ピクシブ百科事典

鈴原サクラ

すずはらさくら

鈴原サクラとは、劇場版SFアニメシリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の登場人物。
目次[非表示]

CV:沢城みゆき

この記事は「ヱヴァンゲリヲンQ」に関するネタバレを含みます。











概要

鈴原サクラは鈴原トウジである。

エヴァンゲリオン旧作(TV版および旧劇場版)では、トウジの口から存在だけが語られている。
第3話で、エヴァンゲリオン初号機と第3使徒サキエルの戦闘に巻き込まれて負傷し(脚本では、避難シェルターにいたことが記載されている)、それを恨みに思ったトウジがシンジを殴っている。
怪我の程度は重く、第17話になってもまだ入院し、全快の見込みがたたない中、トウジは妹をネルフの附属病院に転院させることを条件に、エヴァンゲリオン3号機のパイロットになることを承諾し、それが後の悲劇につながってしまう。脚本では、松代で実験が行われる日の午前中にトウジが妹を見舞うシーンが記載されているが、本編ではカットされている。

二次創作(ファンフィクション)では登場頻度は決して低くない存在であった。
またゲーム「新世紀エヴァンゲリオン2」においては「鈴原ナツミ」という名前で登場(CV:長沢美樹

長い間、キャラデザと本名が不明なキャラとして扱われていた。
当時、小学2年生。

新劇場版

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破



において初めてデザインが書き下ろされて一部のエヴァファンに衝撃を与えた。
エヴァ3号機に乗るのが式波・アスカ・ラングレーに変更された事も関係しているのか、こちらでは怪我は完治し、トウジが彼女の退院を喜ぶカットが挿入されている。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ファーストインパクトQ



本格登場は「Q」より。
葛城ミサト率いる組織「ヴィレ」の構成員として登場。
「Q」で目覚めた碇シンジ担当の衛生少尉。兄譲りの関西弁もたまに出る。
「Q」の時点で「破」より14年も経過している事から、TV版と設定が同じとすれば22歳と推測される(実際シンジはトウジの血縁者だと知った直後は彼の姉だと思っていた)

兄の友人であるシンジの事は「碇さん」と呼び、北上ミドリやミサトに比べると比較的友好的に接してはいる。
だが「破」のラストで碇シンジ綾波レイを救おうとして引き起こしてしまったニアサードインパクトがトリガーとなったサードインパクトの件を気にしているのは他のヴィレ構成員と変わらず、シンジのDSSチョーカーを「絶対にはずしませんよ」と小声で言ったり、ネルフ本部へ戻ろうとするシンジに「勝手もいいですけど、エヴァにだけは乗らんでくださいよ」「ほんま勘弁してほしいわ」など厳しい言葉を吐いたりしていることから、シンジのことを少なからず憎悪している可能性がある。

なお兄のトウジの生死は不明。

関連タグ

鈴原トウジ トウジの妹 ヴィレ

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴原サクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313090

コメント