ピクシブ百科事典

ノース2号

のーすにごう

漫画「鉄腕アトム」と、それをリメイクした「PLUTO」の登場ロボ。
目次[非表示]

概要

CV:鈴置洋孝(新アニメ版)

ノース2号


世界最高水準の7体のロボットの一人。
スコットランドの古城にすむ研究者(『ビギニング』で「アーロン・ブレムナー」なる名前で伯爵の称号も得ていたことが判明した)の助手として活動しており、6本のを用いた特殊な格闘を得意とする。工具状のもう一対の腕を内蔵している。
脚は生えておらず、普段はロビタのように地面を滑走して移動するが、有事にはジェット噴射で空を飛び、巧みな空中殺法を見せる。

プルートウの襲撃を察知すると返り討ちにしようと画策し、主人からは「壊してはダメだ! 生け捕りにしてくれ!」と指令を受け、決戦に挑む。6本の腕を駆使してプルートウを岸壁に叩き付け破壊しようとするも逆に腕を引っこ抜かれ、隠し腕で果敢に挑むも電磁角で完膚なきまでに破壊されてしまう。

GBAアトムハートの秘密』ではシャドウが作った「地上最大のロボット」#1として登場。よりカブト虫に似たデザインに変更されている。

試作機

「さあノースもゆけっ!」


アトムザ・ビギニング』では試作機「ノース」が登場している。
ノース2号が男性的な姿をしていたのとは異なり女性的なフォルムをしているが、顔は無く昆虫のように無機質なロボットである。腕は「テレスコピックアーム」と呼ばれるファイバー繊維で作られた伸縮自在のマニピュレーターで、タテ並びの2号とは異なりヨコに3つづつの計6本生えている。両端の腕にバズーカ、中央と脇の腕で巨大なガトリング砲を構えた空中からのフルバーストを得意とし、バルト部隊を殲滅するほどの火力を有している。
脚部分はオートジャイロタイヤとジェットエンジンが内蔵されており、普段は一輪車のように歩くが、飛行することもできる。出力はA106(アトムのプロトタイプ)に劣る720馬力だが、人間4人を抱えてでも難なく飛翔できるほど機動力は高い。
いかんせん戦闘IQは高いものの知性は低く、音声会話することは出来ない。


PLUTO版における来歴

ノース2号


第39次中央アジア紛争の際は、ブリテン軍総司令官付きの執事として着任。しかし全身武器化した兵器型ロボットとしてデザインされており、実戦においても非常に多数の敵国ロボットを破壊。戦後は執事ロボット派遣業者に登録し働いているようである。ストーリーは、ユーロ連邦・スコットランドの盲目の作曲家に仕えた時間軸で展開している。
ちなみに画像中のピアノは、ノース2号の物語上あるコンセプトとなっている。

容姿

全身の戦闘用機械化が著しいため、人前ではケープを被るよう配慮しているとの本人の弁。
ケープを被っていても平均的男性の身長は過大に上回っており、頭部やケープからのぞく腕も、一見して機械と分かる造型。口元のみ人間味を伺える構造とされているが、表情は殆ど皆無である。
原作の手塚版ノース2号とデザイン的な差異はあまり認められないが、浦沢版のノース2号は、特に体幹部はより「兵器」としての威圧感の描写に重きが置かれているか。
原作では通常のアームと戦闘用アームの合計12本の腕があるが、浦沢版では通常アーム2本と戦闘アーム6本の8本になっている。

関連項目

鉄腕アトム 地上最大のロボット 手塚治虫 浦沢直樹
モンブラン ブランド ゲジヒト エプシロン ヘラクレス(鉄腕アトム)

pixivに投稿された作品 pixivで「ノース2号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5666

コメント