ピクシブ百科事典

LMS(エヴァ)

えるえむえす

『新世紀エヴァンゲリオン』の二次創作物(同人誌、Web小説……etc.)における、主人公・碇シンジと頭文字「M」で始まる女性キャラ達とのカップリング・コンビのこと。
目次[非表示]

概要

読みは「えるえむえす」「らむす」等。
古くはパソコン通信全盛の時代より続いているエヴァンゲリオンの二次創作界では、カップリング表記を伝統的に「L○S(“Love×2 ○○○ Shinji”)」と記すことが多い(例:「LAS」「LRS」)。
このLMSもその一環である……のだが、当作品には頭文字「M」から始まる名を持つ女性キャラクターが非常に多いため、見る者に混乱を招きやすい表記となってしまっている
(もっとも、Web小説界隈では後述の霧島マナの事を指す場合が多い)。
そのため、上記のLAS、LRSと比べると用いられる機会は少ない。

ちなみに頭文字「M」を持つ女性キャラクターは、現時点では以下の通り。


以下、各キャラ毎のカップリングの簡単な傾向を記載。

LM(Misato)S

主人公シンジの上司兼保護者、葛城ミサトとのカップリング・コンビ。「ミサシン」と表記される事も。
当作品におけるメインキャラの一人であり、実際劇中でもシンジへの微妙な感情が見て取れる彼女だが、如何せん29歳という年齢とその立場、そして加持リョウジという正規の(?)相手役が存在する関係上、この組み合わせを扱う二次創作物はかなり少ない。
大抵の場合、ちょっとエッチでコメディ風味な関係に終始する傾向があるが、ごく稀に極めてプラトニックな関係を描くものも存在する模様。

LM(Maya)S

特務機関ネルフのオペレーター、伊吹マヤとのカップリング・コンビ。
彼女自身はサブキャラながらかなりのファン人気を誇るものの、劇中ではほとんどシンジと絡んでいるシーンは無く(というより、彼女は直属の上司の赤木リツコ以外とはほとんど絡まない)、そのため彼とのカップリング物となると上記のミサトの場合以上に稀である。
こちらも二次創作ではコメディ風味な関係に終始する傾向がある。

LM(Mana)S

当作品のPCゲーム版から生まれたキャラ・霧島マナとのカップリング・コンビ。
「もし綾波レイが(丁度TV版最終話に登場した『“学園エヴァ”の世界におけるレイ』ように)明朗快活な性格の持ち主だったら」という、一部のファンの萌え願望を具現化させたような彼女だが、その人気は非常に高く、彼女を題材にした同人誌やWeb上のファンフィクション小説が数多く作られた。
現在もWeb小説界隈で「LMS」といえば、多くの場合この組み合わせを指す。
出典作同様、内気なシンジがどこまでも明るく積極的なマナに振り回されるという、LASとはまた異なる路線の王道ラブコメを描いたものが多い。

LM(Mayumi)S

当作品のセガサターンソフト版から生まれたキャラ・山岸マユミとのカップリング・コンビ。
シンジと極めてよく似た性格や生い立ち・トラウマを抱える彼女とのカップリング作品は、派手さは無いもののしっとりプラトニックな関係を描いた物が多い。
だが、如何せん出典作が非常にマイナーなためか、やはりこの組み合わせを扱う二次創作物は非常に少ない。

(※これ以後は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のネタバレを含みます。)







LM(Mari)S

新劇場版から登場した新キャラ・真希波・マリ・イラストリアスとのカップリング・コンビ。
その従来のエヴァキャラ達とは一線を画した破天荒な性格と謎の多い言動から注目を集め、『』ではシンジへも含みのある態度で接していた彼女だが、彼とのカップリングを描いた二次創作物は現段階においては非常に少ない。
また次回作『Q』では物語の世界観自体が一変してしまった結果、シンジとの関わりもほとんど無くなってしまった。今後の伸びを期待するのも難しそうである。一応、終盤の戦闘でマリがシンジに対して発破をかけるシーンなどはあるが・・・

LM(Midori)S

新劇場版から登場した新キャラ・北上ミドリとのカップリング・コンビ。
……とはいえ、彼女は今のところ一介のサブキャラ以上の存在としては描かれておらず、何より(他の多くのヴィレ隊員達と同様)シンジに対して憎悪と侮蔑の念しか抱いていない
無論、このカップリングを描いた二次創作物は皆無に近い。
彼女も名前の頭文字がMなので、一応載せてはみたが……。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 葛城ミサト 伊吹マヤ 霧島マナ
山岸マユミ 真希波・マリ・イラストリアス 北上ミドリ NL

コメント