2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヴィレ

ゔぃれ

ヴィレ(WILLE)とは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に登場する軍事組織である。
目次[非表示]

「私達はヴィレ、NERV壊滅を目的とする組織です」

ニコニコ大百科より引用、一部改変

概要

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』および『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に登場する組織。
リーダーは葛城ミサト。旗艦はAAAヴンダー

前作『:破』で起きたニアサードインパクト後、生き残った人類達で結成され、NERV碇ゲンドウ冬月コウゾウ)と争いを繰り広げている。
その目的は全NERV製エヴァンゲリオンの殲滅、及びフォースインパクト発動の阻止である。
旧ネルフ職員が多数参加しているが軍と民間人の寄せ集め組織であるためその練度は低い。
劇中でもヴィレ艦隊の旗艦であるAAAヴンダーのブリッジ要員ですら民間人を登用しており、人材不足である事が描写されている。
メンバーはミサト以外の全員が青いバンダナを腕や首に巻いているのが特徴。最終決戦時にはミサトある人物の形見である血が染まったバンダナを着用している。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||では、宇宙衛星軌道上に整備用拠点の存在が描写され、又、地球で生き残った民間人たちを支援する為の下部組織である『KREDIT(クレーディト)』を設立している。

保有戦力

戦力としては、ヴィレ艦隊及び本組織の象徴とも言えるAAAヴンダーを旗艦とした多数の駆逐艦、空母、巡洋艦などの混成艦隊、そしてEVA2号機改2号機/新2号機)・8号機を持つ。
駆逐艦などの軍艦は恐らく戦略自衛隊から流用してきた物と思われる。
これら旧来の軍艦類は「シン」では艦隊戦力というよりも半ば使い捨ての装備品のような扱いにされており、ユーロNERV復元オペレーションでは艦底部に増加装甲を施されAAAヴンダーによる操演で操作された純粋な防壁代わりに使用されている。
終盤の「ヤマト作戦」ではNERV本部施設への攻撃手段としてブースターが増設され誘導弾化された巡洋艦が登場している。
本来人を乗せて動かす乗り物を無人化し、目標へ直撃させる兵器」と聞いてこれを思い出した人もいるのではないだろうか。

2号機は14年前の第10使徒迎撃戦の際に損傷した為、本作では所々が補修されており、サイボーグのような外見となっている。
8号機はヴィレ結成時にNERVから強奪した機体であり作中では主に援護射撃及び、2号機の支援に徹している。
エヴァンゲリオンの正式な予備部品は無いに等しいらしく、欠損した部位は機械の義手で補うなどしている。「シン」冒頭ではユーロNERVのアンチLシステムを起動し同施設のコア化を解除、ユーロNERVから各種エヴァ用パーツや資材、補給物資を回収し新2号機、改8号機を完成させている。

構成メンバー

EVAパイロット

式波・アスカ・ラングレー 戦時特務少佐 エヴァ2号機専任パイロット
真希波・マリ・イラストリアス 階級不明 エヴァ8号機専任パイロット

旧NERVメンバー

葛城ミサト ヴィレ総司令兼AAAヴンダー艦長
赤木リツコ ヴィレ副長
日向マコト AAAヴンダーブリッジオペレーター
青葉シゲル 同上
伊吹マヤ  AAAヴンダー整備長
???

『:Q』からの登場人物

鈴原サクラ 医療尉官
高雄コウジ AAAヴンダー機関長
長良スミレ AAAヴンダー操舵手
多摩ヒデキ AAAヴンダーブリッジオペレーター
北上ミドリ 同上

エヴァンゲリオンバトルフィールズ』のみ

涼波コトネ
天城ヒトミ

余談

ヴィレのエンブレムは組織名である「WILLE」の頭文字である「W」をモチーフにしているが、マークデザインを担当した山下いくと氏のTwitter曰く「『心』が入っていると面白い」ということになり、漢字の「心」という字にも見えるようデザインしたとのことである。
逆にNERVのエンブレムは「心を失って呪文的なマシン語化したマーク」とヴィレとは相対するようにデザインしたと同氏は話している。

山下いくと氏のTwitter

関連タグ

AAAヴンダー
KREDIT

関連記事

親記事

エヴァの用語一覧 えゔぁのようごいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヴィレ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヴィレ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182934

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました