ピクシブ百科事典

いなづま

ごえいかんいなづま

海上自衛隊の護衛艦の艦名のひとつ。2代存在する。
目次[非表示]

「いなづま」は海上自衛隊が運用する護衛艦で、まず3代目にあたるいかづち型沿岸護衛艦の名として用いられ、のち4代目にあたる現在運用中のむらさめ型護衛艦(新)5番艦に受け継がれた。いずれも旧日本海軍の駆逐艦「」(雷型の初代、吹雪型(特型)の2代目とでこちらも2代存在した)から続く由緒ある名前でもある。以下、代数は日本海軍時代からの通算。

5度の海外派遣を経験した4代目「いなづま」

現在運用中の汎用護衛艦・DD-105「いなづま」は中期防衛力整備計画に基づく平成7年度計画4,400トン型護衛艦、2234号艦として三菱重工長崎造船所で1997年5月8日に起工し、1998年9月9日の進水を経て、2000年3月15日に就役、呉基地に配備された。同期に竣工した海自艦には、石川島播磨重工東京工場で建造された同じ新むらさめ型6番艦の「さみだれ」、住友重機械浦賀工場で建造された訓練支援艦「てんりゅう」があり、これらも呉に配備されている。

就役後の経歴

  • 2002年 7月~9月にかけて、テロ対策特別措置法に基づき、DDG-169「あさかぜ」とともにインド洋に派遣さる。
  • 2004年 環太平洋合同演習リムパックにDDG-174「きりしま」とともに参加。
  • 2006年 3月~6月にかけて、テロ対策特別措置法に基づき、補給艦「おうみ」とともにインド洋に派遣さる。
  • 2011年 3月~8月にかけて、第8次海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖に派遣。このとき同行していたのはDD-113「さざなみ」である。
  • 2014年 3月~9月にかけて、第18次海賊対処行動水上部隊としてDD-158「うみぎり」とともにソマリア沖に派遣。この際、漂流船を発見し乗船者75人を救助している。

2018年3月1日現在も呉基地を定係港にしている。現在は第4護衛隊群第4護衛隊所属だが、2008年から6年半の間は、第4護衛隊群第8護衛隊に異動していた。
ちなみに日本海軍の時代から「雷」~「いかづち」との姉妹関係が伝統的に続いており、4代目「いなづま」は同「いかづち」との姉妹関係が初めて逆転した(「いかづち」は同型7番艦)。また同型8番艦は「あけぼの」と名付けられたため、3代目で一度は途絶えた「」との姉妹関係が復活している。

自衛艦これなのです

護衛艦いなづま




2日続けて殉職者を出す災難に見舞われた3代目「いなづま」

一方、DE-203「いなづま」は、昭和28年度計画乙型警備艦1203号艦として、三井造船玉野造船所で1954年12月25日起工、1955年8月4日進水、1956年3月5日に就役の後に呉地方隊に配属された「いかづち」型沿岸護衛艦の2番艦。ディーゼル機関を採用しており、蒸気機関のDE-201「あけぼの」とは、機関が異なるのみの準同型艦にあたる。

この3代目「いなづま」は1960年6月4日と翌5日の2度にわたり痛ましい事故を起こし、5名の乗員が殉職するという事態を引き起こしている。
4日の事故では津軽海峡東口付近で夜間対潜訓練中に僚艦の「あけぼの」が衝突、「いなづま」の艦橋を破損してしまい、「いなづま」側の乗員2名を死に至らしめ、別の2名が負傷した。海自の事故調査委員会によると、原因は「あけぼの」側の操艦ミスであるという。「いなづま」の先祖にあたる日本海軍の初代電、2代目電も衝突事故を起こしているが、初代の衝突事故では自らが沈没し、2代目電は、同じ吹雪型駆逐艦の深雪を沈没させてしまった。
本艦はその日のうちに函館ドックで損傷復旧のため入渠したが、さらに翌5日もまた事故を引き起こしてしまった。
5日の事故では、復旧作業中にガソリンが爆発して乗員3名を死に至らしめ、別の乗員4名とドック従業員2名が負傷した。

これらの事故を乗り越え、3代目「いなづま」は1977年まで現役を続け、保管船への種別変更(DE-203改めYAC-31)を経て、1983年3月30日まで在籍した。なお最終定係港は舞鶴(教育隊係留)である。

関連タグ

むらさめ型護衛艦むらさめはるさめゆうだち-きりさめ さみだれいかづちあけぼの-ありあけ
きりしま(イージス艦)さざなみ(護衛艦):いずれも4代目いなづまと同じ三菱長崎で建造された。横須賀配属の前者はこんごう型護衛艦の2番艦、本艦と同じ呉配属の後者はたかなみ型護衛艦の4番艦。「きりしま」は2014年10月まで、4代目いなづまと同じ8護隊所属だった。
かが:4代目いなづまと同じ呉配属のいずも型護衛艦
上記のうち「さみだれ」「さざなみ」「かが」は4代目いなづまとともに4護隊に所属している。

電(艦隊これくしょん) 雷(艦隊これくしょん) 曙(艦隊これくしょん) 漣(艦隊これくしょん)
霧島(艦隊これくしょん)
初期艦:前述の「いなづま」「さみだれ」「さざなみ」と、「艦隊これくしょん」のブラウザ版からいる初期艦娘5人のうちの電・五月雨・漣とが奇しくも同じ名前である。

関連記事

親記事

むらさめ型護衛艦 むらさめがたごえいかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いなづま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210820

コメント