ピクシブ百科事典

ケン一

けんいち

手塚作品の常連キャラ。
目次[非表示]

もしや…→藤子作品のケン一氏

概要

 手塚治虫作品のごく初期から登場する名物キャラ。どんぐり目少年
 最初の単行本である『新宝島』でいきなり主人公(この際の名はピート)としてデビューし、初期作品では『地底国の怪人』『吸血魔団』『一千年后の世界』などで主役を張り、手塚がアマチュア時代に執筆していた作品『ロストワールド』のリメイクではメインキャラの敷島博士役に抜擢された。
 その後、手塚治虫初の雑誌連載である『ジャングル大帝』にも出演し『ケン1探偵長』でタイトルに名を冠した他、『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』などの超メジャー作品にも登場している。

役としての特徴

基本は善玉キャラとしての登場が多く、「清く正しく健やかな」少年役。
漫画がまだ子供の物であった時代は、親が好む正義の少年像そのもので有ったケン一は、非常に多く出演していたが、読者層や価値観の多様化に伴い悪く言えば綺麗すぎて普通、無個性な彼は出番を減らす結果になってしまった。
しかしデビューから長きに亘り共に歩んできた彼に対する思い入れは、手塚治虫自身相当な物が有ったらしく前述のケン1探偵長も彼に対する労いの意味も有って開始されたらしい。

関連項目

手塚スターシステム
ロック・ホーム
ヒゲオヤジ・・・叔父と甥として描かれていることが多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ケン一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9750

コメント