2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

BLEACH』における死神の専用武器「斬魄刀」の能力は、通常であれば精神世界で斬魄刀の本体と信頼関係を築き、名前を知る「対話と同調」を済ませて習得できる始解だけで引き出すことができる。
事実、死神で編成される護廷十三隊の中でも、各部隊の副隊長以下の面々は始解しか習得していない。戦闘力としてはそれで十分と見なされるのだ。

しかし斬魄刀の解放にはさらなる形態がある。それが卍解である。

会得条件

精神世界にいる本体をこちらの世界に呼び出す「具象化」、そして戦って勝ち自分の力を認めてもらう「屈服」が必要となる。
このうち難しいのは具象化のほうであり、これが会得難易度を大幅に引き上げている。

始解との違い

能力は「単純に始解の上位互換」「始解とは真逆」「関連性はあるが全く違う」のどれかに大別されるが、一般的には戦闘能力が5~10倍になるとも言われるため、始解しか習得していない死神や"数字持ち"の破面であれば瞬殺できるレベルの力が手に入る。
また、始解が「刀の形状が個性的になる」もしくは「刀から全く別の武器に変化する」程度の変化だったのに対し、卍解の方は「ミサイルや戦車レベルの兵器に変化」したり、「周囲の気候変動を起こす」など、もはや刀の概念を超えているものであることが多い。

発動時には「卍解」というワードと「真の名前」を呼ぶ。
会得することで始解時に解号などを唱えなくてもよくなるため、卍解時に唱える場合もある。また、始解と違う解号を唱えることで更に違う能力が発動する場合もある。

卍解を維持するのは膨大な霊力が必要とされ、熟練者でももって数十分が限界と言われる。また、所有者の意思に反した卍解の解除は所有者が死の危機に瀕していることを意味する。

名称に関しては始解から、

パターン
前に単語が追加される斬月 → 天鎖斬月
後に追加される千本桜 → 千本桜景厳
前と後ろに追加される天譴 → 黒縄天譴明王
読みが変わって追加される雀蜂(すずめばち)→ 雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)
全く異なる袖白雪 → 白霞罸
といったようにバリエーションが多い。

なお、最終章において卍解は破損すると治らないということが明らかになった。
例外的に修復可能なのは使用者の体と強く結び付いている狛村左陣、改造を施されている涅マユリの2名が明言されている。また、氷の翼でできている日番谷冬獅郎の卍解も恐らく修復可能。

一覧

現在、原作や外伝小説、アニメなどで確認できる卍解は以下の通りである。

持ち主始解卍解
現世・空座町
黒崎一護斬月天鎖斬月
浦原喜助紅姫観音開紅姫改メ
護廷十三隊
山本元柳斎重國流刃若火残火の太刀
雀部長次郎厳霊丸黄煌厳霊離宮
砕蜂雀蜂雀蜂雷公鞭
市丸ギン神鎗神殺鎗
卯ノ花烈肉雫唼皆尽
朽木白哉千本桜千本桜景厳
阿散井恋次蛇尾丸狒狒王蛇尾丸双王蛇尾丸
狛村左陣天譴黒縄天譴明王
京楽春水花天狂骨花天狂骨枯松心中
東仙要清虫清虫終式・閻魔蟋蟀
檜佐木修兵風死風死絞縄
日番谷冬獅郎氷輪丸大紅蓮氷輪丸
更木剣八野晒(名称不明)
斑目一角鬼灯丸龍紋鬼灯丸
涅マユリ疋殺地蔵金色疋殺地蔵
朽木ルキア袖白雪白霞罸
零番隊
兵主部一兵衛一文字しら筆一文字
仮面の軍勢
平子真子逆撫逆様邪八宝塞
鳳橋楼十郎金沙羅金沙羅舞踏団
六車拳西断風鐵拳断風
原作外キャラ
小説
刳屋敷剣八餓樂廻廊餓樂廻廊
痣城剣八(名称不明)雨露柘榴
アニメ
天貝繍助雷火雷火・業炎殻
朽木響河村正無鉤条誅村正
ゲーム
宮能藤丸竜条丸虎糾竜条丸
宮能まつ梨虎淘丸竜糾虎淘丸

作中での扱い

白哉曰く、

  • 死神として頂点を極めた者にのみ許される
  • 習得者は尸魂界に永遠に名前が刻まれる
  • 四大貴族でも至れるのは数世代に1人
であるとされ、卍解に至るまでの難易度の高さがうかがえる
護廷十三隊隊長になるには、卍解を会得していることが必須条件の一つとなっているが(例外のただ一人も後に修得。)後に副隊長三席の1人も覚醒させている
※過去篇では五席の1人もそれらしき能力を見せている。

卍解を習得していること自体は明らかになっているものの、作中で披露する機会がなかった者、また披露されても詳細な能力が不明なままの隊長格もいる。
最終章では余りにも強力すぎて、味方を巻き込んだり世界そのものを滅ぼしかねない更には敵と味方どころか自分さえも即死しかねない卍解が登場したため、そもそも使い所が限られているものも多い
必ずしも始解より扱い易いとは限らず、明らかに始解よりも使い勝手が悪いため、本編では使う機会が訪れなかった隊長もいる。
また一部の副隊長のように、とある事情から卍解できることを隠している者もいる。

いずれにしても、卍解は死神にとって最終奥義であり、戦闘において一発逆転を狙える切り札であった。

しかし千年血戦編において、滅却師達により卍解を奪うという反則じみた手段を用いられ、隊長達は瞬く間に無力化されてしまうという絶望的な状況に立たされてしまった。そもそも敵である滅却師たちは卍解をしなければ勝てない程の実力者揃いであり、護廷十三隊は『卍解使わなければ勝つことができない、しかし卍解すれば奪われてしまう』というジレンマに苦しめられることになった。

ただし、元々滅却師の能力は死神とは性質が異なるため、奪った卍解を使いこなせるかどうかはその滅却師の実力で左右される。中でも、別次元と言っても良い元柳斎の卍解はユーハバッハ以外は制御できない程であり、そのユーハバッハすら奪った卍解を使おうとしなかった。

関連タグ

BLEACH 護廷十三隊 死神

関連記事

親記事

斬魄刀 ざんぱくとう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1771173

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました