ピクシブ百科事典

ノイトラ・ジルガ

のいとらじるが

ノイトラ・ジルガ(Nnoitora Gilga)は、『BLEACH』の登場人物。タグとしてはノイトラの方が機能している。
目次[非表示]

「悪りィー名前忘れた」

「俺が十刃最強だ」

CV:神奈延年

プロフィール

  • 破面・No.5(アランカル・クイント)/第5十刃(クイント・エスパーダ)
  • 誕生日11月11日
  • 身長2m15cm。体重93kg。
  • 司る死の形:「絶望」
  • 孔の位置:左目
  • 帰刃名『聖哭螳蜋(サンタテレサ)


概要

本編

破面と呼ばれるの中のエリートの中のエリートでNo.5の地位にある。が、自身は最強であると主張しており、ティア・ハリベルウルキオラ・シファーなど格上相手にも噛み付く性格。また、相手に情を掛ける事も、自分が情を掛けられる事も嫌う。
外見は吊り上がった目に眼帯をした長髪で長身痩躯の男。円形の巨大な襟や輪を繋げた鎖状のアクセサリーを着用する。
虚の孔は左目。眼帯の下には同じく眼帯状の仮面の名残があり、孔の周りには歯が並んでいる。また、舌には階級を表す「5」の数字が記されている。
三日月型の刃を二つ合わせ8の字のようにした大鎌状の斬魄刀を使う。石突きにはフラフープ大のリングが鎖状に連なっており、これを持って鎌を投げ飛ばして攻撃したり、鎌を敵に引っ掛けて引きずり回すなどの用途に使用できる。
表皮を硬質化させる能力「鋼皮(イエロ)」は破面の中でも飛び抜けて頑丈であり、本人曰く、「俺の鋼皮は歴代全十刃最高硬度」。 「虚閃(セロ)」は舌の先端から放つ。

過去

かつては第8十刃(オクターバ・エスパーダ)。当時第3十刃(トレス・エスパーダ)だったネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンクを敵視し、ザエルアポロ・グランツと共謀し彼女を罠にはめ従属官もろとも放逐した。
虚や破面を「救われない存在」と絶望しており、戦いの中で倒れる事を望んでいた。
服には丸い襟は付いておらず、斬魄刀も三日月型の鎌は一つだけだった。

聖哭螳蜋(サンタテレサ)

ノイトラ誕

 

ノイトラ


解号は「祈れ『聖哭螳蜋』」
頭部には三日月のような角が生え、仮面の名残の歯は牙のように尖り、腕は昆虫のような外骨格に覆われ4本(最大で6本)に増える。
斬魂刀はオーソドックスな形状の大鎌に変わる。

本編での活躍

虚夜宮でガンテンバイン・モスケーダを倒したチャドを襲撃、巨人の右腕の上からチャドを切り伏せて圧倒的な戦闘力を誇示した。
その後、グリムジョー戦を経て消耗した一護を強襲し、記憶を取り戻し帰刃したネリエルに苦戦しながらも刀剣未開放のまま退ける。
駆け付けた更木剣八とも連戦。最硬の鋼皮すら切り裂く剣八を帰刃して追い詰めるが、かつて山本元柳斎重國に習った「剣道」により敗北。とどめを刺さず立ち去ろうとする剣八になおも挑むが切り伏せられ死亡した。

余談

  • 「サンタテレサ」とはスペイン語圏におけるカマキリの異名。前足の鎌を構える様子をキリスト教の聖人が祈りを捧げる姿になぞらえたもの。
  • 自分より実力・階級が上回る相手にも噛み付く性格は「力の無い者が強い相手に立ち向かう蛮勇」を意味する故事成語「蟷螂の斧」に因む。


関連タグ

BLEACH ブリーチ ノイトラ ネリエル 十刃

pixivに投稿された作品 pixivで「ノイトラ・ジルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172602

コメント