ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

手塚治虫による長編漫画作品。それを原作とした日本のTVアニメである。
白いライオンパンジャ、その息子レオ、またその子供であるルネとルッキオ、親子三代にわたる成長と神秘の石「月光石」を巡る人間とのふれあいを描いた大作。
高い物語性は大きな評価を得て連載誌『漫画少年』は全150ページほどの雑誌に過ぎなかったが、連載中最大で16ページを割く看板作品として君臨していた。
舞台がアフリカと言う事も有り内容の一部が黒人差別をなくす会の槍玉に挙げられている。
しかし手塚作品の中でも理想主義、勧善懲悪的な主人公で教育的な要素が強い事から教育関係者からの評価は高かった。
何度も作者がリテイクを繰り返したため、単行本の中には『ブラック・ジャック』辺りと同じ新しい画風になっているものもある。

「ジャングル大帝」と「ライオンキング」


(これ以外にも、例えば「Kimba vs Simba」と検索すれば他にも検証動画が見つかる。)

ディズニーの長編アニメーション映画「ライオンキング」公開当時、「ジャングル大帝」に一部のストーリーや設定が酷似していると話題となり、日本の漫画家とディズニーとの対立に発展した。ディズニー側のエピソードもかなり存在するが、そのいくつかを下に挙げる。

  • 原語版のシンバ役の声優が「てっきりキンバ(レオの英語名)を演じると思ってた」とコメントしていた。
  • 制作途中のシンバの名前はキンバだった
  • 当時の「ライオンキング」の制作現場にいた人物の教え子が「現場には「ジャングル大帝」の漫画が大量にあったと先生が言ってた」ともしている。

遊びたい


ディズニーは「ジャングル大帝」を知らず、「バンビ」「ハムレット」から着想を得たディズニールネッサンス初のオリジナルだと主張した。だが、対立は(手塚側が「向こうには最強の弁護士軍団がいるから…」と身を引いて)発展に至らず収束した。

ちなみに手塚自身は「ジャングル大帝」の構想を途中で変えたのは、連載中に見た「バンビ」に感銘を受けたからと明記しているので、手塚とディズニーは相思相愛であったとも言える。ちなみに、バンビとディズニーの間にもややこしい問題がある。

なお、手塚自身も初期の頃にはミッキーマウスを自分の漫画に登場させており、おあいこ…なのかは不明。

  • 似たような例だと、水木しげるの「ロケットマン」や「飛び出せ!ピョン助」や「怪獣ラバン」がある。ラバンに関しては、水木側が東宝に影響を与えたと思わしいケースもあり、そもそもゴジラそのものが…。

西武ライオンズ

本作、ジャングル大帝は大人気になり西武ライオンズのマスコットとして使われている。ちなみにライオンズのあのマークのライオンはレオではなく父パンジャが元である。

キャラクター

パンジャ
レオ
ライヤ
ケン一
ヒゲオヤジ
ハム・エッグ

関連タグ

手塚治虫
ケモノ 埼玉西武ライオンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャングル大帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152561

コメント