ピクシブ百科事典

奇子

あやこ

奇子とは、手塚治虫の漫画作品。
目次[非表示]

概要

1972年から1973年まで小学館ビッグコミックに連載された。
戦後のレッドパージや下山事件などをモチーフにした暗く重い作品で、殺人近親相姦、古い「家」制度内でのドロドロとした人間関係、後味の悪いラスト等黒手塚全開の作品ともいえる。

登場人物

天外奇子(てんげあやこ)

ヒロイン。次兄である仁朗の殺人を目撃したため、23年間土蔵の中に幽閉されていた。

天外伺朗(てんげ しろう)

奇子のすぐ上の。知恵が働く。一家の中ではまともな方だったが、奇子と関係をもってしまう。

天外志子(てんげ なおこ)

奇子ので、伺朗と市郎の中間にあたる娘。

天外仁朗(てんげ じろう)

奇子の次兄。GHQスパイとなり、殺人を犯した。その後祐天寺富夫と名を変え大物ヤクザとなる。

天外市郎(てんげ いちろう)

奇子の長兄。家の面子のため奇子を土蔵に閉じ込める。

天外すえ(てんげ すえ)

市郎の妻で奇子の実母。戸籍上では義姉ということになっている。

天外作右衛門(てんげ さくえもん)

奇子の父で女癖が悪く、長男・市郎の嫁のすえに手を出して奇子を産ませた。

天外ゐば(てんげ いば)

夫に従順な作右衛門の妻。戸籍上は奇子の母。


関連タグ

手塚治虫
陰陽座  この作品を元ネタにした曲、「奇子」がある。
近親相姦 座敷牢 軟禁

pixivに投稿された作品 pixivで「奇子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93933

コメント