ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

藍染惣右介「お早う 十刃諸君 敵襲だ 先ずは紅茶でも淹れようか」


概要

藍染惣右介によって掌握された破面(アランカル)の中でも特に優れた成体破面10体の名称。

元の大虚(メノスグランデ)の階級で見ても中級・上級が多い。


他の破面同様に必ず体のどこかに1から10の数字が刻まれており、その序列は殺戮能力の高さで決まっている(ただし、実際は0から9)。

また、それぞれが人間が死に至る要因「死の形」を司っており、キャラクター造形や作中での行動もそれが反映されている。


組織として

各々に従属官(フラシオン)」と呼ばれる直属の部下を従える権限と、虚夜宮内の建物の一部が与えられている。

従属官の人数や実態は個人によって様々。


立場から見れば、護廷十三隊でいうところの隊長格にあたる。

※余談だが、十刃の10人に藍染、市丸ギン東仙要の3人を足すとちょうど隊長と同じ13人になる。


またメンバーは固定はされておらず、(虚圏自体が元々そういう世界なのだが)完全に実力がものを言うので、常に強い者が残っていき、実力が無くなった瞬間にその者は淘汰される事もある。

ただし逆に言えば、実力があればそこから再び返り咲く事も可能。


よってある程度メンバーの移り変わりが激しかったりもする。

十刃から陥落した破面は十刃落ち(プリバロン・エスパーダ)」と呼ばれ、3桁の数字を与えられる。


なお、源流は虚圏を元々治めていたバラガンの配下で、当時は七つの大罪をモチーフとした7人。名前も単なる「」だった(読みは同じ)。

明らかになっているのはバラガン、ザエルアポロ、アーロニーロ、ヤミー。

その後、人数が増えて定員10名となり「十刃」と呼ばれるようになった。


構成員

破面篇終了時点での生存キャラを★で示す


現メンバー

破面関連の用語と同様、数字もスペイン語読み。


コヨーテ・スターク

破面・No.1 / 第1十刃(プリメーラ):コヨーテ・スターク


バラガン・ルイゼンバーン

破面・No.2 / 第2十刃(セグンダ):バラガン・ルイゼンバーン


センシティブな作品

破面・No.3 / 第3十刃(トレス):ティア・ハリベル


ブリーチのウルキオラをアナログで描いてみた

破面・No.4 / 第4十刃(クアトロ):ウルキオラ・シファー

  • 司る死の形:「虚無」
  • 従属官:不在

ノイトラ・ジルガ

破面・No.5 / 第5十刃(クイント):ノイトラ・ジルガ

  • 司る死の形:「絶望」
  • 従属官:テスラ

グリムジョー

破面・No.6 / 第6十刃(セスタ):グリムジョー・ジャガージャック


らくがき

ルピ・アンテノール

  • 司る死の形:「破壊」
  • 従属官:不在

グリムジョーに代わり一時的に第6十刃になるも、グリムジョーに殺される。


鎮まれ

破面・No.7 / 第7十刃(セプティマ):ゾマリ・ルルー

  • 司る死の形:「陶酔」
  • 従属官:不在

第8十刃

破面・No.8 / 第8十刃(オクターバ):ザエルアポロ・グランツ

  • 司る死の形:「狂気」
  • 従属官:メダゼピ、ルミーナ、ベローナ他多数、ロカ(後に小説にて判明)

アーロニーロ・アルルエリ

破面・No.9 / 第9十刃(ヌベーノ):アーロニーロ・アルルエリ

  • 司る死の形:「強欲」
  • 従属官:不在

第10十刃 ヤミー・リヤルゴ

破面・No.10 / 第10十刃(ディエス):ヤミー・リヤルゴ

  • 帰刃することでNo.0 / 第0十刃(セロ)になる。
  • 司る死の形:「憤怒」
  • 従属官:クッカプーロ


十刃落ち

センシティブな作品


その他

センシティブな作品

元・破面・No.3 / 元・第3十刃(トレス):ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク

ノイトラとザエルアポロの策略で記憶喪失になり、そのまま放逐されたため「十刃落ち」ではない。


考察など

意図的かどうかは不明だが、それぞれの基本能力(戦闘スタイル)は

  • No.1、2、3:鬼道系かつ遠距離から圧倒する
  • No.4、5、6:(直接攻撃系・鬼道系問わず)自分自身の身体能力を上げる
  • No.7、8、9:鬼道系かつ他人の能力を利用したりできるといった卑怯な戦術をとる

という点でそれぞれ共通している。とはいえ、十刃個人でも以下の表のとおりバラツキがあるなど各々の戦闘スタイルは様々である。


No.個体名戦闘スタイル
No.1スターク鬼道系かつ銃を用いた虚閃・魂を引き裂いて狼型の霊圧を創造し使役する・霊圧の剣といったように直接攻撃系としても成立できるほどの近距離・遠距離にも対応できるオールラウンダー。
No.2バラガン鬼道系かつ遠距離どころか地球全体にまで影響を及ぼしかねないチート戦法。
No.3ハリベル鬼道系かつ能力を生かした戦い方で他を圧倒し、犠牲を司る十刃らしく即死級の技を受けても逆に死に至らないなど圧倒的な生命力を持つ。ただ、能力に重点を置いてしまったため、日番谷滅却師の始祖といったような強敵との相性が悪い。
No.4ウルキオラ鬼道系かつその能力を接近戦に特化したもの(これについては、ウルキオラ自身が「自らの最たる能力は直接攻撃系ではなく鬼道系」と発言しているためであり、事実、一部の部位を除いた超速再生や自分自身の身体能力を上げた状態で鬼道系の技を繰り出している。)。さらに、帰刃後のもう1つの姿として第二階層がある。
No.5ノイトラ直接攻撃系かつ十刃内での最高硬度を誇る鋼皮の防御に加え腕を1対生やすことで自分自身の身体能力を底上げする。
No.6グリムジョー直接攻撃系かつピンポイントの攻撃でも遠距離から圧倒する。さらに、致死量の毒を操る滅却師との戦いで特定の鬼道系に対する耐性が後天的に付加されており、毒使いが相手でも効果を半減することが可能になった。
No.7ゾマリ鬼道系かつ無数の目(戦った白哉によると目の数は全部で50あり、額の目の数を合わせると58にも及ぶ)で見たものを操って同士討ちのような状況を作る。
No.8ザエルアポロ鬼道系かつ敵をコピーしての同士討ち・敵を媒介とした自身の再生といった多彩な能力のオンパレード(No.0時代は直接攻撃系とのハイブリッドだった。)。
No.9アーロニーロ鬼道系かつギリアン級ながらも同族を食らうことで自分自身の能力を上げる。
No.10(0)ヤミー鬼道系かつ自分自身の身体能力の底上げに加え解放後における十刃最強の名に恥じないほどの遠距離でも圧倒。鬼道系の能力で底上げすればするほど直接攻撃の威力が上がる。
元No.6ルピ直接攻撃系かつ自らの手足となるパーツをカスタマイズして拷問まがいな攻撃をする。自身の死後は死神側によって強化改造されたことにより、後天的ではあるが鬼道系の能力も獲得。
元No.3ネリエル直接攻撃系と鬼道系のハイブリッドで、敵の能力を倍にして返すカウンター技や武器を使用したピンポイントの攻撃などで遠距離から圧倒する。

序列の基準が「殺戮能力の高さ」であるため、最強の硬度の鋼皮を持つ者であっても中程にランク付けされたり、逆に殺戮能力は高かったが肉体が脆く、自分の能力を利用されて自己崩壊してしまった者もいる。


関連タグ

BLEACH 破面 帰刃のその先へ 藍染惣右介

悪の組織

関連記事

親記事

破面 あらんかる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3282468

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました