ピクシブ百科事典

マキナ(鉄のラインバレル)

まきな

マキナとは、『鉄のラインバレル』シリーズに登場する架空の兵器の総称である。
目次[非表示]

概要

既存の兵器を遥かに凌駕する性能を持った機動兵器。
固有の自我まで備えた電脳による高度な自立機能に加え、ナノマシン製の装甲による強力な自己再生能力まで持ち、機体の基本性能そのものも極めて高い。
通常の人間では操縦することは不可能で、生命の危機に陥った人間にナノマシン(アニメ版ではDソイル)を投与し、ファクター(自らの装者)として蘇生させる。
マキナは自立行動が可能とはいえ、ファクターの操縦無しでは力を発揮出来ないため、本能的にファクターを求める傾向にあり、主に自らの手で瀕死に追いやった人間を選ぶことが多い。

ファクターとなった人間はマキナと一心同体になり、いつでもどこでも一声で呼び出すことが可能な上、超人的な身体能力や肉体再生能力を発揮し、ほぼ不死身同然となれる。
しかし、一方でその命はマキナの命とも言える電脳と連動しており、マキナの電脳が機能を停止(マキナにとっての「死」)すると、ファクターもまた死亡してしまう。
ただし、逆の場合はこの限りではなく、ファクターが死んでもマキナや電脳に影響はない。

誰がいつどこで、何のために開発したものなのかは全く分かっておらず、世界中にも限られた数のマキナが現存しているのみである。

アルマ

加藤機関がマキナをベースにして開発し、主力として運用している機動兵器。
マキナの簡易量産型とも言うべき機体で、電脳もナノマシンも搭載していない純粋な機械である。
ほとんどは人型でスペックもマキナよりかなり劣るが、扱い易くカスタマイズ・量産も容易で、正規軍が用いる通常兵器程度は十分に圧倒できる戦闘力を備えている。
隊長機はそのクセに合わせた専用のカスタマイズが施されており、量産機を上回る戦闘力を発揮出来るが、それらでもさすがにマキナ相手には力不足は否めない。
後にマキナとしての利点を維持した完全な量産型が開発されたことにより、姿を消した。

なお、一部の試作機は一般的なアルマとは完全に趣を異にする特異な機体となっている。
圧倒的な火力と巨体を有する非人型の陸上要塞型弩級アルマ(カガセオ)、人間の身体そのものをアルマの技術を用いてサイボーグ化したアルマ人間(タケミナカタ)などが該当する。

主なマキナ一覧

機体名ファクター
ラインバレル早瀬浩一城崎絵美
ヴァーダント森次玲二
ハインド・カインド山下サトル
ディスィーブ遠藤イズナ
タリスマン中島宗美
ペインキラー九条美海
アパレシオン矢島英明
ジュダ石神邦生
プリテンダー桐山英治
グラン・ネイドルネイキッド菅原マサキ
シャングリラ加藤久嵩
ロストバレル沢渡拓郎


関連タグ

鉄のラインバレル マキナ ロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「マキナ(鉄のラインバレル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 706

コメント