ピクシブ百科事典

天馬博士

てんまはかせ

手塚治虫作品の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:横森久(第1作)、大木民夫(第2作)、大和田伸也(第3作)、中村悠一ビギニング
 主な出演は鉄腕アトムだが、アトム大使など別作品に出る事もある。
 共通点はアトムの作成者であり、天才であること。

来歴

天馬博士詰め


1966年、高田馬場にて生を賜る。没設定ではハーフを意図的に染めているということになっていたが、現在の単行本では普通の日本人。家は代々馬具店を営んでいたらしい。

一人息子の天馬トビオを溺愛していたが、彼が37歳の時に交通事故によりトビオを失う。愛する者のにより正気を失った天馬博士は科学の力で絶対に死なないトビオを作り上げようとして、10万馬力や常人の1万倍の聴力などといった7つの威力を組み込んだスーパーロボットを作り上げた。

しかし幸せな日々は長く続くものではなかった。天馬博士はあることに気が付いてしまったのだ。ロボットであるトビオは、一切成長しなかったのである。トビオは所詮自分が作り上げた人工物にすぎないこと、そして本物のトビオはもういないことを改めて思い知らされた天馬博士は暴走してアトムを迫害、挙句の果てにサーカスに売りとばしてしまう

その後学会を追放されたらしく(原作漫画ではちゃんとした理由があるのだが)天馬博士は表舞台に出なかったが、アトムを助けるために何度かサングラスをかけて正体を隠し、「息子」の危機を救ってきた。

そして『地上最大のロボットの巻』にて、とうとう天馬博士は正体を隠すことなくアトムと再会する。100万馬力のプルートゥに苦戦するアトムに対し、天馬博士は10倍のパワーアップ(つまり100万馬力に改造)を行い、アトムを奮い立たせた。

しかし、その100万馬力になったアトムですら、青騎士は葬り去ってしまった。天馬博士はお茶の水博士に依頼されてアトムを修復したが個人的な野心のため、あろうことかそれにかこつけて人格面を改悪して騒動を巻き起こす。しかし、結局失敗に終わった末に己の心の醜さを痛感。アトムの前から姿を消し、その後も再登場すれどアトムの前では変装して顔を隠し、決して素顔を見せることは無かった。

3作目のアニメである『ASTROBOY 鉄腕アトム』では、原作よりもさらに自己中心的に描かれており、最終的には自分の作り上げたもう一人の天馬博士=シャドウにすら裏切られている。そしてアトムが戦う最後の敵も、皮肉にも彼となってしまうのである。
しかし、アトムに対する愛情は紛れもなく本物であり、手放したのも些細な擦れ違いからその力に思わず恐怖心を抱いてしまったからである。
最終的には野望を他ならぬその要であるアトムに打ち砕かれたことで、改めて父として和解。しかし敢えて「父親の資格」をお茶の水博士に託し、全てを償うため自首。ラストシーンでは服役している姿が見られたが、その顔には未来への希望が満ちた清々しいものとなっていた。

アトムザ・ビギニング』ではお茶の水博士と同期という設定が明かされた。

関連項目

手塚治虫 マッドサイエンティスト 顎鬚
プレシア・テスタロッサ 碇ゲンドウ 光明寺博士

pixivに投稿された作品 pixivで「天馬博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51080

コメント