ピクシブ百科事典

ゾマリ・ルルー

ぞまりるるー

ゾマリ・ルルーとは、「BLEACH」に登場するキャラクターのことである。
目次[非表示]

概要

CV:楠大典

  • 身長:196cm
  • 体重:100kg
  • 誕生日:10月13日
  • 破面:No.7(アランカル・セプティマ)/第7十刃(セプティマ・エスパーダ)
  • 司る死の形:陶酔

帰刃名は『呪眼僧伽』(ブルヘリア)。解号は「鎮まれ、『呪眼僧伽』」。

坊主で頭部には棘のような仮面の名残があり、首には首飾り、耳には仮面が変化した髑髏のピアスをしている黒人風の男である。
下顎に黒色の仮面紋がある。厳かな雰囲気を漂わせている。言葉遣いは丁寧だが、戦闘では卑劣な戦法を取るのも厭わない。また、首を落とさない限りは死を確認するすべはないという厳しい考えを持っている。『7』の刻印の箇所は不明で、右乳首部分に虚の孔がある。 また、破面化した時期も不明である。
十刃最速を誇る響転に加え、相手の肉体の支配権を奪う『愛(アモール)』という技も持つ。

アーロニーロとの戦いで重傷を負った朽木ルキアに止めを刺そうとするが、救援に来た朽木白哉と交戦。斬魄刀を解放して『愛』の力でルキアを操り彼女の命を盾に取るが、その戦い方が白哉の怒りを買い、一刀のもとに切り伏せられ、「藍染様万歳」を叫びながら消滅した。

関連イラスト

♪ル~ル ルルッル~
ねんど○いど風~ゾマリ・ルルー~



関連タグ

BLEACH 破面 十刃 朽木白哉 朽木ルキア

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾマリ・ルルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13354

コメント