ピクシブ百科事典

千本桜(BLEACH)

せんぼんざくら

『BLEACH』に登場する斬魄刀の一つ。持ち主は朽木白哉。
目次[非表示]

概要

BLEACH』に登場する斬魄刀の名称の一つ。
持ち主にあたるのは朽木白哉

このタグ自体はあまり使われていないため、pixivでイラストを探す際は「千本桜 BLEACH」で検索すると探しやすい。

能力

解号は『散れ、千本桜。』。
刀身が目に見えないほど細かく枝分かれし、対象を切りつける。
そのを受けると花びらが舞っているように見える。解放中は刀身が無くなり、無防備になるという弱点が存在するが持ち主の白哉自身、斬鬼走拳全てに優れている為、この欠点をカバーしてる上、敢えて解放せずに戦うこともある。

卍解の名は千本桜景厳(せんぼんざくらかげよし)。
地面から千本もの巨大な刀身が現れ、始解時を遥かに上回る数の刃と化す。



・吭景・千本桜景厳(ごうけいせんぼんざくらかげよし)
相手の周りに千本桜の花びらで囲み、全方位から一斉攻撃する。ゾマリ・ルルー戦で使用。

・懺景・千本桜景厳(せんけいせんぼんざくらかげよし)
千本桜の花びらが全て刀の形になり、自分と敵を囲い込む。要するに無限の剣製の様な感じ。しかし、周囲の無数の刃は一斉に襲うことは無く、白哉が己で斬ると誓った時にのみ使用するらしい。
この状態を引き出したのは作中で一護のみだったが最終章ではジェラルド・ヴァルキリーにも使用している(アニメ版及び劇場版では一護以外の人物が居るとき、及び一護以外の人物との戦闘時にも披露している)。
しかし白哉の口からは一護に対し、「見せるのは2人目」といった複線めいた謎の発言がある。

・奥義・一咬千刃花
懺景・千本桜景厳を相手の周囲に展開させ、一斉に攻撃する技。最終章でジェラルドに披露した。速い話、吭景・千本桜景厳の上位互換とも言うべき技。

・終景・白帝剣(しゅうけいはくていけん)
千本桜の全てを自身の体に集約させ、桜の翼と剣を作り出す。千本桜全てを纏って相手を攻撃する技と言える。威力は間違いなく全ての技の中で最も高いが隙が大きく、一点集中の技の為、あまり使い勝手の良い技とは言えず、一護戦でしか使っていない。

無傷圏

千本桜、千本桜景厳には白哉自身にダメージを追わない範囲が存在し、それが無傷圏である。約半径85㎝。千本桜は攻防万能な能力であるのだが、操作するのは複雑であり、操作が失敗してもギリギリダメージを追わない様に設定された範囲である。勿論、無傷圏に入り込まれたらまともに攻撃が出来ず、千本桜の最大の弱点である。もし、無傷圏を縮めれば操作を誤っただけで自身にダメージを受ける。月島戦でその無傷圏を利用された(白哉はそれを逆手に取って勝利したが)。

斬魄刀異聞篇

ちょっと反則過ぎやしませんか


鎧武者の格好で威圧的かと思いきや、
天然だったり、かなり短気だったり、暴走したり、
絶対に仮面を外そうとしなかったり…と、
妙に憎めない部分が多々見受けられる。

仮面が外れる事は無かったが割れる事はあったようで、240話のEDでは仮面が割れた顔を流していた。

散れ



関連タグ

BLEACH 斬魄刀 朽木白哉
千本桜

関連記事

親記事

斬魄刀 ざんぱくとう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千本桜(BLEACH)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4726

コメント