ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

BLEACHに出てくる斬魄刀卍解の中の一つ。作中2番目に登場した卍解でもある。

阿散井恋次が尸魂界での一護との戦いの後に修得した卍解
金色疋殺地蔵の次に披露された卍解でまさか副隊長の阿散井が、と当時の読者を驚かせた。
基本的な戦法としては、蛇腹剣である蛇尾丸の応用・発展形だが、その運用方法は大きく違う。
最大の違いはその外見。
最早、とは言い難く、大蛇骨格のようなデザインが特徴
更に恋次が着ている死覇装も一部変化し、狒狒の毛皮と牙で出来たマントを纏い、肩には骨のような装甲が追加される等、斬魄刀を含めると動物恐竜化石を彷彿させる衣装となる(原作とは若干カラーリングが異なる)。
複数のパーツによって構成されているため、多少破壊されても問題なく扱える。

アウトスラッシュ



千年血戦篇にて狒狒王蛇尾丸という名前は本当の名前ではないという事が発覚する。
真の名前を知ったことで、恋次は今までの蛇腹剣の応用で戦っていた戦闘スタイルから、大きく戦法を変えることになった。

戦法

その形状からもわかる通り、基本攻撃が、『斬る』から『叩き潰す』ものへと変化しており、恋次らしい豪快な戦闘スタイルとなる。
始解状態での蛇尾丸は蛇腹剣という構造上、ムチのように扱えてる一方、ムチとしての攻撃回数には限界があったことから、中・遠距離攻撃主体の戦闘の場合、隙を見せることがあるという欠点があった。
しかし、卍解時には巨大化したことと、形状が蛇の骨格のような姿で固定化されたことで、中・遠距離の攻撃に特化した代わりに、隙を見せることが少なくなった。骨同士を離したとしても骨と骨の間は恋次の霊圧で繋がっており、攻撃しても連結を断つことは出来ず、さらには分離や再結合も自由自在であるため、1部のパーツを使って奇襲する戦法も可能。
また、威力に関しても見た目通りに格段に向上しており、自分を中心にとぐろを巻かせることで防御を行うこともできる為、全範囲防御も可能になったという、戦闘においてかなりの応用性を持った卍解でもある。
この他にも先端部の蛇の頭骨で敵を噛み砕いたり、「狒骨大砲」という光線を口内から吐く
いわば、巨大な大砲を自由自在に操る形で攻撃を行うという、物理攻撃系としては高火力だがかなりトリッキーな戦法を基本とする。
蛇に騎乗して移動手段になったりと応用性が高く、その見た目に反して、主に戦闘の補助で役に立つ卍解である。

  • 狒骨大砲(ひこつたいほう)

破面編で初使用。自身の霊圧を解放し、蛇尾丸の口からレーザーの様な霊圧の砲弾を発射する。
名前に狒骨とついているが、どう見てもオロチ骨だなどと突っ込んではいけない。

余談

BLEACHにおける卍解関連の設定において、必ず取りざたされるのがこの卍解。というのも、後に明らかになるが、卍解は例外を除いて一度破壊されたら二度修復しない。という設定があり、それを告げられた際に一護は「恋次の卍解も白哉に壊されてる」と反論したが、マユリ曰く「恋次の卍解の刃節は白哉戦以降壊れたまま」とのこと。しかしこの斬魄刀の卍解は初登場時の戦闘において明らかに刃節どころの話じゃないレベルで粉々に破壊されている
にもかかわらず、その後も普通に恋次の最強形態として引き続き使用されていることから、卍解の設定に関してツッコまれることが多い。

関連タグ

BLEACH 阿散井恋次
零番隊

関連記事

親記事

蛇尾丸 ざびまる

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「狒狒王蛇尾丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 559

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました