ピクシブ百科事典

真希波・マリ・イラストリアス

まきなみまりいらすとりあす

劇場版SFアニメシリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物。 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破からの新規キャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:坂本真綾

エヴァンゲリオン旧作(TV版および旧劇場版)には存在しなかった、ヱヴァンゲリヲン新劇場版から新規に登場したキャラクター。
ミッションスクール風の制服姿に二つ結び茶髪、そして赤縁眼鏡が外見的特徴。NERVユーロ支部所属のEVAパイロットで、同じくユーロ支部に出向中の加持リョウジとは面識がある。イギリス出身で日本語・英語のバイリンガルであるが日本語の方が話しやすい模様。

ちなみに初登場は新劇場版第一作目『序』の次回予告。この時はほんの一瞬顔が映っただけであり、素性はおろか名前も一切明かされていなかったが、次回作『破』の公開が近付くにつれて少しずつ情報が開示されてゆき、やがて担当声優と共にフルネームも明らかにされた。

なお、「真希波」は日本海軍の駆逐艦(夕雲型5番艦)「巻波」に、「イラストリアス」はイギリス海軍で何度か軍艦の名前に使われている「Illustrious」(第2次大戦期に存在したのは空母HMS Illustrious, R87)に由来する。

人物像

性格はその外観からは想像も付かないほど好戦的。EVAによる命懸けの戦闘をまるでゲームでも楽しむかのような感覚で行っており、使徒の圧倒的な力を前にしても、怯むどころか逆に戦いに対する高揚感を露わにしている。また、激しい肉体的苦痛を伴う裏コード「ザ・ビースト」の発動も躊躇なくこなし、更にEVAが大破する程のダメージを受けてもなお軽口を叩いて見せる等、タフさについても人並外れている。一方、出撃時に『三百六十五歩のマーチ』を歌いながら移動したり、会話の語尾や掛け声などに猫を思わせるような「にゃ」という言葉を用いたりと、しばしば奇行も目立つ。
仮設5号機搭乗時は暗緑色の旧型プラグスーツとヘッドギアを着用していたが、後に2号機搭乗した際はピンク色の新型プラグスーツを用いていた。なお、かなり豊満なバストの持ち主らしく、各スーツを着用する際、自身のバストサイズとのフィッティングを気にする台詞がある。

製作者側によると、彼女は『序』までほぼ旧作に沿っていた新劇場版の物語展開を意図的に“破壊”するために投入されたキャラらしい。そのためか、他のキャラクター達と比べて性格・能力共に明らかに異質な存在として描かれており、その言動にも極めて謎が多い。
上述のベタニアベースでの使徒戦および仮設5号機の自爆も、実際は加持ゲンドウの命により人為的に仕組んだものだったのだが、彼女は逆に彼等を利用するためあえてその策略に乗ってみせたと思わしき発言をしており、加持やゲンドウすら与り知らない全く別の思惑の下に行動しているとも推測される。が、(第三作目『Q』公開前の)現段階においては詳細は不明である。

劇中での活躍

劇中冒頭でEVA仮設5号機に搭乗、北極のベタニアベースで第3の使徒を苦戦しつつも殲滅してみせた(だが同時に、仮設5号機も爆散してしまう)。
その後、何者かの指令に従い極秘裏に第3新東京市へ潜入。主人公・シンジと偶然対面するが、その際彼の身からL.C.Lの匂いを感じ取り、彼がEVA搭乗者である事を瞬時に見抜いている。
第10の使徒の襲来時にはNERV本部に侵入、アスカの戦線離脱と共に封印されていたはずのEVA弐号機を無断で起動させ、単独で出撃。戦いの最中、作戦指揮官のミサトすら知らなかったEVAのリミッター解除手段・裏コード「ザ・ビースト」を発動させるも、使徒には敵わず2号機を大破させてしまう。が、その直後シンジと再び遭遇、戦いを拒絶する彼に「そうやってイジけていたって、何にも楽しい事無いよ」と諭し、逃がそうとした(もっとも、これによりシンジはレイEVA零号機ごと使徒に喰われる現場を目撃、結果的に彼に再び戦いを決意させるきっかけを作ることとなった)。

『Q』での活躍

これ以後は「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレを含みます。










アスカや葛城ミサトらとともに「ヴィレ」に所属しており、アスカの事は「姫」と
呼んでおり、軽口を叩き合いつつも戦闘では支援し合うなど良好な関係の模様。
アスカ同様、それなりの月日が経っているものの外見は少女のままである。
冬月コウゾウがシンジに見せた彼の幼少時の母子写真に、何故か彼女に酷似した女性がいるが
その女性とマリ本人の関係は不明。そして戦闘中にマリが碇ゲンドウを何故か「ゲンドウくん」と呼んでいた。さらにアヤナミレイ(仮称)に対しても「あんたのオリジナルはもっと愛想があった」と、碇ユイとの面識を伺わせる発言もしており、その正体や実年齢などに関しては謎が多くなっている。

その過去

真希波マリ(ネタバレ注意)

メディアミックス作品

スーパーロボット大戦シリーズ

新劇場版初参戦はであるが、彼女が登場するのは最終決戦後なのでパイロットとしての出番は無かった第3次Zではあるルートの選択肢でアスカと二者択一となる。アスカ続投となると「自分が入る隙間が無い」と最後にDトレーダーに顔を出してそのまま去ってしまう。

余談

彼女の存在が公表された直後、その外見が某漫画作品某キャラに酷似していると一部のファンの間で話題になった。
……と思いきや、まさかの作者本人がネタイラストを投稿して下さいました。

マリことは


さらに余談になるが、次作『Q』では中の人別役で参加という事に。また、某魔法少女漫画においても、彼女達とよく似た某キャラが登場している。
もう何が何だか。

関連イラスト

EVANGELION:2.2
A.T.フィールド発見


05th
マリ


にゃーぱんち
にゃーの人



関連タグ

作品
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

個別タグ
真希波 マリ イラストリアス

機体
EVA仮設5号機 EVA弐号機 EVA8号機

グループタグ
LMS(エヴァ) マリアス ヴィレ

他の記事言語

Mari Illustrious Makinami

pixivに投稿された作品 pixivで「真希波・マリ・イラストリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16309422

コメント