ピクシブ百科事典

メトロポリス

めとろぽりす

メトロポリス(Metropolis)とは大都市のこと。または1927年の映画作品。あるいは手塚治虫原作の漫画作品と、それを原作としたアニメーション映画のことである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 首都大都市のこと。日本で言うと東京を指す。
  2. アメリカイリノイ州南部の都市の名前。
  3. ドイツ人映画監督フリッツ・ラング1927年に製作したサイレント映画のタイトル。
  4. 1949年昭和24年)に発表された漫画家手塚治虫漫画作品と、それを原作としたアニメ映画
  5. アメリカのDCコミックスに登場する架空の都市。スーパーマンのホームグラウンド。


3.の概要

メトロポリス


今なおSF映画金字塔と呼ばれる名作
そのアンドロイド造型(ちなみに、「素体ガワをつける」という美しくもまがまがしいシーンがあるが、ガワと「中の人」は同じ人)はのちのデザインへ影響を与え、そのガイノイドが躍る扇情的な舞踊はニコニコ動画の素材(詳細は「VIP先生」の項目で)となった。
科学技術が隆盛を迎えた巨大な未来都市では、市民間の貧富の差が拡大していた。そんな中、地上の富裕層の少年(お父さんがヨハン・フレーダーセンだから一応「フレーダー・フレーダーセン」になるんだよなやっぱ)と地下の労働階層の少女が出会う。二人は労働者達に双方の絆の重要性を訴え、ストライキの機運が起こることになる。少年の父親である社長は(いろいろあって関係がドロドロした知り合いのマッドサイエンティストにお願いして)少女を誘拐、代わりに少女そっくりの人造人間を作って地下に送り込み事態の収拾を図るが、物語は思わぬ方向へ動き出す。

画像のロボットマリア(俗称)は、後に千之ナイフの漫画シークレットレディで、
メイドロボ"ヘルさん"としてオマージュされた。

4.の概要

who am I ?
人造人間



上述した1927年の映画『メトロポス』をモデルに、未来社会を舞台にしたSF漫画であり、発展しすぎた科学技術の力が人類に危機を及ぼす様を描いた作品である。急速な科学技術の発展は今まさに現実で起きている現象であり、それによって危惧されている事象を見事にとらえている。
作品が発表されたのは1949年であり、未来都市「メトロポリス」の姿は当時のアメリカ合衆国の大都市をモチーフとしている。

2001年にはこれを原作にした映画が公開された。
大友克洋りんたろうによる劇場版では、フリッツ・ラング版『メトロポリス』の設定も取り入れてストーリーが全面的に改変され、原作にない要素も加えられている。ジャズ風のBGMに乗せて緻密に描かれる大都市の描写は圧巻。
原作同様、発展しすぎた科学技術によって人類が危機に晒される様子が描かれるが、同時に手塚が『鉄腕アトム』で取り上げた、「人とロボットの共存」というテーマも盛り込まれている。
日本ではそれほどヒットしなかったが、アメリカ合衆国での評価は高く、「史上もっとも優れたアニメのひとつ」とすら称されている。

物語

漫画版

科学の全盛期を迎えた時代、大都市「メトロポリス」が近未来都市として発展し続けている中、突如として太陽に無数の黒点が現れる事態が生じた。メトロポリスで人造生命の研究をしていたロートン博士は、黒点が発する放射線の力で人造タンパク質に生命が吹き溢れ始めたことに歓喜する。
しかし、秘密組織レッド党党首レッド公に脅され、ロートン博士は凶悪な能力を持った人造人間を作り出してしまう。人造人間の悪用を恐れたロートン博士は、事故と見せかけて研究所に火を放ち逃亡、人造人間をごく普通の人間として育てることにした。
数ヶ月の時が経ち、レッド党に所在を見抜かれてロートン博士は殺されてしまうが、彼は死ぬ間際、現場に居合わせた私立探偵のヒゲオヤジに人造人間を託す。
ロートン博士によって「ミッチイ」と名付けられていた人造人間は、ヒゲオヤジの甥っ子のケンイチと共に学校へ通うことになるが、事情を知るケンイチはミッチイを狙うレッド党との戦いに巻き込まれることになるのであった。

劇場版

――「心のないロボットに、愛は生まれるか」
私立探偵のヒゲオヤジと甥のケンイチは、国際手配されている科学者・ロートン博士を追い、人とロボットが共存する大都市「メトロポリス」へとやって来る。メトロポリスでは丁度、街の有力者レッド公の出資で建造されていた超高層ビルジグラット」が完成し、新たな繁栄のシンボルを称えた式典が催されていた。
しかしこのメトロポリスの「共存」とは名ばかりで、ロボットたちは人間に酷使され、またロボットによって仕事を追われた労働者の多くが貧困街に暮らす、不平等な社会が広がっていた。

捜索の末、ケンイチとヒゲオヤジはロートン博士が潜伏する施設へと辿り着く。しかしそこは既に何者かによって襲撃され、火災によって倒壊しつつあった。中に突入したケンイチはそこで少女・ティマを発見する。逃げ遅れたと思われるその少女は、自分のことを含め何も覚えていなかった。
彼女の正体は、レッド公が亡き娘をモデルにしてロートンに作らせた人造人間であり、レッド公が自らの権力を永遠のものにすることを目的に生み出された存在であった。そうとは知らずティマを助けたケンイチは、彼女を巡る争いに巻き込まれることになってしまう。

登場人物

ケンイチ(声:小林桂
ヒゲオヤジの甥。人造人間の少女を巡り、レッド公らと対立する。
初出は『新宝島』のピート少年。『鉄腕アトム』ではアトムの級友としても登場している。

ミッチイ(原作版)
天使のように美しい容姿と、悪魔のような力を併せ持つ無垢な人造人間。
外見(性別)を自在に変えることができ、少女にも少年にもなることが可能。
   ↓
ティマ(劇場版/声:井元由香
原作におけるミッチイ。両性具有のミッチイとは異なり、完全な少女型の人造人間。
レッド公が造らせたロボットで、名前と容姿はレッド公の死んだ娘に由来する。
何の情報もインプットされておらず、赤ん坊同然の状態でケンイチらに保護される。

ヒゲオヤジ(声:富田耕生
ケンイチの伯父。手塚作品で大活躍する、読者にとってはお馴染みの私立探偵。

レッド公(声:石田太郎
本作の黒幕。漫画版では強大な犯罪組織「レッド党」のリーダー。
劇場版ではメトロポリスの有力者であり、自警団・政治結社「マルドゥク党」の設立者。
自らの野望のためにロートン博士に作らせた人造人間の力を利用する。

ロートン博士(声:滝口順平
人造人間ミッチイ(ティマ)を作り上げた科学者。
漫画では善良な科学者であるのに対し、映画ではイイ感じにマッドサイエンティスト

ペロ(声:若本規夫
劇場版のみに登場した、メトロポリス警察のロボット刑事。
正式名称は「803-D,R-P,D.M.497-3-C」。「ペロ」はヒゲオヤジが付けた愛称。

アトラス(声:井上倫宏
ロボットの普及により職を奪われ、スラム街暮らしを送る失業者青年
ロックに追われるケンイチ達を助けるも、ロボットを快く思っておらず、無害なロボットにまで攻撃を加える一面を持つ。

ロック(声:岡田浩暉
劇場版のみに登場するキャラクター。モデルは『少年探偵ロック・ホーム』のロック・ホーム
結社「マルドゥク党」を率いる若きリーダーで、レッド公に心酔している。
レッド公の心を奪うティマの存在を快く思わず、彼女を亡き者にしようと執拗に追跡する。

ミキマウスウォルト・ディズニー
ハハッ

作中では隆大介やなせたかし永井豪などが友情出演している。

関連項目

手塚治虫 漫画 SF SF映画 アニメ映画
人造人間 首都 都市 ポリス 手塚スターシステム ディストピア

メトロポリタン

関連記事

親記事

曖昧さ回避 あいまいさかいひ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メトロポリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 569620

コメント