ピクシブ百科事典

地上最大のロボット

ちじょうさいだいのろぼっと

手塚治虫作「鉄腕アトム」のエピソードの一つ。本編内で屈指の人気を誇る作品。
目次[非表示]

あらすじ

スイスで山案内ロボット・モンブランが、続いてスコットランドで執事ロボット・ノース2号が、謎の怪ロボットに襲撃されて破壊される事件が起こる。犯人のロボット・プルートゥは、世界最高峰の7体のロボットを倒す事で、自分こそが世界最大最強のロボットであると証明するように、主人の命令を受けていたのだった。そしてプルートゥの魔手は、日本のアトムにも伸びてきた。

概要

鉄腕アトムの中でも特に人気もあり、発表以来数十年を経ても根強い支持を保っている名エピソードである。
個性的なロボットたち、非情の刺客でありながら紳士的で心温かいプルートゥのキャラクター、そしてその悲劇的な最期と、この無意味な戦いが繰り広げられた皮肉な真相など、エンターテインメントとしても、社会的メッセージとしても、完成度が高い。
2003年~2009年にかけて、浦沢直樹が本作品に独自アレンジを加えたリメイク作「PLUTO」を執筆し、好評を博した。

登場するロボット

アブーラ博士に生み出された100万馬力のロボット。主であるサルタンの命を受け、自身が最強のロボットであることを証明するために各国のスーパーロボットと果たし合いをすることになる。戦いを重ねるうちに、自身のあり方に悩むようになっていき・・・。

ゴジ博士によって作られた200万馬力のロボット。プルートゥを倒すために生み出されており、プルートゥのような知性は持っていない。

プルートゥに狙われた7体

日本の科学技術の落とし子。10万馬力の怪力と人間のような心を持っている。プルートゥとは幾度となく戦うが、そのうちに友情を持つようになる。

スイスの山岳案内用ロボット。物語開始早々、プルートゥに問答無用で破壊されてしまった。
スコットランドの執事ロボット。阿修羅のような6本腕の高性能ロボットで、生みの親である博士に仕えており子供同然に可愛がられていた。
ドイツのロボット刑事。無法な破壊活動を繰り返すプルートゥを逮捕しようとしていた。超合金で出来たボディはプルートゥの攻撃も通用しなかったが・・・。
ギリシャの戦闘用ロボット。誇り高い戦士であり、エプシロンの助力も突っぱねた。古代ギリシャの戦車兵のような姿をしている。
トルコのロボット力士。モンブランの親友であり、彼を破壊したプルートゥを心底憎んでいる。プルートゥにも匹敵する巨体の持ち主。
オーストラリアで孤児院の先生をしているロボット。太陽光をエネルギー源にしており、日中では無尽蔵とも言えるパワーを発揮する。

関連タグ

鉄腕アトム 手塚治虫 PLUTO

pixivに投稿された作品 pixivで「地上最大のロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13807

コメント