ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
モビルトレースシステム
17

モビルトレースシステム

17

もびるとれーすしすてむ

モビルトレースシステムとは、モビルファイターに分類されるガンダムが独自に備えているコクピットシステムの事。

概要

機動武闘伝Gガンダムに登場するモビルファイター(MF)の操縦システムを言う。

文字通りパイロット(ガンダムファイター)の動きをトレースし、俺がガンダムだ(物理)になるシステム。Gガンダムに登場するガンダムは他シリーズとは違いこのシステムが主要となっているためコクピットブロックにリニアシートが存在しない。


パイロットは全裸になって多数のセンサー(アンテナ)と電子回路の通ったファイティングスーツを着用する。このファイティングスーツが搭乗しているMFとペアリングし、パイロットの動きや五感をフィードバックしてMFにそのまま反映されるという仕組み。また、周囲360°には全天周囲モニターが映し出される。基本的にシステムの対象は人間だが、馬がこのシステムを利用する例もある。また、装着されるファイティングスーツは機体毎ではなく搭乗者毎に模様が異なる仕様のようである。


MFが武装を持つ場合はコクピット内ではビーム状に再現され、バルカンなどのMF内蔵の火器を発射する場合は脳波がトリガーの役割を果たすようになっている。しばしば音声認識で発動させていると言われるが、これらは強いて言うなら気合を入れるためのシャウトであって、発動には関係しない。

パイロットがダメージを受けるとその部分の電子回路の模様が浮き彫りになり、相手に腕を引きちぎられるなどしてMFが身体の一部を失った場合は失われた部分が真っ赤に発光する。

人型以外に変形した際はファイターも同じ格好に…とはならず、この時はトリガーと同じように脳波で指示を出すようになる。マンダラガンダムと言った一部人型でない機体も同様。

ちなみに別作品だが『アイアンマッスル』では、反応速度を上げるためにシンクロ率を最高にした結果、ロボの首をへし折られると同時にパイロットの首もへし折れていたりしている。


Gガンダム以外の作品のキャラだとパロディ漫画がんばれ!ドモンくんでモビルトレースシステムが組まれたガンダムエピオンヒイロ・ユイも搭乗している。エピオンは下半身が海老反りに折れ曲がってMA形態に変形するため、高速移動時にヒイロも海老反り体位になっていた。


余談

モビルトレースシステムと同じ仕組みの技術は現実にもマスタースレーブ方式という名称で実在し、普及に至っている。代表的な用途としては手術支援ロボットが挙げられ、医師の動きをトレースしてロボットの手に伝えることで遠隔地や体内での手術を可能にしている。また、バトロボーグシリーズは本技術を応用した玩具であり、マスタースレーブ方式による操縦を実際に体験できる。柳田理科雄氏も、「関節や駆動部位の多いロボット操縦には、これが一番手っ取り早い(エヴァンゲリオングレンラガンザンダクロスなどのように思考が即行動に直結する機体は、作戦を読まれる可能性があるため。ただしレッドバロンメタルファイターのように思考が挟むことによりコンピューターのハッキングを阻止できる利点はある)」と評している。


Gガン以外の作品だと『ジャンボーグA』のジャンボーグAや上記の『アイアンマッスル』のグラップルマシン全機、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキトージャ他、『トリコ』のGTロボ鉄人28号のような完全無線型だが)もこれに該当する。

上半身だけではあるが『闘将ダイモス』のダイモスもこれに近い動かし方をしている(パイロットは空手家であり、スパロボではドモンと友情を結んだり時にはガンダムファイターと互角扱いされたりしている)ほか、『機動警察パトレイバー』のイングラムは普段はレバー操作であるものの、精密作業用として同機能が搭載されており、パイロットは自主訓練であやとりをやってみせた。

また『魔法騎士レイアース』の魔神や『覇王大系リューナイト』のリューなどGガンと同世代の作品にもこのシステムが採用されている例もあり、同様にダメージがパイロットにフィードバックされるルールが設けられている。

更に『GEAR戦士電童』の電童や『パシフィック・リム』のイェーガーなどは複座式でありながらこの操縦システムが採用されている(イェーガーの場合は右半身と左半身を分担しているらしい)。


関連タグ

機動武闘伝Gガンダム モビルファイター ファイティングスーツ ガンダムファイター 俺がガンダムだ

概要

機動武闘伝Gガンダムに登場するモビルファイター(MF)の操縦システムを言う。

文字通りパイロット(ガンダムファイター)の動きをトレースし、俺がガンダムだ(物理)になるシステム。Gガンダムに登場するガンダムは他シリーズとは違いこのシステムが主要となっているためコクピットブロックにリニアシートが存在しない。


パイロットは全裸になって多数のセンサー(アンテナ)と電子回路の通ったファイティングスーツを着用する。このファイティングスーツが搭乗しているMFとペアリングし、パイロットの動きや五感をフィードバックしてMFにそのまま反映されるという仕組み。また、周囲360°には全天周囲モニターが映し出される。基本的にシステムの対象は人間だが、馬がこのシステムを利用する例もある。また、装着されるファイティングスーツは機体毎ではなく搭乗者毎に模様が異なる仕様のようである。


MFが武装を持つ場合はコクピット内ではビーム状に再現され、バルカンなどのMF内蔵の火器を発射する場合は脳波がトリガーの役割を果たすようになっている。しばしば音声認識で発動させていると言われるが、これらは強いて言うなら気合を入れるためのシャウトであって、発動には関係しない。

パイロットがダメージを受けるとその部分の電子回路の模様が浮き彫りになり、相手に腕を引きちぎられるなどしてMFが身体の一部を失った場合は失われた部分が真っ赤に発光する。

人型以外に変形した際はファイターも同じ格好に…とはならず、この時はトリガーと同じように脳波で指示を出すようになる。マンダラガンダムと言った一部人型でない機体も同様。

ちなみに別作品だが『アイアンマッスル』では、反応速度を上げるためにシンクロ率を最高にした結果、ロボの首をへし折られると同時にパイロットの首もへし折れていたりしている。


Gガンダム以外の作品のキャラだとパロディ漫画がんばれ!ドモンくんでモビルトレースシステムが組まれたガンダムエピオンヒイロ・ユイも搭乗している。エピオンは下半身が海老反りに折れ曲がってMA形態に変形するため、高速移動時にヒイロも海老反り体位になっていた。


余談

モビルトレースシステムと同じ仕組みの技術は現実にもマスタースレーブ方式という名称で実在し、普及に至っている。代表的な用途としては手術支援ロボットが挙げられ、医師の動きをトレースしてロボットの手に伝えることで遠隔地や体内での手術を可能にしている。また、バトロボーグシリーズは本技術を応用した玩具であり、マスタースレーブ方式による操縦を実際に体験できる。柳田理科雄氏も、「関節や駆動部位の多いロボット操縦には、これが一番手っ取り早い(エヴァンゲリオングレンラガンザンダクロスなどのように思考が即行動に直結する機体は、作戦を読まれる可能性があるため。ただしレッドバロンメタルファイターのように思考が挟むことによりコンピューターのハッキングを阻止できる利点はある)」と評している。


Gガン以外の作品だと『ジャンボーグA』のジャンボーグAや上記の『アイアンマッスル』のグラップルマシン全機、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキトージャ他、『トリコ』のGTロボ鉄人28号のような完全無線型だが)もこれに該当する。

上半身だけではあるが『闘将ダイモス』のダイモスもこれに近い動かし方をしている(パイロットは空手家であり、スパロボではドモンと友情を結んだり時にはガンダムファイターと互角扱いされたりしている)ほか、『機動警察パトレイバー』のイングラムは普段はレバー操作であるものの、精密作業用として同機能が搭載されており、パイロットは自主訓練であやとりをやってみせた。

また『魔法騎士レイアース』の魔神や『覇王大系リューナイト』のリューなどGガンと同世代の作品にもこのシステムが採用されている例もあり、同様にダメージがパイロットにフィードバックされるルールが設けられている。

更に『GEAR戦士電童』の電童や『パシフィック・リム』のイェーガーなどは複座式でありながらこの操縦システムが採用されている(イェーガーの場合は右半身と左半身を分担しているらしい)。


コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 一発ネタ、種、続々

    勢いで書こうと酒を入れる→寝落ち→間に合わない→雑になるのコンボ え?もともと雑?ですね。
  • 一発ネタ、種、続

    一応前回のネタから続いて運命には繋がらずなんか緩い感じに停戦が成立したとかそんな感じの世界です。深くも浅くも考えないでください。 しかし内容で勝負出来ないのに段々投下が遅くなってるという 戦闘部分?書けたら書きます(駄目人間丸出し)
  • 一発ネタ、種

    暇人と名乗る男は いや、あれですよ。マリューさんのFS着用イラストとか見て、ストライクがモビルトレースシステム積んでたらとか考えてたら、邪悪な意思に筆が動かされたというか。つまりいわゆるゴルゴムの仕業なんですよ。ハイ 色々キャラの頭が悪そうに見えるのもゴルゴムの仕業なんですよ。ハイ しかしこの状態でシュベルトゲベールを使うとね、ハイ、両手で構えた場合ね、腕でね、ハイ 青少年組には大変危険なので映像は責任者によって厳重に保管されるでしょうね。一部の人間のみ閲覧可能ということで などと供述しており ※2月20日微妙に追記修正しました

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    漫画:柑奈まち 原作:りったん,漫画:月結草 原作:花散ここ,漫画:こっこ 原作:有沢真尋,漫画:夜渡よる 原作:丹空舞,漫画:黒渕かしこ ネーム構成:薄灯森 原作:ミズメ

    読む

pixivision

カテゴリー