ピクシブ百科事典

イロウル

いろうる

イロウルは、ユダヤ・キリスト伝承に登場する天使。または新世紀エヴァンゲリオンに登場する、使徒と呼ばれる敵の一体。
目次[非表示]

天使としての概要

「恐怖」を司る天使で、また、恐怖をコントロールできる力も持つ。
謎の多い天使で彼を紹介している文献は驚くほど少ない。
「イロウル」は「イロウエル」とも表記され、その名前は「神の畏怖」を意味する。
階級名は不明。ちなみに妊娠中の女性の魔除けに使われたりもする。

使徒としての概要

初登場はTV版第13話、第11の使徒として登場。
微生物状の使徒であり、その実態は他の使徒とは異なり群体で、多くのナノマシンの集合体(不定形だが、ハッキングの際は電子回路パターンに似た姿を構成する)。自らの弱点となるものに遭遇しても、環境に適応するために異常な速度で自己進化、全体としての生存を図る特性を持つ。自身でアダムに接触するのではなく、その目的の障壁になるNERV本部のメインコンピュータMAGIシステムに侵入し、NERV本部自爆コマンドを実行し障害を排除しようとした。
シグマユニットD-17の第87蛋白壁の搬入時に寄生、プリブノウボックスの模擬体を浸食しシグマユニットを汚染。この際にA.T.フィールドの発生も確認されている。その後、サブコンピュータから保安部のメインバンク経由でMAGIのクラッキングに成功。メルキオール(MELCHIOR)、バルタザール(BALTHAZAR)を乗っ取ったが、リツコがカスパー(CASPAR)から進化促進プログラムを投与した結果、進化の終局=死へと至らしめられ自壊した。

攻撃方法

浸食
ウイルスの如く、模擬体を浸食する。

増殖
弱点であったオゾンを吸収し、増殖する。

自己進化
自らの弱点となるものに遭遇しても、環境に適応するために異常な速度で自己進化する。

ハッキング
コンピューターにハッキングし、そのコンピューターを乗っ取る。

その他

漫画版、新劇場版には登場しない。
唯一、EVA以外の方法で殲滅された、特異な使徒である。
ガギエルは最終的に戦艦の主砲でトドメを刺されたが、EVAによる露払いが前提だった
EVAの使用がこちらは一切ない)

関連イラスト

TV版「第11使徒イロウル」 かもすぞー
女神転生 イロウル



関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 使徒
バルディエル

関連記事

親記事

使徒 しと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イロウル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11214

コメント