ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 幌筵島(日:Paramushiru-tō、露:Остров Парамушир)は、千島列島の北部に在る島。面積は2,053km²で、千島列島の島々では2番目に大きい。大阪府より少し大きい位である。島名は、アイヌ語の「パラモシル(広い島)」もしくは「ポロモシル(大きい島)」に由来する。千島アイヌは「ウレシパモシリ(人を多く育てた島)」とも呼んでいたらしい。幌筵海峡を挟んで占守島と相対する。南西には志林規島、南には温禰古丹島が在る。平地は少なく、1,500m級の山々が連なっている。その多くは火山で、北部の千島硫黄山と南部の千倉岳は度々噴火を起こしている。

歴史

 かつては千島アイヌが居住していた。18世紀になるとロシアの進出が始まり、北千島はロシアの勢力下に入った。その後、明治8(1875)年に樺太・千島交換条約が締結され、得撫島から占守島までの18島が日本領になり、幌筵島もこの時に日本領になった。行政上は北海道(千島国)根室支庁占守郡に属していた。戦前は北洋漁業の拠点として発展し、柏原・加熊別・摺鉢などには集落が形成され、大規模な缶詰工場も在った。夏季には1万人近くが本土から出稼ぎに来ていた。太平洋戦争大東亜戦争)中には、キスカ島撤退作戦で同島から撤退した部隊が帰投し、幌筵島に駐屯していた北千島守備隊に合流した。昭和20(1945)年8月にソ連に占領され、現在はロシア連邦の実効支配下に在る。

主な山岳

  • 一文字嶺(いちもんじみね、1,038m)
  • 千島硫黄岳(ちしまいおうだけ、1,156m)
  • 袴腰山(はかまごしやま、1,152m)
  • 屏風岳(びょうぶだけ、1,161m)
  • 大正山(たいしょうやま、1,185m)
  • 速毛岳(はやけだけ、827m)
  • 高平岳(たかひらだけ、893m)
  • 千倉岳(ちくらだけ、1,815m)
  • 冠岳(かんむりだけ、1,652m)
  • 釈迦ヶ岳(しゃかがだけ、1,386m)
  • 焼岳(やけだけ、1,222m)
  • 白煙山(しろけむりやま、1,390m)
  • 雲霧山(くもきりやま、1,314m)
  • 後鏃岳(しりやじりだけ、1,772m)


関連タグ

日本 ソ連 ロシア
千島列島 占守島  離島
北海道 樺太 カムチャツカ半島
太平洋 オホーツク海

関連記事

親記事

千島列島 ちしまれっとう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「幌筵島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243

コメント