ピクシブ百科事典

鳳橋楼十郎

おおとりばしろうじゅうろう

鳳橋楼十郎とは、『BLEACH』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:樫井笙人

身長187cm 体重73kg 3月17日生まれ

ナルシスト風な伊達男。通称ローズ。髪型はウェーブのかかった金色の長髪、服装は70年代ハードロック風でギターを持っている。羅武と共にいることが多く、羅武をラヴと呼ぶ。

羅武がジャンプを読ませなかったり自分のジャンプコミックスを先に読むことに不平を言っている。口調や態度は仮面の軍勢の中ではどちらかというと穏やかな方だが、自身の言動にやや陶酔する傾向にあり、羅武にツッコまれる。
虚化すると鳥の頭のような仮面が現れる(ペスト医師がつける仮面と言えばわかりやすいか)。


110年前は、当時の一昨年から護廷十三隊の三番隊隊長を務めていた。羽織は袖のないタイプ。
101年前に魂魄消失案件の始末特務部隊の一人に選ばれ、虚化した拳西達と戦うが、藍染達の策略に嵌り虚化した。

空座町での藍染一派との決戦では、重傷を負い戦闘不能になった京楽と浮竹の代わりに、ラブと共闘してスタークと対決、追いつめられたところを京楽の加勢で事なきを得る。
その後、護廷十三隊の隊長らとともに藍染に立ち向かうが、藍染の圧倒的な力の前に成す術なく敗北する。

藍染捕縛後は名誉回復され、瀞霊廷上層部との話し合いの後に空位になっていた三番隊隊長に復帰。

ローズ



見えざる帝国との戦いでは、マスク・ド・マスキュリンと交戦。卍解を駆使して戦うも、何故か相手に能力を説明し、そこからその弱点を見破られ敗北。

斬魄刀

『金沙羅(きんしゃら)』

奏でろ


能力解放と共に、薔薇の花が先端についた鉄製の鞭に変化する。従来の鞭と違い、先端部分でのみ攻撃している。
解号は「奏でろ『金沙羅』(かなでろ『~』)」

  • 金沙羅奏曲第十一番“十六夜薔薇”(きんしゃらそうきょくだいじゅういちばん“いざよいばら”)
先端の薔薇を対象に刺し、鞭を指で演奏するように奏でる事で、その薔薇から楕円形の爆発を連続で起こす。

  • アルペジオ
虚化後に使用。鞘と斬魄刀で十字架を描き、旋律のようなものを奏でて相手を操る技。

  • 卍解『金沙羅舞踏団(きんしゃらぶとうだん)』

金沙羅舞踏団


空中に指揮棒を持つ右手と空の左手、数十人の顔に金沙羅の先端部分がついた人形を召喚する。
能力は音楽を操り幻覚を見せる事、幻覚であっても実際にダメージが入る強力な技だが音が聞こえない相手には効果がなくなってしまう弱点がある。

第一の演目【海流(シー・ドリフト)】

人形が回転し、水流の壁に閉じ込める。

第二の演目【火山の使者(プロメテウス)】

人形の作った火を相手にぶつける。

第三の演目【英雄の生涯(アイン・ベルデンレーベン)】

とどめを刺す技だが、発動前にマスキュリンが鼓膜を破ったため、効果は不明。

関連タグ

BLEACH 三番隊 仮面の軍勢

スクラッチメン・アプー:彼の能力はローズの卍解と同じように音楽を操りそれを聞くだけでダメージを与える点が似ている

関連記事

親記事

仮面の軍勢 ゔぁいざーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鳳橋楼十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351320

コメント