ピクシブ百科事典

プルートゥ

ぷるーとぅ

浦沢直樹が『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」をベースに作り上げた漫画作品。PLUTOの表記ゆれ。
目次[非表示]

手塚作品風のイラストも、浦沢作品モチーフの画も、それぞれが味わいを感じさせてくれる。
作品についてはPLUTOを参照。

「地上最大のロボット」におけるプルートゥ


(以下ネタバレを含む)














サルタン(チョチ・チョチ・アババ三世)お抱えの学者、アブラー博士が造り出した100万馬力(アトムの10倍の出力)のロボットで、サルタンによって名付けられた。アニメ第2期では森川公也がCVを担当する。
当初は追放されたサルタンがを奪い返す目的で作ったが、「世界の王者」として世界の高性能7体のロボットを破壊するように命じられた。ブランドを倒すが重傷を負った後に、サルタンの命令で負けた際に自爆する装置が組み込まれる。
角から放出される電磁波モンブランノース2号エプシロンを破壊し、ゲジヒト砲撃を弾き返す遮断ビームも備えるほか、ゲジヒトの身体を切り裂く怪力など凄まじい実力を持つ。また、を広げて回転することで竜巻を発生させ、それに載ってを飛ぶことが可能。
その一方、アトムとの1回目の決闘時にはお茶の水博士が出てきたことで引き下がり(作中で施行されているロボット法に基づいて「私は人間を傷つけるようには作られていないのだ」と発言している)、アトムとの最後の決闘の前には「ここなら爆発しても人間に影響は出ない」と人間を傷つけまいとする態度や、アトムに対して助けてくれた恩を返すなど、騎士道精神も持ち合わせている。
ウランとの交流は、『PLUTO』でクローズアップされた。
天馬博士の改造で100万馬力にパワーアップしたアトムと戦う中で阿蘇山が噴火しそうになり、ためらった後にアトムと協力して噴火を食い止め、サルタンの命令に逆らってアトムとの決闘を取りやめた。
その後、ボラーによって5体をバラバラにされ、2体相討ちとなる(アトムによってボラーの腹部が貫かれたのち爆発しているが、関連書籍ではプルートゥの自爆によるものと記載されているものもある)。

作中では、アトムを助けて連れてきたことでウランと仲良くなり、「あなたをつくった人間が悪い人なんでしょ」「あなたはかわいそうなロボットよ」と言われたり、人々を救おうと噴火を食い止める姿に「ほんとのロボットのにかえってくれたのじゃ」とお茶の水博士から評価され、「おまえはりっぱなロボットだ おまえと戦うなんておれの恥だ」などの名言の後、ボラーになすすべもなく破壊されてしまう。
しかも、プルートゥを造ったのもボラーを造ったのもサルタンの召使いであったロボットという、プルートゥにとって壊れる以外の選択肢はなかったという悲劇的運命が明らかになり、この一戦はアトムにとって深い傷を残すこととなった。

ではアニメ3期ではどうだったのか?

PLUTO


リメイク作『ASTRO BOY 鉄腕アトム』(声:大塚明夫)では、天馬博士が自分の知能を分け与えたロボット「シャドー」に造らせた(ええい、ややこしい!)アトムを成長させるための当て馬として登場。
濃紺の体色は深緑色に塗り替えられ、ガンダムヘビーアームズのように全身からミサイルを放つ能力を付与された。また、外見も全体的に武骨になっている。

アトムとの前哨戦としてエプシロンと戦った際は説得に揺れ動き、最終的にとどめをささずに見逃したこと(ゲジヒトのリメイクキャラ「デルタ」やヘラクレスも戦闘後破壊されていないが、これは前述の目的からそこまでする必要がなかったため。ただしハム・エッグが興行目的で送り込んだ「モンブラン、ノース2号、ブランドによく似た刺客ロボット」は余程性能に差があったのか全員文字通り「秒殺」されている)、アトム達と接していくうちに、成長する電子頭脳の中に「友情」「仲間」といった意識が芽生え始め、「闘う」ことに疑問を持ち始めたこと、それにより行動不能となっていたところに現れた「ダーク・プルートゥ」(原作のボラーにあたる存在で、プルートゥ以上の戦闘力を持つが、一切感情を持たない)からアトムを庇い、諸共火口に消えたことなどの変更点が加えられ、最終的にヘラクレス等とともに青騎士が率いるロボットだけの理想郷である独立国家「ロボタニア」の1員としてアトラス共々復活した後にアトムの説得に心を動かされ離反し、生き残っている。


関連タグ

プルート/プルートー ハーデス
鉄腕アトム/地上最大のロボット

Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「プルートゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62952

コメント