ピクシブ百科事典

ASTROBOY

あすとろぼーい

『鉄腕アトム』の英名。またはアニメ第3期『ASTROBOY 鉄腕アトム』のこと。
目次[非表示]

由来

日本初のTVアニメ番組『鉄腕アトム』は日本で初めて海外放送されたのだが、アメリカ輸出する際に「atomは『オナラ』を表すスラングだからカッコ悪い」と言われ、急遽変更されたのが『ASTROBOY』というタイトルだった。
 後にアトム誕生の年である2003年に製作された第3期アトムもこのタイトルが逆輸入されて『ASTROBOY 鉄腕アトム』のタイトルで放送されることとなったのである。

概要

『ASTROBOY鉄腕アトム』は2003年から2004年にフジテレビ系列で放送された。
アニメーション制作は手塚プロダクション
2003年とは鉄腕アトムの誕生した設定年代であり、それに合わせて原作を大胆にリメイクしたアニメとして製作された。
OP・EDはデジタル、本編はセル画で製作され、手塚作品のセルアニメとしては最後の作品となった。
話は人気のある「アトラスの巻」や「地上最大のロボット」などを中心にほとんどをオリジナルエピソードで繋ぎ、手塚スターシステム死ぬほど贅沢に使用している。
本作は1期、2期とは異なり最初からお茶の水博士がアトムを保有している。そのため天馬博士がアトムの製作者であることは中盤まで伏せられていた。
中盤で原作最大の山場となる青騎士編が開始し、物語は最高潮を迎える。
この作品で天馬博士を演じる俳優の大和田伸也は、さまざまなアトムグッズを自宅リビングに飾り、「アトムは、理想の息子」と言うほど少年時代からの鉄腕アトムの大ファンであり、これを知った手塚プロダクション関係者より念願かなって天馬博士の声を担当した。
OPはあえて「鉄腕アトム」(空を越えてラララ星の彼方のアレ)を使わずZONEの「True Blue」を使用している。今の10代・20代にはとてつもなく琴線に触れる名曲である。また中期はCHEMISTRYの「Now or Never」になり、これもまたイメージをガラリと変えて視聴者にインパクトを残す。
ちなみに後期EDが「鉄腕アトム」をカバーしたもので、放送エピソードの内容によりスカパンクバージョンとバラードの二つを使い分けている。
前期EDは藤井フミヤの「BOY'S HEART」。フミヤは劇中でもロック声優として出演している。
脚本家や監督の中には平成ウルトラマンシリーズを担当した者(太田愛長谷川圭一など)が多く参加している。

本作と原作の違う点


登場キャラクター


友人・協力者


敵対人物


ライバル


その他人物


その他ロボット


主題歌

オープニングテーマ

「true blue」 (第1話~第25話,第49話,第50話)
作詞:町田紀彦
作曲:町田紀彦、吉松隆
編曲:山原一浩
唄:ZONE

「Now or Never」 (第26話~第48話)
作詞:m-flo、CHEMISTRY
作曲、編曲:m-flo
唄:CHEMISTRY meets m-flo

エンディングテーマ

「BOY'S HEART」(第1話~第25話,第34話,第35話,第49話,第50話)
作詞、作曲:藤井フミヤ
編曲:屋敷豪太
唄:藤井フミヤ

「鉄腕アトム(バラードバージョン)」(第26話,第28話,第32話,第37話,第38話,第40話~第43話,第45話~第48話)
作詞:谷川俊太郎
作曲:高井達雄
編曲:山原一浩
唄:ZONE

「鉄腕アトム(スカパンクバージョン)」(第27話,第29話~第31話,第33話,第36話,第39話,第44話)
作詞:谷川俊太郎
作曲:高井達雄
編曲:ha-j
唄:ZONE&Run Time All Stars



表記揺れ

ASTROBOY鉄腕アトム
アストロボーイ - 登録数はこちらの方が多い

関連項目

手塚治虫 手塚作品

関連記事

親記事

鉄腕アトム てつわんあとむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ASTROBOY」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149330

コメント