ピクシブ百科事典

グランドガンダム

ぐらんどがんだむ

グランドガンダムとは、『機動武闘伝Gガンダム』に登場するデビルガンダム四天王のうちの1機である。
目次[非表示]

機体スペック

分類モビルファイター
頭頂高24.6m(スタンディングモード時)
全高21.4m(アタックモード時)
全長27.5m(アタックモード時)
重量23.4t
装甲材質
  • ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
  • レアメタル・ハイブリッド複合材
  • DG細胞
パイロットジェントル・チャップマン


概要

陸戦型のデビルガンダム四天王。ジョンブルガンダムDG細胞の力で変質した姿。獅王争覇(ししおうそうは)の称号を頂く。
ドモン・カッシュに敗れた末にに倒れた後、DG細胞に冒されて蘇った元・ネオイングランド代表のジェントル・チャップマンがパイロットを務めている。
重装甲を誇るパワー型の機体。マスターを除く他の四天王機体も巨大ではあるが、グランドガンダムはその中でも最大の巨躯を持つ。
それ故に機動性は低いものの、その重量を活かしてを押し潰す攻撃を得意としている。
四足のアタックモードと二足のスタンディングモードを持つ、が、他の機体と異なりスタンディングモードでは二本足で立つようになって人型になるだけであり、基本的に使えなくなる武装はないと思われる。
四足の機体であるため、スタンディングモードでも腕の部分にマニュピレーターはなく、畳まれた脚がクロー状となり、相手を押さえつけることができる。
更に、装甲にDG細胞が使われている為、高い再生能力を持っていると同時に、砲撃等の弾数も無限である。
漫画作品である「超級!機動武闘伝Gガンダム」では、ガンダムヘブンズソード共々シャッフル同盟の後継機を追い込むまでに強化されていた。

武装・能力

  • 踏みつけ(ジオラマフロントより)

スタンディングモードの十八番と言える攻撃方法。立ち上がった状態で全体重を脚にかけるというエグい攻撃。これを単体で破った機体は劇中に存在しない。

  • グランドホーン
最も印象に残るであろう武装。背中の二本装備された角状の刺突武器。DG細胞の能力かかなり延長させることが可能で、ガンダムローズを串刺しにしている。
  • グランドサンダー
グランドホーンから放つ高エネルギーの電撃攻撃。
  • グランドキャノン
背中の大砲から放つ砲撃。唯一ジョンブルガンダムの面影が見える長距離射撃攻撃。
  • グランドボンバー
グランドキャノンから発射されるもう一つの武器。ワイヤーで繋がれたマニュピレーターを射出して、敵を捕縛したり殴りつけることができる。劇中では岸壁をワイヤーアームで掴んで体勢を立て直している。

最期

ランタオ島にて、ジョルジュ・ド・サンドガンダムローズチボデー・クロケットガンダムマックスターの2体を圧倒的なパワーで追い詰めるも、後一歩のところでジョルジュに態勢を崩され、最期はガンダムローズのローゼスビットを借りてギガンティックマグナムに装填したチボデーによってコックピットを撃たれ、敗北した。

「超級!機動武闘伝Gガンダム」ではシャッフル同盟が放つ超級覇王電影弾シャッフル同盟拳の別パターンか)によって、ガンダムヘブンズソード共々敗北した。

余談

PS2用ゲームソフト「ガンダム トゥルーオデッセイ」では四天王の中で唯一専用曲がある。
但し、実力は最下位だが。

PS2ゲームソフト・Gジェネレーションウォーズ参戦の際、デビルガンダム四天王で唯一3Lサイズになっている。
元より超重量級のMFである為、妥当かも知れないが、設定上の全長はガンダムヘブンズソードよりも小さい為、一部のファンから残念がられている(元よりグランドガンダムが同シリーズに参戦した際は、必ずデビルガンダム四天王で唯一、宇宙運用が出来ないと言う嬉しくない個性があり、その上でサイズによる枷が増えた為)。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
デビルガンダム グランドマスターガンダム
ジョンブルガンダム
マスターガンダム ガンダムヘブンズソード ウォルターガンダム

関連記事

親記事

デビルガンダム四天王 でびるがんだむしてんのう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97105

コメント