ピクシブ百科事典

ゼノシリーズ

ぜのしりーず

ゼノシリーズとは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲーム『ゼノギアス』を祖としたモノリスソフトのRPGシリーズである。
目次[非表示]

概要

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のRPG「ゼノギアス」を第一作目とする、タイトルに「ゼノ」の名を冠するRPGシリーズ。

ゼノギアス制作後、スタッフたちはナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の出資によりモノリスソフトを立ち上げ、スクウェアから独立。以降はナムコおよびバンナムからゼノサーガシリーズを発売する。
その後親会社が任天堂に変わった後は任天堂からゼノブレイドゼノブレイドクロスゼノブレイド2をリリースしている。

各作品はそれぞれ独立したタイトルとなっており、それぞれにシナリオ的なつながりは無い(ゼノサーガシリーズのみEP1~3までの連作となっている)が、エーテルやゾハルなど一部用語が共通しており「お約束」として巨大ロボットなどシリーズに共通したテイストが窺える。また、プロジェクトクロスゾーン2ではゼノサーガとゼノブレイドのキャラが共演しており、ゼノブレイド2においてはゼノサーガ・ゼノブレイドシリーズのキャラがゲスト出演する。
ちなみにゼノギアスゼノサーガでは資料集を買わなければ把握できないほど膨大かつ難解な設定が多かったが、ゼノブレイドからは比較的一本道の理解しやすい構成になっている。

なお、「ゼノ」の名はシリーズに共通して関わっているゲームクリエイターの高橋哲哉が付けているもので、彼が中心となって製作した作品=ゼノシリーズと解釈してもよい。
このため過去作のオマージュ的要素が散見される。特にゼノブレイド2はその傾向が強い。

また、ネット上のコミュニティの一部では『モノリスソフトの親会社である任天堂はゼノシリーズすべての版権を所有しており、これのせいでスクエニやバンナムはゼノギアス、ゼノサーガの続編やリメイクを出せない』という話がまことしやかに囁かれているが、これは完全な大嘘である
モノリスソフトはあくまでも各作品の製作の中核を担ったというだけであり、各作品に関する版権を一切所有していない
続編やリメイクが出ないのは各々の会社の方針、及びオリジナルのスタッフを有するモノリスソフトが任天堂傘下である故に手を借り辛い(モノリスが任天堂の傘下である以上、任天堂は自社以外のハードに出るソフト(自社ハードとのマルチ・非マルチ問わず)の製作にモノリスを貸し出すという行為ができない)からである。

ゼノシリーズの一覧



ゲスト出演


関連イラスト

ゼノイラストまとめ【2020.1〜4】
はつばい!!
ゼノシリーズ  イラスト



関連項目

スクウェア・エニックス バンダイナムコゲームス 任天堂
ゼノギアス Xenogears ゼノサーガ Xenosaga ゼノブレイド ゼノブレイドクロス ゼノブレイド2
モノリスソフト スクウェア ナムコ

関連記事

親記事

モノリスソフト ものりすそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゼノシリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゼノシリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607478

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました