ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ええいこの概要だ!

本名:岡田義弘(おかだ よしひろ 1951年8月28日~)


日本の漫画家。

元祖・リアルロボットと名高いテレビアニメ機動戦士ガンダム』(名古屋テレビ)をスーパーロボット的解釈で熱く描いたコミカライズで知られる。画風は少女漫画的で、アムロ・レイが美少年になっている。→ 岡崎ガンダム


来歴

1951年8月28日、三重県に生まれる。

1970年、「スーパーロボット」生みの親・永井豪率いるダイナミックプロに入社。

1971年、教育雑誌『中二コース』(学研)掲載の『ハローラブ』で漫画家デビュー。

1973年、『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)で芸能人伝記漫画『スタードキュメント』、『なかよし』(講談社)で『キューティーハニー』のコミカライズを連載。

1976年、『テレビマガジン』(講談社)で『UFOロボグレンダイザー』、『冒険王』(秋田書店)で『マグネロボガ★キーン』のコミカライズを連載。

1977年、『冒険王』(秋田書店)で『大鉄人17』のコミカライズを連載。

1978年、『冒険王』の付録『冒険王コミック文庫』で『無敵鋼人ダイターン3』のコミカライズを連載。遊び心とお色気満載で、岡崎本人も楽しんで描いたと語っている。

1979年、『冒険王』の付録『冒険王コミック文庫』で『機動戦士ガンダム』のコミカライズを連載。

1981年、『冒険王』で『太陽の牙ダグラム』のコミカライズを連載。

1983年、『TVアニメマガジン』(秋田書店)で『装甲騎兵ボトムズ』のコミカライズを連載。

1984年、『TVアニメマガジン』で『超電子バイオマン』のコミカライズを連載。

1986年、秋田書店から描きおろしホラー漫画『真夜中の観覧車』を出版。

1993年、『ミステリーLa-comic』(笠倉出版)でレディコミを描く。


※現在、執筆活動は行っていない。


かかってこい、代表作め!

機動戦士ガンダム 無敵鋼人ダイターン3 太陽の牙ダグラム 装甲騎兵ボトムズ


ようやく関連イラストが必要だとわかったんですね

ええい、デストロイ・モードだ!!如月悲胸血涙編


やったぞ、余談の最後だ

『機動戦士ガンダム』のOPには「掲載誌 たのしい幼稚園」のテロップが出ている。

「たの幼」に掲載されていた2色刷カラー漫画もそんな感じだった(作者は森藤よしひろ)が、シャアすら出ないうちに打ち切りになった「たの幼」版よりは岡崎版の方が多少原作に沿っている。


バカ!関連タグだってあるんだぞ!

機動戦士ガンダムF91ボンボン版F91)・機動戦士Vガンダムボンボン版Vガンダム):スーパー系に突き抜けている。

第2次スーパーロボット大戦α:岡崎版のとあるシーンのネタが台詞の中に登場する。

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35286

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました