ピクシブ百科事典

S2機関

えすつーきかん

新世紀エヴァンゲリオンにて設定されている、主に使徒が持つ永久機関。正式には『2』部分は累乗のように小文字。

概要

正式名称:スーパーソレノイド(Super Solenoid)機関
劇中に登場する使徒がほぼ全て体内に宿している永久機関。
別名を『生命の実』とも呼ばれる。

なおソレノイドとは螺旋状の3次元コイルのことで、後述の螺旋のエネルギーにちなんだ名前と思われる。

この機関によってエネルギーが無尽蔵に供給されるため、使徒は半永久的に活動することが可能。
更にこの機関を解放するとアンチATフィールドの発生が可能となる。

葛城ミサトの父親である葛城博士が理論と存在を提唱し、後に発見された第1使徒アダムによって機関の実在が証明された。

この機関を組み込めればエヴァに関しても外部ケーブルでの供給による活動時間及び範囲の制限を撤廃でき、より汎用性が高まるという理論の元、エヴァンゲリオンに組み込む研究も行われていた。

TV版劇中で初号機が二番目に殲滅した第4使徒の残骸から入手したS2機関がNERVドイツ支部にて修復され、米国NERV第2支部において4号機への搭載実験が行なわれていた。
しかしその実験中に『原因不明の事故』により4号機を中心とした周囲89㎞、NERV第2支部ごと消失してしまった。
しかしドイツ支部に残っていたデータにより後に本格的に実用化され、かのエヴァ量産型に搭載されることになる。

他にも稀有な例として、暴走した初号機は撃破したゼルエルを捕食してS2機関を体内に取り込み、エヴァンゲリオン最大の懸案であった活動時間の限界を克服した。

これはゼーレの計画にはなかった事態であったとされる。

『生命の実』であるため、アダム由来の生物である使徒は保有しているが、リリス由来である人間(リリン)及びエヴァは保有していない。
これの代わりとして『知恵の実』を保有している。

ゲーム『エヴァンゲリオン2』のS2機関の説明によると、
世界は螺旋で出来ており、DNAの構造(二重螺旋構造)と同じその形からエネルギーを得ているため、
ここから螺旋のエネルギー=無尽蔵のエネルギーを得ようとするエンジンとして存在が構想されていた機関とのこと。

天元突破グレンラガンにおける螺旋力の設定と酷似しているのは会社繋がりだろうか。


関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 使徒
螺旋力

関連記事

親記事

使徒 しと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「S2機関」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4418

コメント