ピクシブ百科事典

EVA零号機

えゔぁぜろごうき

EVA零号機とは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器、EVAシリーズのうちの一つ。単眼が特徴。
目次[非表示]

TV・漫画版

新旧



主な搭乗者は綾波レイ。テストとして一度だけ碇シンジが搭乗した事もある。
コアに封入されている人物(魂)の正体は、他のEVAシリーズとは異なり、作中では明言されていない
(レイが乗ることを前提とした機体であるため、始めから誰の魂も入れられていないという説もある)。
本編開始の数ヶ月前、起動実験の最中に暴走を起こし、以来NERV本部内で凍結されていた。
プロトタイプとして開発されたものであり、当初は実際の戦闘では使う予定が無かったが
ヤシマ作戦の実行時に凍結を解除、実戦に導入された。
同作戦内で零号機は大破。後に修理・改修されるが、その際に機体色が山吹色から青色へと変更されると共に初号機や弐号機等と同型の肩部ウェポンラックが追加された。媒体によってはこちらを「零号機改」として区別することがある。
その後数度の使徒迎撃に参加するも、第16使徒アルミサエル戦において使徒と共に自爆。機体は完全に破壊されてしまい、以降登場する事は無かった。

ちなみにこの零号機以前にも完成に辿り着けなかった数多くの試作機があったようで、セントラルドグマ内には本機と同型のエヴァの残骸が大量に投棄されている。

ANIMA

EVA零号機F型装備



アルミサエル戦での自爆後に再建計画がスタート、回収されたコアとドグマに保管されていた試作パーツ、新造されたF型装甲、封印兵器であった天使の背骨を組み合わせて零号機F型装備として再建された。
機体色は零号機改の青色から元の山吹色に戻されている。
搭乗者は綾波レイ(3人目、作中ではNo.トロワとも呼ばれる)だが彼女の不調後はレイ・No.シスが搭乗している。
量産機との戦闘では初号機と共に全ての量産機を撃破し以降も拘束具の改修などを施されながら運用されていたが、ノヴァヤゼムリャでの反抗作戦に合わせてアレゴリカユニットを搭載した零号機F型・アレゴリカに改修された。

また本機とは別に量産機の残骸とドグマに保管されていた試作パーツを組み合わせて建造された3機の零号機、『零号機試製Ⅱ式改・領域制圧機』通称『0・0EVA』が登場し、レイのクローン体達が搭乗している。

上記の通りセントラルドグマに保管されていた零号機の試作パーツが多くの機体に流用されている他、物語の終盤ではとある機体の改修パーツにも用いられている。

新劇場版

汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 試作零号機改



ヱヴァンゲリヲン新劇場版におけるEVA零号機。
搭乗者はTV版同様綾波レイ
TV版と違い、ヤシマ作戦後も機体の色が変更されておらず山吹色のままである。
第10の使徒戦の際にN2弾道ミサイルを抱えて特攻するが撃破できず、
レイごと使徒に飲み込まれてしまう。
Qでは零号機に酷似した外観を持つエヴァンゲリオンMark.09が登場するがこれはシンジを油断させる為の外装であり、後に本来の頭部が生えて機体色は黒色に変化した。

スーパーロボット大戦では

TV版では不遇と言える機体でありサルファ以外最終的に使えなくなる為か2軍どころか3軍の筆頭として倉庫で埃を被って突っ立っているのが主な仕事であった(逆にサルファではこれを逆手に取った罠というべき展開がプレイヤーに襲い掛かって来る)。
新劇場版では攻撃面こそ弱体化した物の自慢である援護防御に加えて修理装置等を搭載される事が増えた為、レイの「脱力」も合わせてサポート役として活躍出来るようになった。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァンゲリオンANIMA
EVA零号機F型装備 EVA零号機F型・アレゴリカ 0・0EVA
エヴァンゲリオンMark.09
ドラえもん(TV版のカラーリング変化の元ネタという説あり)
表記ゆれ:エヴァ零号機 零号機

関連記事

親記事

エヴァンゲリオン えゔぁんげりおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「EVA零号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145376

コメント