2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「哀れなおんしにわしが 名をつけてやろう」

概要

まなこ和尚こと、兵主部一兵衛が使用する斬魄刀である一文字が卍解した姿。
和尚曰く、「最初に生まれた“進化した斬魄刀”」。つまり山本元柳斎重國流刃若火よりも古い事になる。
また、卍解という概念が生まれる前に進化したため、卍解ではなく“真打”の言葉で発動する。

能力

始解である「一文字」が黒い墨により、墨を塗りたくったものの名前を奪い、力や能力を封印・無効化するのに対して、しら筆一文字は白い墨を使い、対象物に新たな名前と力を与える能力となっている。

作中では、ユーハバッハへのトドメを刺すために使用され、一文字によって全身を黒く塗りつぶされたユーハバッハに「黒蟻」の文字を書き込み、彼を蟻同然の地を這うだけの無力な存在に変貌させるのに使われた。
言うなれば、始解の能力が「敵を塗り潰す」能力であるのに対して、卍解の能力は「敵を書き換える」能力と言える。

考察

能力の項目にもある通り、本編での活躍はユーハバッハへのトドメとして使われたのみであるので、基本的な能力以外の詳細は不明となっている。
作中で使用されたのがあくまでも敵へのデバフと言う形であったため可能かどうかは不明だが、この能力を使用した場合、自身や仲間を強化する事にも使える可能性がある。
一方で、「しら筆」を使用した際には和尚はユーハバッハの全身を「一文字」で黒く塗りつぶしている為、新たな能力を与える為には今ある能力を一度奪わねばならない可能性もある。
それは言い換えるなら、今ある能力を捨てることに他ならないため、強化バフとして考えた場合かなりリスクの高い能力であると言えるのこかもしれない。

関連タグ

千年血戦篇
零番隊

生き字引きの筆:類似した効果を持つ技

関連記事

親記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました