ピクシブ百科事典

イールフォルト・グランツ

いーるふぉるとぐらんつ

イールフォルト・グランツ(yylfordt grantz)は、日本の漫画『BLEACH』の登場人物。タグとしては「イールフォルト」の方が機能している。
目次[非表示]
無題


CV:遠近孝一

プロフィール

破面・No.15(アランカル・クインセ)
誕生日は6月22日。
身長185cm 体重67kg。

帰刃は『蒼角王子(デルトロ)』解号は「突き砕け『蒼角王子』(つきくだけ『~』)」
解放すると、上半身が牛のような巨大な姿(牛のような顔の内部にはイールフォルトの顔がある)に変化する。頑丈な外皮と重量、巨大な角を利用した突きを繰り出す攻撃を得意とする。

概要

ギリアン級(元アジューカス級)。左前頭骨に仮面の名残を着けた伊達男で、髪は金色で長髪。敵を見下して高笑いをするのが特徴。死神のことを「兄弟」と呼ぶ。
破面・No.8(アランカル・オクターバ)であるザエルアポロ・グランツの兄。虚なのに兄弟という点については後述。
兄弟ではあるが、イールフォルトが金髪なのに対しザエルアポロは鮮やかなピンクと髪の色は全く違う。
また、顔立ちの酷似具合や、身長・体重が同じなため双子だと思われる。

小説版ネタバレ


遠い昔。敵を叩き潰すことに喜びを感じていた将軍の兄と、動けぬ者を刻んで微笑む錬金術士の弟がいた。兄は戦場で敗残兵を連れ帰っては弟の工房に提供していた。境遇は全く似ていなかったが、人を蔑む目だけはよく似ていたという。
ある日、工房の地下が死体で埋め尽くしかけた時、彼らが殺した何百何千という人間の魂が虚と化して彼らを工房ごと押し潰し殺害する。兄弟は共に魂魄と化すが、事態を瞬時に理解した弟により喉を噛み切られて魂を啜られ、取り込まれてしまう。

それから長い時を経てヴァストローデ級の虚となったのがザエルアポロ。彼は現状では自身の目指す「完璧な生命」になれないことを悟り、もう一度進化をやり直すべく最初に喰らった兄の魂を基礎に「戦士」としての素質を集めて分離した結果生まれたのがイールフォルト・グランツである。
分離後はアジューカス級の虚となり各地を放浪するが、あるアジューカスの集団に加わり、後に豹の姿をしたアジューカスが加わり彼に引き連れられる形で藍染の下に戻った。

関連タグ

破面 従属官 グリムジョー ザエルアポロ

pixivに投稿された作品 pixivで「イールフォルト・グランツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12130

コメント