ピクシブ百科事典

夕雲型駆逐艦

ゆうぐもがたくちくかん

太平洋戦争中に就役した日本海軍の駆逐艦の艦級。
目次[非表示]

艦隊これくしょん」のキャラクター群については「夕雲型」の記事を参照のこと。

概要

1939年に、マル4計画で陽炎型駆逐艦5隻の追加と共に、陽炎型の部分改良型10隻の量産を決定する。部分改良型については「夕雲型」とした。書類上は陽炎型と同様「甲型」。
夕雲型は最終的に陽炎型と同数の19隻が建造された。
ほかにも戦時建造計画とその後の改マル5計画でそれぞれ8隻の建造が予定されていたが、いずれも未成艦に終わっている。

【陽炎型との違い】
●艦橋構造物前面を下へ広がった形状とした
●確実に35ノットの速度が出るようにした
●主砲の仰角を上げ対空能力を強化
朝潮型駆逐艦で試験的に採用された交流電源を、日本海軍の駆逐艦として初めて本格採用

ただし、対空能力は陽炎型と大差ない。
1944年以降、陽炎型以前の艦には2番砲塔を撤去した跡に3連装機銃を1~2基設置する改装が行われたが、夕雲型はその工事の対象から外れていた。

夕雲型は乗員の訓練もままならぬまま、就役する傍から実戦に投入され全艦除籍された。特に6番艦の高波にいたっては、就役後100日足らずで戦没している。
このうち終戦時に船体が残っていたとの記録が残っているのは14番艦の沖波、および18番艦の秋霜だけで、いずれもマニラ湾で大破着底して終戦を迎えた。戦後、沖波については解体されたのか自然風化により自沈したのかは今もって不明だが、他方の秋霜は1955年に解体されたことが確認されている。
また17番艦の早霜は座礁放棄ののち、米軍により調査が行われたが、その後は完全破壊されたとする説と、再度放棄され現存しているとする説とが混在する。
このほか、13番艦の浜波は長らく消息不明のままになっていたが、2018年1月、オルモック湾に沈んでいることが判明した。

同型艦

1番艦夕雲6番艦高波11番艦藤波16番艦朝霜
2番艦巻雲7番艦大波12番艦早波17番艦早霜
3番艦風雲8番艦清波13番艦浜波18番艦秋霜
4番艦長波9番艦玉波14番艦沖波19番艦清霜
5番艦巻波10番艦涼波15番艦岸波

なお巻雲のみ2代目になる(初代巻雲は敷波型駆逐艦2番艦でもとロシア海軍の水雷巡洋艦「フサードニク」)。

未成艦

戦時建造計画における計画艦

20番艦妙風23番艦里風26番艦谷霧
21番艦清風24番艦山霧27番艦川霧
22番艦村風25番艦海霧

改マル5計画における計画艦
28番艦山雨31番艦早雨34番艦春潮
29番艦秋雨32番艦高潮35番艦若潮
30番艦夏雨33番艦秋潮

戦後、艦名が海上自衛隊に受け継がれた艦

現役
たかなみ型護衛艦(全5隻)・・・1番艦「たかなみ」(←高波/3代目)、2番艦「おおなみ」(←大波/3代目)、3番艦「まきなみ」(←巻波/3代目)、5番艦「すずなみ」(←涼波/2代目)
※4番艦「さざなみ」のみは吹雪型駆逐艦」に由来する。

過去に在籍
あやなみ型護衛艦(全7隻)・・・5番艦「たかなみ」(2代目)、6番艦「おおなみ」(2代目)、7番艦「まきなみ」(2代目)
やまぐも型護衛艦(全6隻)・・・2番艦「まきぐも」(←巻雲/3代目)、6番艦「ゆうぐも」(←夕雲/2代目)

このほか未成艦では、山霧、海霧があさぎり型護衛艦の2番艦「やまぎり」と8番艦「うみぎり」の名で日の目を見ており、2017年12月1日現在いずれも現役にある。
また高潮、秋潮、春潮、若潮も潜水艦の「たかしお」「あきしお」「はるしお」「わかしお」として用いられ、2017年12月1日現在では新おやしお型潜水艦8番艦「たかしお」が現役。

関連項目

秋雲(駆逐艦)陽炎型19番艦。もともとは、部分改良型の1番艦となるはずだったが、補充を急いで陽炎型の設計で建造された。このため長らく陽炎型なのか夕雲型なのか不明だったものの、戦史研究が進んだ結果、1990年代に陽炎型であることが確認された。

pixivに投稿された作品 pixivで「夕雲型駆逐艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27698

コメント