2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月25日生まれ
破面No.41
身長175cm
体重58kg
CV子安武人


人物

もしくは、クワガタムシを模したような仮面の破面灰色の身体で各所にプロテクターを着けており、見た目はを穿いているような格好となっている。

虚圏(ウェコムンド)の砂漠でネル・トゥドンドチャッカ・ビルスタン、バワバワと無限追跡ごっこをしている途中で一護達と知り合い、すったもんだの末に一護らと行動を共にするようになる。
虚夜宮(ラス・ノーチェス)内で他の仲間とはぐれ、一護を追いかけたネルを探している最中に石田と交戦しているチルッチのパンツを覗こうとしていた為、攻撃されて石田と合流することに。

触れたものをスゴいヌルヌルにする汁「無限の滑走(インフィナイト・スリック)」を口から吐き出すことが出来る。相手の武器をヌルヌルにして攻撃を滑らせる事が可能で、またその真価は「量」にある。大量に吐きまくって周囲をヌルヌルにし、見事チルッチを転倒させることに成功している。本人は「私の汁は無限に出続ける」と一度は言ったものの、その後汁を使い果たしていた事が判明。

思考回路や記憶の仕方が独特で、一護のことは良く覚えていないが、何故か石田のことは覚えていたり、その割には石田を呼ぶとき、よく名前を『一護』と間違えたりで、冷静沈着な石田をキレさせるほどのボケキャラに徹している。また、ゼーレシュナイダーを勝手に病院から持ち出した石田に対して泥棒呼ばわりしていたり。(まあ、気持ちはわからなくもないが)

正体

ドンドチャッカと同様に、かつて十刃だったネル・トゥこと、ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク従属官であった。
その思想の違いからノイトラザエルアポロの策略により背後から襲撃を受けて重傷を負い、強制的に仮面を全て剥がされて、ネル、ドンドチャッカ諸共、虚夜宮の外の砂漠に捨てられた過去を持っている。
その際、傷から霊圧が流れ出して子供の姿に退化し、同時に記憶喪失となった主を護る為、また戦いを好まない彼女を気遣って過去の事は告げずに、自身達をネルの兄だと偽っていた。
主であるネルが覚醒したことでその霊圧を感じ、従属官として再び主と共に戦う事を決める。
この頃のペッシェは顔全体に仮面が覆わさっておらず人間のような肌が見えるが布をかぶっていたせいで顔全体を確認することができない。

武器

  • 究極(ウルティマ)

ペッシェが所有する剣。溢れ出る霊子で構成された光の刃を持つ。斬魄刀であるかは不明だが、ドンドチャッカが斬魄刀を取り出す直前にこの刀を出したため、流れ的に斬魄刀の可能性が高い。十刃であるザエルアポロに傷を負わせるなど、威力は高い。普段はフンドシの中にしまっているため、剣を取り出す仕草は非常に紛らわしく見える(石田曰く「放送していいものなのか?」)。後述のように虚閃も放つことができる。
ペッシェ本人は石田のゼーレシュナイダーとよく似てると思っているが、石田からは否定されている。

  • 無限の滑走(インフィナイト・スリック)

触れた物をヌルヌルにする液体を口から放出する。無限と名付けているが、液体の量は有限。使い方によっては十刃落ちレベルの攻撃の衝撃も吸収し、無効化することも可能。

  • 融合虚閃(セロ・シンクレティコ)
ドンドチャッカとの合体技。ネルと共に虚夜宮を追い出されてから生み出した。ドンドチャッカの上にペッシェが乗り、ペッシェが究極(ウルティマ)を構えて虚閃を放ち、ドンドチャッカは口の砲台のようなものから虚閃を放つ。そしてその二つの虚閃がその後同一軌道上で合流し、その威力は何倍にも跳ね上がる。
その威力は十刃のザエルアポロからも自身を一撃で倒せるものと認められるが、既に二人の正体を見抜いていたザエルアポロによって対策を講じられていたために通用しなかった。
(虚閃の威力を倍増させるのは主人も得意)

  • 超加速(ちょうかそく)
千年血戦篇で使用。何故か一護に攻撃しようと仕掛けるも、かわされてしまう。

関連イラスト

ペッシェ・ガティーシェさん



関連タグ

BLEACH 破面 従属官
ネル・トゥ / ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク ドンドチャッカ・ビルスタン

関連記事

親記事

従属官 ふらしおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペッシェ・ガティーシェ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ペッシェ・ガティーシェ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237927

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました