ピクシブ百科事典

貞本エヴァ

さだもとえゔぁ

貞本エヴァとは、貞本義行による『新世紀エヴァンゲリオン』のコミカライズ(漫画版)作品の通称である。
目次[非表示]

概要

 アニメ新世紀エヴァンゲリオン』が公開される少し前から、『少年エース』にてキャラデザ原案の貞本義行が連載を開始した漫画。当然、月刊誌であの内容を6話で収められるわけも無く、TV放映終了後も同誌の看板として掲載が続き、2009年に『ヤングエース』に移籍。完結したのはなんと2013年。単行本は全14巻。
 比較的低年齢層向けで始まったのもあってか、序盤はコミカルな描写も多く、貞本氏によるキャラの掘り下げも多く行われており、最終回は原作「まごころを君に」の絶望的な終焉とは異なるものとなった。ある意味ではシン・エヴァンゲリオン劇場版を先取りしていると取れなくもない。

TV版との色々な差異

 同じロボットアニメのコミカライズである『ゲッターロボサーガ』や冒険王版『機動戦士ガンダム』、『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』等に比べればまだそこまででもないが、本作もTV版とは異なるシーンや設定が多々見受けられる。

 本作の主人公碇シンジは、ひたすらに内向的で暗く人と接するのが嫌いだった旧エヴァに比べると、ノリツッコミをしたり原作でエヴァに乗るのを嫌がった場面で逆ギレして乗り込んだりと、少し古典的スーパー系主人公を思わせる要素がある(あくまで「ある」だけであり、物静かで空気が読める所はそんなに変わらない)。そのため、阿鼻叫喚を呼んだ旧劇場版の展開も若干『スーパーロボット大戦シリーズ』を思わせるドラマチックなものになっている。
 主要人物である渚カヲル碇ゲンドウの両名は旧エヴァと大きく設定が異なる。また、あくまでTV版と旧劇場版が原作なため、新劇場版に関しては全く触れられていない(書き下ろしではとあるキャラの過去らしきものが描かれているのだが、設定が異なるためリンクするとは限らない)。
 また、サンダルフォンマトリエルイロウルレリエルの4使徒は登場しない。
 TV版との大きな違いとして鈴原トウジバルディエル/EVA参号機諸共殲滅され、死亡してしまう(TV版では左足を失いながらも生存している)、アスカシンジに対して最後まで恋愛感情を抱かず加持さん一筋、などがある。

余談

 TV版に存在しないオリジナル要素の1つとして、劇中でNHKの「ためしてガッテン(現ガッテン!)」らしき番組が放映されているシーンがある。
 司会も明らかに年老いた立川志の輔師匠であり、1995年当時の氏と比べると一目瞭然。髪は真っ白になっており、現実の氏以上に年老いてしまっている。
 立川志の輔は世界人類の半分が死滅したセカンドインパクトによる悲劇を生き延び、絶望感が漂うエヴァの世界でも国民の希望と健康の為にガッテンし続けていたのである。
(なお実際の「ためしてガッテン」も2015年になっても放映されていた長寿番組である)

関連項目

エヴァンゲリオン(当初はこのタイトルだった)
漫画版 コミカライズ

前歯全部折ってやる:本作でシンジが発したセリフ(コラではない)

関連記事

親記事

新世紀エヴァンゲリオン しんせいきえゔぁんげりおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「貞本エヴァ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「貞本エヴァ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 890875

コメント