ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

1990年代以降、コンピュータの進化、コンピュータの使用によるコスト低下、富士フイルムのセル画用セルの生産中止、セル専用塗料(アニメカラー)の調達問題などが重なり、それまでのセルアニメからデジタルアニメへの移行が急速に進展した。


日本では1997年から2002年の5年間に、セル画からデジタル彩色へと移行していった。


テレビアニメでは、1997年4月の『ゲゲゲの鬼太郎 (第4シリーズ)』(第64話以降)や『超特急ヒカリアン』等で本格的にデジタル彩色の導入を開始したが、それ以前の作品にも部分的にデジタル彩色が使用された事がある。


ただ、アニメ制作会社毎に機材導入の時期が異なり、『ロスト・ユニバース』など過渡期の一部作品ではCGとセル画のパートをそれぞれ用意して編集して一本の作品に仕上げる手法も取られた。


このうち、東映アニメーション作品はTVシリーズは『金田一少年の事件簿』第69話、劇場作品は2000年公開の『ONEPIECE』を最後にセル画制作を打ち切り、デジタル彩色に移行。他社作品に関しても、1999年に『ちびまる子ちゃん』、2002年に『ドラえもん』と2000年代前半までにほぼデジタル彩色による製作へ変更された。セル画による作画を継続していたのは『サザエさん』である。製作会社のエイケンは雰囲気を出すために、あえてアナログな作り方にこだわる姿勢を見せていた。だが、セル画はハイビジョン放送との相性が悪く、視聴者からも映像が汚いなどの不満が寄せられるようになり、サザエさんもオープニングおよびエンディング、特番については、セル画からデジタル彩色へ一部移行されていた。2013年10月6日の放送分より本編を含めて完全デジタル彩色へ移行。なお、同社初のデジタル制作作品は2001年の『ゴーゴー五つ子ら・ん・ど』である。


1998年GONZO制作のOVA作品『青の6号』は当時珍しかった3DCGを多用したことでも注目され、OVA初のフルデジタルアニメとして宣伝された。


アナログ時代にはフィルムで撮影されていたが、デジタルアニメではコンピュータから直接ビデオへ出力するため、フィルム撮影が不要となりコストダウンがされている。フィルムとビデオでは映像の質感が異なり、アナログのフィルムは柔らかい質感、ビデオはクリアな映像が特徴である。当初ビデオ映像のデジタルアニメはは従来のフィルムアニメより、クリアで明るすぎる発色に違和感があったりするといわれていたが、2007年以降はデジタルテレビの普及もあってセルアニメを凌ぐ美しさを持つ作品もみられる。


色数の制限が無くなってほぼ無限のバリエーションが使えるようになり、グラデーションなどが、これまで以上の表現が可能になった。


制作中にデジタルへ移行したアニメ編集


セル画と併用したアニメ編集


関連タグ編集

アニメーション セルアニメーション

関連記事

親記事

アニメーション あにめーしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました