ピクシブ百科事典

アセチレン・ランプ

あせちれんらんぷ

手塚治虫のキャラクターの一人。通称ランプ。
目次[非表示]

概要

手塚治虫の旧友がモチーフになったキャラ。プロデビュー以前の漫画にも登場しており、手塚漫画ではヒゲオヤジに並ぶ古株。最初に登場したロストワールドの印象があまりに強いせいか、悪役としての登場が多いが、70年代あたりから善玉としての出演も目立つようになった。

たまにの後ろに蝋燭を立てているが、キャラのモデルにした友人の後頭部が凹んでいるのを見て、ろうそく立てに見立てたものからきている。


主な活躍

ロストワールド

「青いものが食いたい! 野菜が食いたい! 果物が食いたい!!」
地球に接近した遊星・ママンゴ星の秘密を探るために探検隊のロケット密航した新聞記者として登場。保身のためなら何でもする悪辣な男であり、餓えに狂って人間の姿をした植物人間・あやめを殺害してその死体を貪り食う、国際陰謀団との乱戦にて弾薬の補給を懇願する探検隊員に「じゃあすぐやるよ」と言って射殺する、その後寝返って味方に付いた陰謀団もサッサと見限って暗殺するなどといった悪の大盤振る舞いを見せたが、その最後は私家版(原作)にしろ単行本版にしろ、その悪行の報いを受けるかのような悲惨なものだった。

鉄腕アトム

「悪人というものは最後には滅びてしまうものなんですね」(アトム
 何度か登場しているが、『冷凍人間の巻』ではウラン鉱石を強奪してで逃走しようとしたあげく、横を飛んでいたアトムに気を取られてハンドルを切り損ねて事故死してしまい、アトムに冒頭の台詞を吐かれている。
 3作目のアニメである『ASTROBOY 鉄腕アトム』では、過去のトラウマからロボット排斥を唱える人間至上主義者(政治家)として全編を通じて登場。最後はアトムに敗れて逮捕されてしまう。ゲーム版『アトムハートの秘密』ではアトムと和解する。

ジャングル大帝

「ルネをよこせ」
 元ナチス軍人だったハム・エッグに収容所で暴行されていたというユダヤ人、という設定(どこかで聞いたような設定だ)。そのことを理由にハム・エッグを脅迫するなどやはり悪党。その後ダンディ・アダムが二重スパイであることを突き止めてルネを奪おうとアダムを脅迫するもアダムは断固として拒否し対立。アダムのサーカス火事になった際も揉み合っており、結果2人まとめて逃げ惑うの軍団に踏みつぶされて死亡する。

落盤

「これで石井もくたばるだろう、かわいそうだが・・・」
 前橋(ランプ)は大村と名乗る少年とともに20年前に落盤事故があった炭鉱を訪れる。前橋はその際同僚だった石井が自分をかばって殉職したと話すが、大村はその発言の矛盾を次々と指摘する。実は大村は石井の息子で、父を殺害した前橋に復讐しに現れたのであった。
 証言の再現画像は信憑性が高まるごとに写実的になるという独特の演出も見どころ。

キャプテンKen

「その辺で辞めときなさい、このマンガの質が下がる」
 江戸弁沖田総悟とかカモ君みたいなアレ)を話す、隻眼殺し屋・ランプとして登場。金のためなら何でも行う悪党、といった感じだが「ロストワールド」「アトム」「ジャングル大帝」あたりに比べれば「ライバルキャラ」としてまだマシな描かれ方をしている。

ブラック・ジャック

「だけど実際に救ってるんでしょうが! 人の命を!」
 数えきれないほど登場している。主な活躍としては『獅子面病』『山手線の哲』に登場する友引警部役が有名。事実アニメ版ではほぼ友引警部役でしか出演していない。
 他にも『閉ざされた記憶』ではヘック・ベンと組んでヒゲオヤジの握る大量のガソリンの在処を探る悪漢として登場するが、この話のラストではとんでもないことになる。

アドルフに告ぐ

「残念ですが総統、あんたはここでシマイだ」
 おそらく歴代で最もランプが活躍した作品。
 ナチスゲシュタポ極東諜報部長として登場し、主人公の峠草平らと対立する。超人的な打たれ強さを持ち、の腕は超一流。そしてラストでは、『閉ざされた記憶』の比ではないほどとんでもない行為を行う。


関連イラスト

アセチレンランプ
つくね。



関連項目

悪役 悪の美学 黒縁眼鏡
ハムエッグ スカンク草井 ロック・ホーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アセチレン・ランプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23038

コメント