ピクシブ百科事典

碇ゲンドウ

いかりげんどう

碇ゲンドウとは、SFアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:立木文彦

年齢48歳。 特務機関NERV総司令にして、主人公・碇シンジの実父。
ある事件を境に幼い息子の身柄を知人(シンジは“先生”と呼んでいる)に預け、長年顔を合わせる事なく生活を送っていたが、その後彼をEVA初号機専属パイロットにするべく強制的に第3新東京市へ呼び出し、NERVの管轄化に置く。
なお「碇」の姓は亡き妻・碇ユイとの結婚によるもので、旧姓は「六分儀」。

使徒の殲滅を至上の目的とする一方、 人類補完委員会のメンバーに名を連ね、ゼーレのシナリオの下「人類補完計画」という謎の計画を遂行させるべく暗躍を続けている。が、ゲンドウの目指す最終目的は彼等とは大きく違い、かつて初号機の内部に取り込まれたユイに再会することであり、計画内容を己の望む姿に捻じ曲げるよう裏で様々な策謀を張り巡らせていた。
やがて独断専行が目立ち始めたことによりゼーレから目を付けられ、全ての使徒の殲滅後、彼等によってNERV本部は戦略自衛隊の襲撃を受けることとなる。

後に加持リョウジより入手した第一使徒・アダムの卵を自らの右手に移植。旧劇場版では惨劇の最中、レイと共にNERV本部地下のリリスへ向かい、アダムと(レイの中に眠る)リリスの魂、そしてリリスの肉体の禁断の融合を図ることで補完計画を発動させ、ユイとの再会を果たそうとする。
しかし、シンジの存在を感じ取ったレイによりアダムを右手ごと奪われ、結果ゲンドウ抜きで計画が発動。全人類がL.C.Lへと還元されてゆく中、彼だけは“初号機に体を食い千切られる”という破滅的なイメージで補完されてしまった。

副指令の冬月コウゾウは大学時代の恩師。部下のEVA開発責任者・赤木リツコとは愛人関係を築きながら、自らの計画のために利用している。

人物像

推定185cm以上の長身と刈りこまれたリンカニックの、そしてサングラスが特徴。司令官としては非常に有能で、智略や政治的手腕にも長けるが、性格は冷酷非情そのものであり、目的のためならばいかなる手を用いる事も厭わない。劇中でも妨害工作・裏切り・殺人などの非道な手段を平然と実行しており(後にセカンドインパクトの発動にも関与していた事が判明)、息子のシンジすら目的達成のための駒として見ているフシがある。
普段の態度も冷徹かつ威圧的で、いかなる相手に対しても(年長者かつ恩師の冬月にすら)それを崩さない。なお着座時に顔の前で手を組む癖があり、他人がその表情を窺い知ることは難しい。

学生時代から悪い噂の絶えない人物だったらしく、ユイに接近したのも元々は彼女のバックに存在するゼーレへの接触を図るためだったようだが、その過程で次第にユイ自身に傾倒してゆき、やがて彼女との間にシンジを設ける(そんな当時の彼をユイは「とても可愛い人」と評している)。
が、後にユイはEVA初号機の起動実験中に内部へ取り込まれて消滅。以降、彼の暗黒面はゼーレの思惑すら超えて暴走してゆく事となる。

ちなみにその本性は息子のシンジ同様に内向的で頑固で人見知り。
他者を基本的に信用しておらず、また同時に恐怖している節があり、自分が信用した人間以外は同じ人間だとは思っていない。ゆえに目的のためなら冷酷な手段にも出れる。
元々は孤独主義な野心家であったが、碇ユイと出会ってからは愛情に目覚め、依存するようになる。
ユイが「可愛い」と揶揄するように、本質は子供っぽいところがあるようだ。
だが息子のシンジとは距離の取り方がわからず、結局遠ざけてしまった。それが決定的な破局へとつながり、愛することも憎むこともできない恐怖の対象へと変貌してしまった。要は父親として不器用で臆病すぎたのである。
旧劇場版にて、ゲンドウは補完される直前にシンジに向き合うことができなかったという自分の本心を吐露しており、最後の言葉は他ならぬ息子への謝罪の言葉であった。

人間関係

息子シンジとの関係は極めて劣悪。シンジは幼い頃に父に捨てられた事がトラウマとなり、父を避けつつも内心では求めている模様だが、ゲンドウはそんな彼の心境を知りながらも一方的に突き放した態度を取り続けている(ただ劇中の描写からは、逆にシンジの側がゲンドウと向き合うことを恐れて逃げ出したのが二人の別離の始まりであったようにも読み取れる)。
EVA3号機殲滅事件を機にその不仲は決定的となり、修復不可能な状況にまで陥るが、旧劇場版補完計画発動時の描写を見るに、ゲンドウ自身もまた内心息子との触れ合いを恐れ、弱い自分を隠すために辛辣な態度を取っていたようである。

対照的に綾波レイについては不自然なほど気に掛けている様子を見せる。EVA零号機の暴走事故で彼女が機外に放り出された際は、自身の負傷を省みず彼女を助けた(その際、両手に大火傷を負い、また長年使用していた眼鏡を破損。以来、火傷を隠すための白手袋と、現在のサングラスを着用するようになる)。
だがそれが、彼女がユイの面影を色濃く残す故なのか、あるいは彼女が補完計画発動のキーとなる存在だからなのかは不明。

ユイ消失後はMAGI開発者の赤木ナオコ、更に彼女の死後はその娘リツコをそれぞれ愛人とするも、それらはいずれも自身の目的達成の手駒として利用するためであり、用済みと判断するや直ちに始末していた。

副司令の冬月とはユイと出会う以前からの関係であり、当時はユイと接点を持つために酒乱で逮捕された際の引取人として指定する形で接触した。
だがユイを通して交流を深める内に、彼の人柄を知り、次第に信用するようになった。セカンドインパクト以後は疎遠になっていたが、ゲンドウが人類補完計画を推し進めるようになってからは最も信頼できる人間として、傍らにおいている。
その関係は相棒であり、片腕であり、師であり、そして時に父性を求めるような場面もあった。

漫画版

貞本義行による漫画版エヴァでは、アダムを直接丸呑みすることで自らの肉体に移植。後ににアダムを宿し戦略自衛隊襲撃の際は生身でATフィールドを展開してこれを迎撃するという脅威の展開を見せた。

あずまんがでわかる、貞本エヴァの超展開


アニメ版とは違い完全に冷酷な性格になっており、シンジに対しても「ユイの愛情を自分から奪った存在」として憎しみすら抱いている様子が描かれている(その一方、レイに対して温和な態度を向けるのは、彼女をユイに重ねているためであることが明かされている)。レイにアダムを奪われた後、ゲンドウに銃撃されながらもまだ息があったリツコに喉を撃たれ、致命傷を負う。補完が進む中で念願のユイとの再会を果たし、旧劇場版同様シンジと親子の触れ合いを行わなかったことを後悔すると同時に、心の底では彼を我が子として想っていた事実を再確認し、シンジが生きてくれることを強く望みながら息絶えた(遺体がL.C.L化しないため、補完されたのではなく死亡した模様)。
なお、アニメ版と漫画版におけるゲンドウ本人の性格の違いについては、貞本曰く「(ある意味で)悲しい人間」として描いているため。

新劇場版

旧作(TV版および旧劇場版)と同じくNERV総司令として登場。
冷徹な性格は相変わらずだが、一方でシンジに対する態度や思惑には若干変化が見られ、ヤシマ作戦時におけるミサトの「息子さんを信じてあげて下さい」という懇願を承認したり、レイによるシンジとの会食の提案に戸惑いながらも応じるなど、息子に対して距離を置きながらも関心を捨てきれない不器用な親心がより強調されて描かれている。
また(対EVA3号機戦におけるダミープラグの発動やシンジの捕縛など)非情に思える行動の一つ一つにも彼なりの信念が垣間見えるようになっており、EVAでの戦いに失望したシンジを「大人になれ」と諭すなど、旧作の頃にはとても考えられなかったような言動も見せる。
リツコとの愛人関係についても明確にはされておらず(それを匂わせるカットはあるが)、彼女を含めた部下達を捨て駒として見ているような描写もない。
そのため、全体としての「外道度」は当時と比べると大幅に薄れている。恐らく、視聴者の抱く印象が旧作から最も大きく変わったキャラの一人であろう。

とはいえ、加持から「ネブカドネザルの鍵」と呼ばれる謎の物体を入手して何かを企てていたり、己の目的達成のためにシンジとレイを意図的に親しくさせようと画策していたりと、腹黒い一面は本作でも健在なのだが。

「Q」では半壊したNERV本部で冬月とともに居り、経緯は不明だが渚カヲルを自陣に確保しアヤナミレイ(仮称)を使い一端はヴィレが確保していたシンジを奪還、エヴァンゲリオン第13号機に2人を搭乗させる。その際にカヲルをも欺いてフォースインパクトを起こさせようとしていたがカヲルの自害により阻止される。

その他

二次創作物等における扱い

本編で非常にシリアスな人物として描かれていた反動か、放送当初からスピンオフ作品やファンアート等では逆に徹底してユーモラスな扱いを受けることが多い(TV版最終話のいわゆる「学園エヴァ」の世界では、ユイ尻に敷かれながらも温かい家庭を築いている様子が描かれていた)。
公式の学園ラブコメ漫画「碇シンジ育成計画」においても恐妻家親馬鹿エロオヤジと、完全にネタキャラと化している。さらには最先端技術を扱う研究所の所長でありながらメカ音痴であり、研究所の端末をチョップしてシステムを復旧させようとしたり、コンピュータがウィルスに侵されたと聞いて除菌剤をまいたり、挙句の果てには使徒に対しそげぶを食らわせている(しかも結構効いた)。まったく、どうしてこうなった
ゲーム「新世紀エヴァンゲリオン2」では、碇シンジでプレイすると好感度によってはとんでもない方法で授業参観に駆けつけてくれたり、ほのぼのとしたエンディングを迎えることができる。また、赤木リツコでプレイするととてもアダルトなエンディングを目指す羽目になる。

スーパーロボット大戦シリーズではエヴァ再現シナリオのラスボスとして己が野望のために暴走した初号機を使い自軍に戦いを挑んでくる。
版権作品のラスボスの中でも戦闘前の他作品との会話が多く、自軍部隊の行動を「無駄なあがき」と嘲笑している。
なお、それがない「スーパーロボット大戦MX」等は例外で特にMXでは非常に珍しいきれいなゲンドウが見ることができる。

もちろん、pixivでも彼関連イラストの大半はネタ絵である。

トリビア

モデルは『謎の円盤UFO』のストレイカー司令官。また、名前はガイナックスで企画されながら実現しなかったアニメの登場人物のものを流用したらしい。

中の人ネタ

いわゆる「中の人」つながりでマダオ扱いされたり、ときには「サイクロン!」「ジョーゥカァー!」とか叫んでいたりする。
これで決まりだ!

関連イラスト

商品補完計画
碇親子ポカポカ計画


14歳のトラウマ
エヴァ本表紙



関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 冬月コウゾウ
碇ユイ 碇シンジ 人類補完計画
マダオ 長谷川泰三 ガイアメモリ

pixivに投稿された作品 pixivで「碇ゲンドウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1876824

コメント