ピクシブ百科事典

GEAR戦士電童

ぎあふぁいたーでんどう

GEAR戦士電童はサンライズのメディアミックス作品のひとつ。漫画、CDドラマ、ゲーム、ノベライズにそれぞれ出展している。同時に同名の巨大ロボ『GEAR』の名称でもある。
目次[非表示]

概要

テレビ東京系で2000年10月4日から2001年6月27日まで放映されたロボットアニメ。全38話。後にCDドラマが3編製作されたほか、スーパーダッシュ文庫からノベライズ前後編、外伝が発表された。コミックボンボンでも今木商事の作画によるコミカライズが掲載されていたが、荒唐無稽な超展開からキャラの進退と結末が異なる。放送当時では珍しかったWebサイトが存在するなど先駆的な作品でもある。
のちに『機動戦士ガンダムSEED』シリーズを手掛ける福田己津央両澤千晶コンビがメインスタッフを務めた作品である。

企画のコンセプトは『アニメ雑誌が来ない様な作品』。子供向けのロボットアニメを意識して飽きさせない様に1話づつじっくりと描くのではなく、テンポ良くジェットコースターの様に怒涛の展開を選んでいる。テーマも『友情』とド直球であり、それに対応してのダブル主人公と話題も多かった作品である。その一方で謎の少女、戦う母、熱血青年、仮面の男、アイドルグループと、監督らスタッフの考えによるターゲットはかなり幅広い年齢層を意識していたことが後のインタビューなどで語られている。
企画段階では多数のGEAR戦士が試合を行い勝敗を競うというゲーム的展開なども考えられていたが不採用になった。また主人公も双子の兄弟というのが初期案だった。

当時発売された玩具はモーターとギアの連動で手足のタービンが回転し、別売りのギアコマンダーを用いての回転速度の設定やデータウェポンなどの連動など玩具的に画期的なものだった。フルアクションモデルである『メテオアクション』や『メテオファイル』も発売、~アクションは単品版、~ファイルはデータウェポン同梱版となっていた。当時の売れ行きは芳しくなかったものの、デザインと作品自体の高評価によって『スーパーロボット超合金』など立体物に恵まれており、最近発売されたスーパーミニプラでは「フルアーマー電童」のオプションまで立体化されるといったことまで起きている。

スーパーロボット大戦』ではRMXX-Ωに参戦。

元々3クールのため打ち切りではないものの玩具に関しては売上不振だった。しかし作品の出来自体は好評で続編の話があったが、監督が『機動戦士ガンダムSEED』の準備があり断ったとのこと。この際の『電童2』の没デザインは放送終了後に会員制の公式サイト企画『電童ファンクラブ』にて掲載された。

当時、アニメの制作環境が従来のセルアニメからデジタルアニメへの過渡期ということもあり、セル画デジタル彩色を併用して製作されている。バンクや一部のシーンで彩色に違和感があるように感じるのはその為。ただし、終盤は全編デジタル製作に移行。

あらすじ

星が綺麗なある夜。遥かな夜空から、一人の美少女と、6つの光が落ちてきた。
それから17年の月日を経て、あらゆる知的生命体を滅ぼそうと目論む機械帝国ガルファが、遂に地球にその侵略の牙を剥いた。に前線基地螺旋城を建造したガルファは、恐るべき機獣を作り出し、地球抹殺を敢行する。
星見町に暮らす空手少年の出雲銀河と、越して来たばかりの草薙北斗は、機獣から逃げ惑ううちに、廃墟と化したドーム球場の中から現れた青いロボットに捕まり、コックピットに誘導されてしまう。わけもわからぬまま、仮面の美女・ベガに言われるがままに銀河と北斗は青いロボット_電童を動かし、機獣を撃破する。

ベガの所属する秘密組織GEARに入ることとなった銀河と北斗は、世界中に散ったデータウェポンをすべて回収し、ガルファを撃退する為に戦うことを決意する。

登場人物

地球人


アルクトス人


機械帝国ガルファ

  • ガルファ皇帝/ゼロ(CV:速水奨)
  • 螺旋城(CV:西村知道)
  • Gアブソルート(CV:野島健児)
  • Gグルメイ(CV:一条和矢)
  • Gウィッター(CV:高戸靖広)
  • アルデバラン(CV:長嶝高士)


登場メカニック

GEAR戦士電童

GEAR戦士


 
惑星アルクトスに伝承されていた『七つの御使い』と呼ばれた二人乗り用のGEAR。操縦には電童の意思に選ばれた者にしか出来ない。17年前に皇女ベガにより発見され、電子の精獣データウェポンと共に封じられていたが、宇宙船メテオで母星脱出後、地球に落下。地球人の手で極秘理に回収され、『G』作戦の切り札とされた。当初はベガと吉良国のコンビがパイロットであったが、機体の意思により北斗と銀河を選んだ。

基本はコクピットの操環を通して操縦者の動きをトレースした格闘戦を行うが、操縦者二人の一矢乱れぬ統制された動作が必要不可欠。これは、高度な技術により完成された相互防御機能によるもの。どちらかが倒れれば補い、あるいは片方が暴走すれば止めに入る主でも従でもない操作法である。

移動や防御には四肢に備えられた巨大タービンハイパープラズマドライブをギアコマンダーにドライブインストールさせ力を与える。最大の必殺技はDWとの合体による『ファイナル・アタック』であるが、繰り出した後は殆どのエネルギーを放出し空になる事から余程の事態の無い限り一撃は外せなかった。巨大な単3電池『ハイパーデンドーデンチ』二本を使用、バックパックを後ろにスライドすることで電池交換を行う(玩具では背部に電池ボックスが入っているためこの交換ギミックが採用された、とのこと)。

普段はGEAR本部地下に収容され、コマンダーからの電波を受信して、赤の射出用コクーンを装備し出撃する。ただしフルアーマー時にはコクーンが使用できなかったため海底からのエレベーターゲートを用いて出撃した。

宇宙空間でファイルセーブを行う描写があるが、空気が漏れないよう特殊フィールドを展開できる機能が施されている。一定空間ならその機能が働いているため至近距離ならコックピット同士の行き来も可能である。

基本データ
全高:25m(バイザーオープン時)
重量:399.8t
出力:736MW
地上走行速度:72km/n
疾風激走脚最大走行速度:999km/h
ドライブ回転数:1223rpm
乗員:2名(1名)※騎士凰牙のシステム移植によるもの。

各話リスト

話数サブタイトル
1始まりの日-電童出撃-
2出現!ユニコーンドリル
3騎士凰牙来襲!
4戦慄の螺旋城
5炸裂!バイパーウィップ
6レオサークルの勇気
7突撃!ブルホーン
8新しい仲間
9消えたデータウェポン
10電童破壊0秒前
11決戦!電童対凰牙
12危機の予感
13銀河の父、帰る
14電気が無い!
15怪談!学校のデータウェポン
16月の悪魔
17ラゴウの牙
18深度8000Mの戦い
19よみがえる命
20燃えろ!銀河!!
21黒騎士復活!
22母の秘密
23閉ざされた記憶
24長い夜
25炎の中で
26螺旋城の落ちる日
27忍び寄る影
28スバルの挑戦
29北斗の危機!
30最大の敵!
31北斗の叫び、銀河の涙
32飛べ!スバル!
33GEAR壊滅!
34ゼロ・アタック!!
35発進!宇宙(そら)へ
36嵐の海
37アルクトスの真実
38星の伝説-そして、始まりの日-



余談

本作は当初2000年4月開始~12月放送予定で製作される筈だったのが、製作遅延で半年延期となった(半年分の穴埋めは別の番組で補った)。最終展開で放送が6月なのに劇中の季節が冬だったのもそれが原因である。
当初は「20世紀最後のロボットアニメ」というキャッチコピーで放送する筈だった。

上述の通りスパロボには2回参戦しているが、プロデューサーの寺田貴信曰く「スタッフとしても嫌いな作品ではないが、原作再現などの様々な制約のせいで「スパロボ殺し」な作品」らしく、そのせいで再参戦が中々叶わないとのこと。
例を挙げるなら

  • 補給装置で回復できず、弾数制で補給では補充できないハイパーデンドーデンチ
  • ファイナルアタックを使用すると強制的に残りENが10。しかも威力もそこまで高くない。
  • データウェポン装備は『変形』扱いで能力はそのデータウェポン装備時しか使えない
などデメリットがかなり強調され、扱いにくい。シナリオの中核を為すせいで強制出撃が多い。下手したら生身ユニットのベガのほうが強い。

フルアーマー形態や挿入歌の実装も、発売延期によって生じた開発期間の中でかなり無理して入れてもらったらしい。

関連タグ

株式会社サンライズ 
GEAR戦士電童外伝_蒼天の騎士_天空の乙女

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

株式会社サンライズ かぶしきがいしゃさんらいず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「GEAR戦士電童」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「GEAR戦士電童」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521218

コメント