ピクシブ百科事典

ティマ

てぃま

ティマは手塚治虫原作の漫画『メトロポリス』の劇場版に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「ワタシハ…ダレ…」

概要

CV:井元由香

劇場版『メトロポリス』のキーキャラクター。原作の「ミッチイ」に相当する。
人とロボットの共存都市「メトロポリス」の影の支配者であるレッド公が、科学者のロートン博士に作らせた人造人間。名前と容姿はレッド公の死んだ娘がモデルとなっている。
周りが「天使」と称するほどの美少女であるが、それに反して世界を滅ぼすほどの強大な力を秘めている。 超高層ビルのジグラット最上部にある「超人の間」に座ることでその真価を発揮できる。
生まれたばかりの赤子のように知識も記憶もなく、自らが人造人間であることも知らない。

容姿

12歳前後の少女。両サイド側が広がったショートボブの金髪をしていて、瞳の色は緑色。
ケンイチから渡された緑を基調とした市松模様のジャケットを着ている。
天から光が降り注ぐ中、金色に輝く髪を風になびかせながら空を見上げることが多く、その姿は周りの人々が注目するほど美しい。作中では白い鳥を連れている描写も多い。

メトロポリス


見た目は人間らしいが、後半において人造人間として力を使った際に、右半身がオイルのようなもので黒く染まり、メカニックな部分が顕著に現れるようになる。正確には人造的な皮膚が剥がれて人造人間としての内部が露見したのかもしれない。

性格

作中で見られるロボットと異なり人間らしい姿をしているだけではなく、感情を持つ。
データが何も挿入されていなかったのか当初は知らないことだらけであったが、初めて出会ったケンイチを慕い、色々なことを教わる中で徐々に人間らしい個性を持つようになる。

後にティマはアトラスが率いる人間たちのクーデターにより無害なロボットたちが惨殺される場面を目撃してしまい、人間の身勝手さと罪もないロボット達の命が失われることを嘆いた。
このためか、自身がケンイチとは違う存在であり、かつ自分も人間に荒らされる機械であることに否定的な感情を持つようになる。

活動

ロートン博士の地下研究室で作られたが、何者かの襲撃を受けて研究室は火事になってしまう。
時同じくして、国際手配されていたロートン博士を追って私立探偵のヒゲオヤジとケンイチが研究室に辿り着いた。火事になった研究室の中、逃げ遅れたかのように佇んでいたところを、救助に向かったケンイチによって助け出される。
記憶喪失なのか、自らの名前さえも覚えていなかったティマはケンイチに様々なことを教わることとなる。

彼女の正体は世界の支配を画策するレッド公の切り札となる存在である。高層ビル「ジグラット」にある「オモテニウム発生装置」と呼ばれるロボットたちに誤作動を及ぼす兵器を起動させるために作られた。
レッド公の目的はティマを利用した世界征服であったが、レッド公の養子であるロックはティマのことを快く思っておらず、レッド公に執着していた。それ故に彼女の破壊を目論み、ケンイチとティマは共に危機にさらされてしまう。

関連項目

手塚治虫 メトロポリス 人造人間 アンドロイド

関連記事

親記事

メトロポリス めとろぽりす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ティマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78866

コメント