ピクシブ百科事典

霧島マナ

きりしままな

霧島マナとは、「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターである。
目次[非表示]

CV:林原めぐみ(※)

概要

霧島マナ



アニメ新世紀エヴァンゲリオンを題材にしたゲーム鋼鉄のガールフレンドを初出とするオリジナル登場人物にしてメインヒロイン。
シンジ達の通う第三新東京市第壱中学校2年A組への転入生で、初対面から積極的にシンジと接触を持とうとする。
設定に矛盾が見られるため登場時期は不明だが、アニメ本編の10話以降~15話以前と思われる。

身体的特徴

2001年4月11日生まれ / 14歳 / O型
ややぼさぼさした栗色の髪を外跳ねのショートシャギーにしており、薄青い瞳、垂れ目と濃い眉、人懐こい笑顔が特徴。
髪型に関しては初登場時は後ろ髪の襟足が一纏りに揃えたまとめ髪だが、物語が進むにつれて段々と左右に膨らんでいく。
カットによって変わるため厳密ではないが、身長はシンジよりも明確に低く、スレンダーという設定もあってエヴァに登場する14歳の女性キャラクターとしては一番小柄。

生い立ち・性格

明るく積極的で人懐っこく異性との距離を感じさせない社交的な性格に見えるが、実際はかなりのナルシストで世界なんかどうにでもなれと常に思ってるなど、お世辞にも内面は真っ当とは言い難い。仮に目の前で両親が死んでも、「あ、そうなんだ」と思うくらいに闇が深い。
自分が美人であることを認識しており、自分に好意を向ける相手に対して、無意識にそれを最大限に生かそうとするところがある。いわゆる男を顎で使う女王様気質の持ち主。
これは「鋼鉄のガールフレンド ストーリーブック」など関連資料によれば初期案では、マナ、ムサシ、ケイタ三人組はタイムボカンシリーズの三悪のようにシンジ達の敵としての登場を考えており、マナの性格の一旦はそれを踏襲しているところがある。
生い立ちもあって相当に毒舌できつい性格をしており、他人の気持ちや感情の機微に鈍感なところが見受けられ、なにげない言葉で他者を傷つけ、なぜ傷ついているのか理解できない事もしばしば。だが仲間・姉弟とも認識しているムサシやケイタの為なら、命をかけられるほどの行動力を持つ。

父親は水没した旧東京の干拓作業員、母親は雑誌編集者。両親との関係はかなり悪く、完全な断絶状態になっている。ちなみに、両親の夫婦仲も別れてないのが不思議なくらいに悪い。
不仲とは言え両親が健在にも拘らず少年兵になっている理由などの説明はないが、相当な問題があったことが窺える。シンジ達とは違うベクトルで人間関係に絶望している模様。

自身も認識しているがかなり衝動的で惚れっぽい性格をしており、当初は演技だったが、物語が進むにつれ、碇シンジに明確に想いを寄せていくようになる。


その他

名前の由来は、戦艦霧島から。
※:ただし、元々の命名ルールだと艦船名はネルフ関係者のみが持つはずなので、外部の人間である彼女が艦船名を持つのはおかしい。

デザインは本編キャラクターと同じく貞本義行氏が手掛けた。
外見は、意図的に綾波レイ惣流・アスカ・ラングレーの中間になるようにデザインされている。
特殊な過去があったりするアニメ本編のキャラと比べ、初見ではある意味常識的で、正統派ヒロインともいえる。
※:当初マニュアルでの彼女の紹介では誰が担当しているのかはゲームを始めるまで秘密になっていた。


ゲーム「鋼鉄のガールフレンド」では…

謎の移動物体の襲撃事件の翌日、エヴァチルドレン達のクラスに転入してくる。そのタイミングと何故か転校初日からシンジに積極的に接触を図るうえ、外部には秘密の筈のエヴァンゲリオンについての質問を繰り返し、さらに勝手にシンジの後をつけてネルフ本部に侵入までしたため、シンジとの距離が近い事に露骨に嫉妬を見せたアスカには昨日の騒ぎに関わっていて、NERVへのスパイではないかと疑われる。

その後、謎の移動物体の正体が戦略自衛隊から脱走したロボットと判明。疑惑が深まる一方でシンジとの関係も親密になっていき、芦ノ湖へデートに行き、選択によってはキスしたり混浴風呂に入るほどの関係へとなって行く。しかし彼女の謎の行動は言い訳できないレベルで怪しいものとなり、謎の少年との接触をシンジに目撃され、NERVやアスカからの疑いの目も強まっていき……。

この先ゲームのネタバレ注意





























正体はアスカやNERVの危惧した通り、戦略自衛隊から送り込まれたスパイ。
色仕掛けで篭絡するターゲットとして碇シンジに接触していた。

スパイとして送り込まれる前は、戦自の制作した陸上巡航艦トライデントパイロット候補だったが、本機の操縦性の欠陥から内臓を壊してしまいパイロットを降ろされる。
この事を踏まえ、この操縦性の欠陥を克服するために目をつけられたのが、使徒との激しい戦闘を行っているトライデントと同じく少年少女がパイロットをしているエヴァンゲリオンの機密情報だった。

このエヴァンゲリオンの機密情報を得るために、ちょうどエヴァチルドレンと年齢が同じだった彼女に白羽の矢がたつことになる。
しかし彼女は、少年兵時代に仲の良かったムサシとケイタ両名のトライデントによる脱走も手引きしていた。ケイタが捕えられたことでこのことが戦略自衛隊にばれ、更に既にスパイだという事を知って利用するつもりでいた碇ゲンドウ達の手により捕えられ、そのまま恩を着せるために戦略自衛隊に引き渡されてしまう。

その後、彼女は脱走したトライデントのパイロットをおびき寄せ、降伏させる人質・餌として使われる事になる。
マナに騙された・父に利用されたと落ち込んでいたシンジだが、加持リョウジとアスカに発破をかけられたことで奮起し、協力するトウジとケンスケの三人で彼女を救い出そうとする。トウジ達の焚火で戦自の隊員を全員おびき寄せ、無人になった拠点に侵入したシンジはマナと接触するが、そこに出現したトライデントにより事態は混迷を極め、パイロットのムサシ・リー・ストラスバーグにマナは連れ去られてしまう。
エヴァとは違う意味で機密の塊であるトライデントをパイロットごと全てを無かったことにするため、N2爆弾をのせた戦略自衛隊の戦闘機が近づく中、シンジは彼女を救出しトライデントを制止するために出撃することになる。

鋼鉄のガールフレンド 特別編では

シナリオが修正・追加された『鋼鉄のガールフレンド 特別編』では、シンジが第三新東京市から逃げ出し、偶然再会したマナと昭和歌謡『神田川』の歌詞の二人のように狭い下宿で初々しい夫婦のような生活を送るエンディングを迎えることになる。
使徒やネルフ、戦自の問題などすべてを投げやっていることと、アスカがパイロットを辞めて加持の押しかけ女房として同棲し、一人暮らしでフリーになったミサトを露骨に狙った言動をする日向マコトなどおよそ本編らしくない展開を迎える、ある意味トンデモなエンディングのため、賛否が分かれることになった。


二次創作の霧島マナについて

元々からかなり積極的な性格の持ち主ということもあり、ちょい役としては勿論、恋愛対象外のキャラクターとしてシンジとアスカ、レイの関係を引っ掻き回す火付け役としての登場も多い。そういった事情もあって、ゲーム由来キャラクターとしての登場数は最多だろう。一方で、LMS(エヴァ)でマナがメインヒロインになる作品は登場作の総数に比べるとそう多くない。

本編以上にひょうきんだったり、大雑把だったり、ゲームマニアだったりと少なくない性格改変をされているキャラクターでもある。
名前、上述のスレンダーという身体的特徴や内臓を痛めているという設定などから所謂、マナ板キャラとされることも(余談だが、「鋼鉄のガールフレンド特別編」では、胸が小さい事を気にしているセリフが追加され、名実ともに貧乳キャラとなっている)。その他、少年兵という設定から鍛えていて筋肉質で腹が割れてたり、軍隊の癖があったりとネタキャラとしての登場も多い。
両者がともに登場するときは同じゲーム登場キャラクターということもあり、タイプのまるで異なる二人だがマユミと仲が良く、一方でアスカとは犬猿の仲という場合が少なくない。

補足

TVアニメ本編・旧劇場版とは内容や設定の矛盾、差異が多いため完全にパラレルワールドの作品となっている。これはゲーム脚本とゲーム制作総監督のコメントによれば、オリジナル作品とするためアニメ本編を一度も観ず、設定も意図的に無視して作ったことが関係していると見られる。
新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」にも登場するキャラクターである。ただし、鋼鉄のガールフレンドとは性格・外見はともかく立場などは異なっている。本作では最初から第壱中学校の生徒で、音楽部の部長を務めている。ルート次第では彼女との結婚も可能。

一部では、何故ヱヴァンゲリヲン新劇場版に出さなかったなどの声もあるなど、ゲームオリジナルキャラながら一定数の根強い人気もあるキャラである。

関連タグ

碇シンジ
新世紀エヴァンゲリオン エヴァのキャラクター一覧 山岸マユミ
鋼鉄のガールフレンド 碇シンジ育成計画 林原めぐみ

関連記事

親記事

エヴァのキャラクター一覧 えゔぁのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「霧島マナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 359180

コメント