ピクシブ百科事典

リアルロボット

りあるろぼっと

文字通り、「リアルっぽいフィクションのロボット」を扱った、漫画・アニメ・ゲームなど作品、あるいはロボットそのものをひとくくりにした俗称。
目次[非表示]

概要

スーパーロボットと対をなす言葉。
「スーパーロボット」が純粋な意味でのヒーローとして描かれたり、ワンオフ(一体限り)のロボットとして扱われているのが主流であったら、「リアルロボット」の場合はあくまで量産された「兵器」や殺人マシーンとして扱ったロボットおよび作品群を指している。

ロボットアニメにおいて、当初登場するロボットは「鉄人28号」「マジンガーZ」に代表されるヒーローロボットであり、題材についても個人(ロボに乗る主人公)とその仲間たちが悪に立ち向かうという図式となっていた。
これに対し、1979年に放送された機動戦士ガンダムでは、主役(味方陣営の)ロボットについては上記の図式を色濃く受け継ぎつつも、

  • 敵と味方が単純な善悪二元構造ではない「戦争」をテーマとしている
  • 登場ロボットのモビルスーツはあくまで大量生産された工業製品(兵器)に過ぎない
  • 試作品、量産品、消耗部品といった産業的な描写が大々的に登場する
など、これまでのロボットアニメには見られなかった画期的な、いわゆるリアリティのある描写が多数見られた。
以後、太陽の牙ダグラム装甲騎兵ボトムズなどこの路線を更に進めたロボットアニメが人気を博し、いわゆるスーパーロボットものと並ぶロボットアニメの一ジャンルとして成立することになった。

ただし、「リアル・ロボット」を公称した作品はほとんどなく、受け手による一方的な分類でしかないという指摘もある。例えば「ガンダム」「ダグラム」「ボトムズ」は、いずれもあくまでフィクションの世界観において「リアリティがある」という意味で描かれている(そのため、現実で研究或いは使用されている「ロボット」はリアルロボットとは呼ばれない)のだが、現代・或いは近未来など、現実の延長線上の世界観でなければリアルロボットではないという人もいるし、このジャンルの始祖と言える「ガンダム」について、いわゆるスーパーロボット的な描写が(基本どのシリーズにも)あるのでリアルロボットには該当しないという人もいる。

また、異世界ファンタジーの要素を盛り込みロボット自体も超常的なパワーを原動力としているが、製造・開発経緯などは極めて工業的(かつ世界観を踏まえた描写となっている)な上にロボットそのものは量産品と位置付けられた「聖戦士ダンバイン」や、細密なメカニック描写をしつつもロボットそのものは一品物の超兵器とされた「ファイブスター物語」など、「スーパー」と「リアル」の分類が困難なものもある。

更にはいわゆる「スーパーロボット」についても、「新世紀エヴァンゲリオン」の大ブーム以降、スーパーロボットとして描写されてはいるが世界観や運用の描写にリアリティを持たせている作品が多く、その境界線は極めて曖昧なものになっている。

結局のところ元々がフィクションの存在であるため、実際には「スーパー」「リアル」それぞれの要素が複雑に混じっている場合がほとんどのようだ。
そもそも元祖とも言えるマジンガーZと機動戦士ガンダムですら、前述の通り上述の定義や視聴者・読者のイメージに当てはまっていない描写も多々あるため、分けない作品や「○○よりな」作品という表記の作品も多い。

初出

「ガンダム」の原作者である富野由悠季氏はガンダムを指して「ハード・ロボット」物と当初呼んでいたが、この路線を更に推し進めた太陽の牙ダグラム装甲騎兵ボトムズの監督である高橋良輔氏がこの路線を「リアルロボット(路線)」と称したことで「リアルロボットもの」「リアルロボット路線」などの用語がロボットアニメファンの間で使用されるようになったと言われている(諸説あり)。

「リアルロボット(とスーパーロボット)」という概念を各ロボットアニメ作品に当てがい、同呼称の知名度を爆発的に引き上げたのは「第4次スーパーロボット大戦」における主人公キャラの特性設定だといわれている(なお、ここで「スーパー」を選択すると後半の主人公機が「グルンガスト」に、「リアル」を選択すると「ヒュッケバイン」になった)。
それ以前の同シリーズにおいてもそうだったのだが、シミュレーションゲームである本作において

  • リアルロボット(リアル系)はHPや攻撃力が低いが回避率や射程に優れる
  • スーパーロボット(スーパー系)は回避率や射程に優れないがHPと攻撃力、防御力に優れる
という図式が大まかにではあるが設定されていた。
「リアル系」「スーパー系」の区分はスーパーロボット大戦αシリーズの時代までは明文化されていたが、この頃から上記の通りジャンル自体の境界が(ゲーム内のユニット性能においてすらも)曖昧になっている事がファンから指摘されるようになり、以後のシリーズにおいては明言を避けている節が見受けられる。
ちなみに同作プロデューサーの寺田貴信氏は、過去にリアルロボットとスーパーロボットの違いを「説明できるエネルギーで動いているかどうか」と語った事がある。ただし、上記の通りスーパーロボットと銘打たれていてもその動力は実在する理論で説明可能であったり、いわゆるリアル系とされるロボットでも動力が明確に設定されていなかったりする作品も多い。

主なリアルロボットと登場作品

前述の通り受け手側の主観も含まれているため、あくまで参考程度にご覧いただきたい。

アーマードコア
蒼き流星SPTレイズナー
ガサラキ
ガングリフォン
機甲界ガリアン
機甲戦記ドラグナー
機動警察パトレイバー
機動戦艦ナデシコ
機動戦士ガンダムシリーズ
コードギアスシリーズ
重装機兵レイノス
シドニアの騎士
白銀の意思アルジェヴォルン
聖戦士ダンバイン
戦闘メカザブングル
蒼穹のファフナー
装甲騎兵ボトムズ
太陽の牙ダグラム
超時空世紀オーガス
鉄騎
フルメタル・パニック!
フロントミッション
重戦機エルガイム
マクロスシリーズ
マブラヴ
アルドノア・ゼロ
パトレイバーシリーズ
クロスアンジュ


関連タグ

巨大ロボット
スーパーロボット
スーパーロボット大戦

関連記事

親記事

巨大ロボット きょだいろぼっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リアルロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234583

コメント