ピクシブ百科事典

さざなみ(護衛艦)

さざなみ

海上自衛隊の汎用護衛艦「さざなみ」について説明する。
目次[非表示]

JR東日本の特急列車は「さざなみ」(無印)へ

ソマリア沖に2度展開

DD-113「さざなみ」は、新むらさめ型に続いて開発された、海上自衛隊の汎用護衛艦・たかなみ型の4番艦。艦名はほかの「たかなみ」型と同様に日本海軍の駆逐艦の名を受け継いだもので、ほかの4隻が夕雲型駆逐艦の名に由来しているのとは異なり、同じ日本海軍の雷型駆逐艦・初代「」、吹雪型駆逐艦・2代目「漣」の名を受け継いだ。本艦は3代目となる。
本艦は三菱重工長崎造船所で建造され、2005年2月16日に竣工し、第4護衛隊群第8護衛隊に配属された。
2008年には「きりしま」とともに環太平洋合同演習リムパックに参加。翌2009年3月14日には、ソマリア沖の海賊対策のために「さみだれ」と共に第1次派遣海賊対処水上部隊を編成しオマーンのサラーラ沖に展開、護衛活動に参加した。このときは警護対象外のシンガポール船籍タンカー「オーシャンアンバー」からの無線による救援要請を受け(船員法第14条適用)、4隻の不審船に接近、サーチライトの照射とLRADによりソマリ語で「日本の海上自衛隊艦艇である」と名乗ると不審船は離れていった。なお海賊対策のための派遣に際し、12.7mm機関銃を4基搭載、舷側への防弾版増設も実施、艦載ヘリも2機搭載している。
続いて2011年は第8次派遣海賊対処行動水上部隊として「いなづま」と共にソマリア沖・アデン湾に展開、28回の護衛を実施し同年8月11日帰国した。
さらに2013年には、第17次派遣海賊対処行動水上部隊として「さみだれ」と共にソマリア沖に展開、第151合同任務部隊(CTF151)の活動に初めて参加し、ゾーンディフェンス等の任務を行い、2014年5月17日に帰国した。帰国直前の同年3月12日、編成替えにより、第4護衛隊群第4護衛隊に転属している。

定係港は就役して以来一貫して呉である。

艦これつながりで余談

艦隊これくしょん」における11隻の初期艦には、本艦の先代をモチーフにしたも含まれており、ブラウザ版から引き続いての初期艦としてはこの漣と、および五月雨の3隻が海自の現役の護衛艦に受け継がれたが、海自の「さざなみ」(本艦)、むらさめ型5番艦の4代目「いなづま」、同6番艦の2代目「さみだれ」はすべて呉基地を定係港にしている点が共通している。特に、「いなづま」は本艦と同じく三菱長崎で建造された。
また、上記「いなづま」「さみだれ」とは前述のとおりソマリア沖の海賊対処行動水上部隊で同行した艦どうしでもある。
PSvita版で初期艦に加わった面々も含めると、神通川内が現在あぶくま型護衛艦じんつう」「せんだい」として使用中で、「せんだい」の定係港は舞鶴(過去には呉配属だったこともある)、「じんつう」の定係港は佐世保である。
また過去に叢雲の名を受け継いだ「みねぐも」型3番艦「むらくも」、大潮の名を受け継いだ潜水艦「おおしお」が存在した。残る吹雪時雨睦月那珂は海自艦の名前にまだ一度も使われた実績がない。

自衛艦これ風・漣

護衛艦さざなみ



第七駆逐隊つながりではほかにの艦名もひらがなの「あけぼの」の名で海自艦に用いられているが、そちらは2代存在し、現在は4代目に当たる新むらさめ型8番艦が現役にある。この4代目「あけぼの」は就役当時、本艦と同じく呉配属だった。
また日本海軍の曙は、同・漣とは雷型駆逐艦、吹雪型駆逐艦とで姉妹関係にあったが、海自の当代「あけぼの」と同「さざなみ」も、別型ではあるが姉貴分と妹分の関係になっている。

関連タグ

たかなみ型護衛艦・・・たかなみ-おおなみ-まきなみ/すずなみ
むらさめ型護衛艦(前級)
初期艦・・・//五月雨/川内/神通(現役海自艦つながりのみ)
霧島(艦隊これくしょん):本艦と同じく三菱長崎で建造された、横須賀配属のイージス艦「きりしま」は2代目。
高波(艦隊これくしょん):前述の「たかなみ」は住友重機械浦賀工場で建造された。
曙(艦隊これくしょん)

pixivに投稿された作品 pixivで「さざなみ(護衛艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26639

コメント