2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ASTROBOY鉄腕アトム」の敵キャラクター・加田里ゴードン が所属するテロ組織

実態


AIロボット排斥運動の中心人物であるアセチレン・ランプリーダーに活動し、
数々のテロ事件を引き起こしては
その罪をAIロボットに擦り付ける事で人々のロボット感情を煽っている。
AIロボットの評判を落とすためなら、関係のない人間や自分たち組織の構成員の生命を犠牲にする事すら意に介さない危険思想で塗り固められたテロ組織。
物語終盤における青騎士のロボタニア建国騒動の終息後、筆頭格だったランプが暴走的な事件を起こした末に逮捕されたが、グループそのものが消滅したのか定かではない。


関係者


指導者


アセチレン・ランプ
メイン画像のキャラクター
声:石井康嗣
評論家、巨大企業(作中における天馬博士の台詞からAIロボットを非合法に奴隷として売り捌いている大手ロボットメーカーである事が判明)のオーナー社長政治家で、反AIロボット主義者。人間以外の知性を認めない人間至上主義者である。政界に進出し、AIロボット排斥運動の急先鋒となる。AIロボットが大きく関わった事件が起きる度にテレビなどマスコミコメントしている。しかし内心では、かつて自分を救ってくれたロボット・フレンドを見捨ててしまったPTSD(というより良心の呵責)に苛まれ、「ロボットは道具。心などいらない」と己に言い聞かせ、世に広めることで、辛うじて正気を保っている。フレンドとの再会を予感させる場面もあったが、その後も姿勢は変わらなかった。
ロボタニア騒動の発端を作り、ロボットの完全排除を目論んだものの、アトムのロボタニアへの説得によって目論みは失敗に終わる。しかし、諦めようとしない彼は、個人所有していた戦艦の大型ミサイル青騎士シャドウの乗り込むロボタニアの宇宙船を撃墜しようとするも、これもアトムの活躍で失敗に終わる。
ミサイルの爆発でアトムを破壊することに成功して狂喜するも、ロボタニア騒動が結果的にロボット達の地位を上げてしまった上に、自らも元凶の一人として指名手配されたことで、それまで協力を得ていた企業の大物達から遂に見放されてしまい、名誉・地位の全てを失う。このことで、アトムと天馬博士を逆恨みした彼は、有人人型機動兵器「バウントアーマー」に搭乗して、自ら二人の抹殺に乗りだすも、ウランや友達の活躍で記憶を取り戻したアトムの反撃を受け、敗北。最後は警察に取り押さえられて逮捕される。その時も彼は全く懲りずに「人間の名誉の為に闘ったのだ」と自らの正当性を主張し続けていたが、田鷲警部には「お前に人間の名誉を語る資格は無い」と断じられた後、「弁護士だ!弁護士を呼べ~!!」と叫び続けながらあっさり連行された。さて、逮捕された彼のことであるが、いつかきっと今度こそ改心し、またどこかでフレンドと再会してくれることを心から祈りたい…。

幹部クラス


加田里

反ロボット主義者・加田里


声:小山力也
詳細は該当記事を参照。


ゴードン

反ロボット主義者・ゴードン


声:中村秀利
詳細は該当記事を参照。

協力者


カトウ

いんこ+α


声:子安武人
詳細は該当記事を参照。

考察


『AIロボットの完全排除を以て人間の名誉を守り、秩序ある社会を取り戻す』というプロパガンダを掲げている彼らではあるが、
AIロボットの完全排除を達成するためなら、無関係な人命や自分達組織の一員の生命が犠牲になろうと本望である事からして、
恐らく彼らにとって人間もAIロボットも平等に『使い捨ての道具』か『排除すべきゴミ』でしかなく、皮肉なことにAIロボット排斥を強訴している筈の彼ら自身にはAIロボットに対する差別感情は皆無に等しい(あくまで区別しているに過ぎない)のかもしれない。

関連タグ


ASTROBOY鉄腕アトム

テロリスト
テロ組織

関連記事

親記事

ASTROBOY あすとろぼーい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「反ロボット主義グループ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1912

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました