ピクシブ百科事典

大場真来梓

おおばまきし

大場真来梓とは、漫画『鉄のラインバレル』に登場するキャラクターである。漫画版のみの登場。
目次[非表示]

概要

一見すると人間の美少女にしか見えないが、その正体はヒトマキナの一個体である。
ヒトマキナ勢力が人間の観察のために地球に送り込んだ戦術哨戒機で、自我や個性を持ち合わせてはいるが、それ以外の行動は取れないようにプログラムに制限が掛けられていた。

マイペースかつ明るくお調子者な性格で、自らが人間の少女の姿であることを自覚して行動しているものの、人間の常識には囚われない独特の感性や判断基準も持ち合わせている。

活躍

当初はその目的通り人間社会に紛れ込んで任務を遂行していた。
そして、実質的な現地での上司である在地球大使「お爺ちゃん」に「人間をたくさん監察して、どうしたら人間を救えるか教えなさい」と指示されていたことから、地球に侵攻する同胞を「人類の敵」と見做し、自らが「正義の味方」となって戦うことで人類を救うという方法を選択した。
その結果、プログラムの制限が解除され、自らの「戦闘用外骨格」にあたるという専用マキナラヴバレルを駆り、ヒトマキナの軍勢と単身戦いを繰り広げていた。
その途上でJUDAを離反して加藤機関に寝返っていた森次玲二に出会って一目惚れし、自らも加藤機関に加わって人類陣営との本格的な共闘を行っていくこととなる。

関連タグ

鉄のラインバレル ラヴバレル 森次玲二 加藤久嵩

pixivに投稿された作品 pixivで「大場真来梓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66

コメント