ピクシブ百科事典

秋雲(駆逐艦)

あきぐも

旧日本海軍に1代のみ存在した駆逐艦の1隻。艦隊型駆逐艦として直流電源が採用された最後の艦でもある。
目次[非表示]

陽炎型と夕雲型との過渡期に生まれる

本艦は浦賀船渠で建造された陽炎型駆逐艦の19番艦。
秋雲は改陽炎型駆逐艦(のちの夕雲型駆逐艦)の1番艦となるはずだったが、補充を急いで陽炎型の設計で建造された。このため長らく陽炎型なのか夕雲型なのか不明だったが、戦史研究が進んだ1990年代、陽炎型であることが判明した。

  • 本艦が戦中戦後に夕雲型としても扱われた背景として、ほぼ同時期に夕雲とその同型・巻雲も建造されており、同時建造中の異型どうしに艦名に「雲」を持つ駆逐艦があることで混乱が生じたためであるとも言われる。
  • また異説の域を出ないが、本艦は当初、秋雲ではなく「島風」と命名される予定だったとの説もある。これによると、「島風」の名が改陽炎型と並行して建造が進められていた丙型駆逐艦に使われることになり、結果、改陽炎型の1番艦の名前になるはずだった「秋雲」が繰り上がったという。

ところで、前級にあたる朝潮型駆逐艦で試験的に採用された交流電源が、次級の夕雲型より本格採用されたこともあり、本艦は艦隊型駆逐艦として最後の直流電源採用艦ともなっている。
第二次大戦期の日本海軍の駆逐艦において、艦名に「雲」を持つ艦は陽炎型の本艦のほかに、
吹雪型駆逐艦叢雲、白雲、東雲、薄雲
朝潮型駆逐艦朝雲山雲、夏雲、峰雲
夕雲型駆逐艦夕雲巻雲風雲
以上の3級・11隻があり、秋雲および吹雪型の4隻が直流電源、朝潮型と夕雲型の7隻が交流電源である。
蛇足だが、以上の「雲」系の駆逐艦で終戦時に残存していた艦は1隻もない。

艦暦

1940年
  • 7月2日起工
1941年
  • 4月11日進水
  • 9月27日竣工。横須賀鎮守府所属となる。第5航空戦隊に編入
  • 12月8日、太平洋戦争開戦。真珠湾攻撃に参加
1942年
1943年
  • 1月18日、武蔵瑞鶴、瑞鳳を護衛して瀬戸内海からトラック泊地へ向かう
  • 2月1日、ガダルカナル島からの撤退(ケ号作戦)第一次作戦に参加
  • 2月4日、第二次ケ号作戦に参加
  • 2月7日、第三次ケ号作戦に参加
  • 5月3日、瑞鶴、瑞鳳を護衛してトラック泊地から内地へ向かう
  • 5月9日、横須賀に帰投
  • 6月13日、幌筵島に到着し第一水雷戦隊に加勢
  • 7月7日、キスカ島からの撤退(ケ号作戦)第一次作戦に参加。突入をあきらめ15日に帰投
  • 7月22日、第二次ケ号作戦に参加。29日に作戦成功。帰投
  • 8月3日、機動部隊に復帰。南方へ向かう
  • 9月28日、コロンバンガラ島からの撤退(セ号作戦)第一次作戦に参加
  • 10月2日、第二次セ号作戦に参加
  • 10月6日、ベララベラ島からの撤退作戦中に敵駆逐部隊と戦闘となる(第二次ベララベラ海戦)。夕雲が戦没するが、撤退作戦は成功
  • 12月12日、大和、翔鶴を護衛してトラック泊地から内地へ向かう
1944年


諸元

全長118.5m
全幅10.8m
排水量基準:2033t 公試:2500t
機関出力5万2000馬力
速力35ノット
航続距離5000マイル/18ノット
乗員239名
兵装50口径12.7cm連装砲塔×3基 25mm連装機銃×2基 61cm四連装魚雷発射管×2基 両舷用爆雷投射機×1基 手動式爆雷投下台×4基 水圧式爆雷投下台×2基


その他の詳細・・・
Wikipedia:秋雲 (駆逐艦)参照
艦これ攻略Wiki:秋雲参照

駆逐艦秋雲をモチーフにした艦隊これくしょんのキャラクター
秋雲(艦隊これくしょん)を参照。

秋雲の艦名は海上自衛隊やまぐも型護衛艦あきぐも(DD-120→TV-3514)に受け継がれた(2005年除籍)。なお、2代目あきぐもも浦賀船渠(末期は住友重機械工業浦賀工場)で建造されている。

関連項目

大日本帝国海軍 駆逐艦 陽炎型駆逐艦 島風(駆逐艦)

コメント