ピクシブ百科事典

残火の太刀

ざんかのたち

残火の太刀とは、BLEACHに登場するキャラクター山本重国の使う卍解である。
目次[非表示]

※ネタバレ注意



























何故 待っていたと思う

お主の 血肉も剣も魂も

髄から粉々に打ち砕くためよ


残火の太刀



概要

山本元柳斎重國の使用する卍解。
炎熱系最強の斬魄刀と言われる流刃若火の持つ最強系統にふさわしく、その能力は規格外の一言に尽きる。作中で登場したのは、所有者である元柳斎とユーハバッハとの対決一度きりであり、設定上は後述の理由からユーハバッハも使えるはずであるが、その強力さゆえにか、二度と使用されることはなかった。

能力

残火の太刀 総隊長 卍解 


始解の段階で刀身を覆っていた炎が消え、刀身が黒く焼け焦げ、煙が出るだけのただの刀に変化する。
黒崎一護の持つ天鎖斬月と同じく、卍解によって外見上の能力はむしろ卍解前よりも劣化しているように見えるのが特徴。
しかしその本質は、炎熱系斬魄刀の能力のその全てを極限まで鍛え上げた究極の斬魄刀であり、触れたが最後、燃えることすらなく消滅する。

この卍解を発動すると、その段階で尸魂界全土が異常乾燥に見舞われるだけでなく、日番谷冬獅郎の氷輪丸を代表する氷雪系の斬魄刀が使用不能になるほどの高熱を発し続ける卍解であるため、卯ノ花烈の言によれば、長時間解放し続ければ尸魂界自体をも滅ぼしかねないとのこと。

ユーハバッハ曰く、千年前の能力は「斬るものすべてを爆炎で焼き尽くす豪火の剣」だったが、実際は千年前の戦いで全ての力を発動して見せたわけではなく、東西南北の名が冠された四つの攻防形態を持っている。


東:「旭日刃(きょくじつじん)」
流刃若火の炎が持つ熱の全てを、刃先の一筋だけに極限まで集約した状態。刀身の炎が消えているのはこのためである。燃え上がることも爆炎を吐くこともせず、刃先に触れたものを跡形もなく消し飛ばす。

西:「残日獄衣(ざんじつごくい)」
元柳斎自身から噴き出す超高密度の霊圧が、千五百万度の炎となって触れるもの、近付くものすべてを消滅させる鎧となる(元柳斎曰く「太陽を身に纏っている」ような状態)。具体的な描写はないがユーハバッハの刃先が消えた描写や設定を見る限り恐らく通常の敵なら元柳斎に近付くだけで消滅すると思われる。(崩玉藍染や白霞罸のような状態か)

南:「火火十万億死大葬陣(かかじゅうまんおくしだいそうじん)」
「尸(しかばね)共、我が炎に散った亡者の灰よ、手を貸せ。暫し戦の愉悦をくれてやる。」という詠唱で発動。
元柳斎がこれまで斬って捨てた亡者たちの灰に、残火の太刀の熱を与えて一時的に真っ黒な骸骨として復活させる。蘇った骸骨の大群は、元柳斎が敵とみなした者を塵となるまで追い詰める。元柳斎の意思次第で骸骨から生前の姿に戻すことも出来る。その能力でユーハバッハに精神攻撃を仕掛けた。

北:「天地灰尽(てんちかいじん)」
刀を横薙ぎに一閃させ、刀身の延長上にあるものを消し飛ばす。旭日刃と同様、燃えることはなく攻撃を受けた部分だけキレイに削れる。旭日刃の上位技と思われ、月牙天衝のように旭日刃の熱を飛ばしたものである。

活躍

作中において、炎熱系最強の斬魄刀として重要な局面で数多く使用されていた流刃若火だが、肝心の卍解が披露されることはなかった。
そんな中、最終章である千年血戦篇にて、遂に卍解が使用された。
ユーハバッハを相手に使用された際には、その圧倒的な能力と描写はまさしく最強の二字に相応しいものであった。
しかし、倒したはずのユーハバッハは偽者であり、その後登場した本物のユーハバッハによってその能力は滅却師の持つ技術の一つである星章化(メダライズ)によって奪われる。

余談

ちなみにファンブックによると、偶々通りがかった小学生の会話で、双殛の矛の真の姿である『燬鷇王(きこうおう)』が元柳斎の卍解と間違われたという。

関連記事

親記事

山本元柳斎重國 やまもとげんりゅうさいしげくに

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「残火の太刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163

コメント