ピクシブ百科事典

蛇尾丸

ざびまる

蛇尾丸とは、「BLEACH」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:古澤徹

阿散井恋次斬魄刀。本体は、蛇の尾を持った白い体毛の狒狒で、俗に言うの姿である。
身体と尾で別々の人格を有しており、蛇のほうは少々口が悪い。

始解

解号は「咆えろ『蛇尾丸』」
幅広の片刃剣で、分割された刃節をワイヤーで繋いだいわゆる蛇腹剣
刀身を伸ばす事で遠距離への攻撃も可能となっている。

能力解放と共にノコギリ状に変化する。一見すると単なるダンビラだが、その本性は生物的な連節を持つ蛇腹剣
そのため近距離での競り合いよりも、中距離からのヒット&アウェイを得意とし、また刀そのものも分厚く大きいため、一撃の衝撃力も強い。これを恋次は鞭のように自在に振るい、相手を懐に近づけることなく圧倒して見せる。
なお、これらの攻撃は3連続までが限界で、その後は必ず連節を元に戻す。

余談だが、作中で一番最初に始解を披露した斬魄刀でもある。

  • 狒牙絶咬(ひがぜっこう)

蛇尾丸が破壊された時に使用出来る緊急時の技。折れた斬魄刀が突如攻撃を仕掛けるため相手に隙を作るのに効果的(しかし初使用があの藍染だった為失敗)。しかし傷ついた斬魄刀を無理やり使うため負担が大きい為、連続での使用は不可。
アニメのバウント編では卍解時の自在に分離できる特性を利用して放っている。

バラバラに途切れた刃節を一斉に相手に突き立てる技。刀が破壊された時の非常用で、刀にも負担が大きく連続使用はできない。

卍解狒狒王蛇尾丸

詳細はリンク先を参照。

しかし、後に意外な真実が明らかになる

斬魄刀異聞篇

蛇尾丸
蛇尾丸?狒々



実体化した『蛇尾丸』は、手や顔、胸元以外の前身にに緑色の毛が生えている猿女(CV.斎賀みつき)と白い服に黄色い首輪、更に尻尾が生えている蛇男(CV.真田アサミ)の2人組である。
両者は鎖で繋がっており、斬魄刀『蛇尾丸』を持っていない方が、鎖を用いてもう一人を振り回し、その勢いのまま相手にぶつけたり、『蛇尾丸』の所持者を交互に変えながら相手を翻弄するという変則的な戦い方をする。

両者とも常に強くありたいという思いを抱いており、自分達と戦う覚悟を持てないことや、自分達に頼りきっているという考えから恋次を弱い奴として見限り、実体化した。恋次と交戦し、恋次の刀を折るまでに追い詰めたが、最後は途中で始解を取り戻した恋次の「狒牙絶咬」に敗れ再び屈服した。屈服された後も恋次への接し方は相変わらずであり、恋次は手を焼かされている。

余談

ちなみに猿女のデザインはスピンオフに1コマのみ登場した「女体化した蛇尾丸」が元となっており、アニメからデザインが逆輸入された花天狂骨とは逆の経緯を辿っている。

関連イラスト

狒狒王



関連タグ

BLEACH 斬魄刀 阿散井恋次 猿女 蛇男 狒牙絶咬

関連記事

親記事

阿散井恋次 あばらいれんじ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蛇尾丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48993

コメント