられ、追い詰められていく一護を守りたいという強い気持ちから本来の姿に覚醒し、記憶と十刃の力を取り戻した。

羚羊対蟷螂


斬魄刀を解放してノイトラを圧倒したものの、とどめを刺そうとした時に子供の姿に戻ってしまった。

千年血戦篇では、浦原が開発したアイテムを身に付けることで、自分の意思でネルとネリエルの姿を行き来できるようになった。

羚騎士(ガミューサ)

Gamuza Declared
ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク


帰刃名は『羚騎士(ガミューサ)』。解号は「謳え『羚騎士』」
解放すると上半身が、下半身が羚羊という半人半獣のケンタウロスを連想させるような姿となる。
斬魄刀は、大型のランスに変化する。

「重奏虚閃(セロ・ドーブル)」

相手の虚閃を飲み込んだ後、自分の虚閃を上乗せして放出する。ネルの姿の際には虚閃を飲み込み、それを吐き出すといった技の片鱗を見せた。

「翠の射槍(ランサドール・ヴェルデ)」

ランス(変化した斬魄刀)を全力で投擲して敵を貫く必殺の技。作中では発動途中で子供の姿に戻ってしまったため、威力などは不明。

余談

ネリエルの破面は某キャラの被り物によく似ている。

担当声優の金田朋子は主に子供や動物キャラを演じることが多く、ネリエルのような(性格こそ子供っぽいが)「大人の女性」キャラを担当するのは非常に珍しい。

あと、かなりのナイスバディで初登場からしばらくは布切れしかまとってないも同然だったので彼女が単行本の表紙を飾った際ははっきり言って目のやり場に困るぐらいエロかった。

関連イラスト

第3十刃(トレス・エスパーダ)

十刃前No.3
BLEACH


現在

無題
ネリエル


ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク(フィギュア模写)
ネリエル


ネル&ネリエル

ネル
ネリとネル



関連タグ

BLEACH 十刃 ネル・トゥ

表記揺れ

ネリエル

カップリングタグ

ノイネル
一ネル

pixivに投稿された作品 pixivで「ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176763

コメント